カテゴリ:思うこと( 200 )


農水省何やってんだ!~大混乱・ハウス園芸栽培者~

e0317698_8315883.jpg


 先日この紙が各農家に回りました。これまでの減反補助金(経営所得安定対策交付金)の信じられない変更が突然示されました。

 これまでハウス栽培をしていた田んぼはその場所が全て減反対象でした。それが今年(27年度)からハウス栽培の面積のみが対象となり、ハウスとハウスの間は減反対象面積から外れるとのことです。(会計検査院の指摘からとのこと。)

 「アホか!!!」  横手市のみならず、積雪地帯はハウスとハウスの間を空けないと雪でハウスがつぶれてしまいます。間を空けることは常識であり、積雪のある地域でハウス栽培を行う上では必然であります。

 それを雪が降らない地域での連棟ハウスと同じように制度を運用するとは、まさに「机上の話」であり、とうてい受け入れられるものではありません。 農水省では何が起こっているのでしょうか?財務省主導で、端に寄せられてしまったのか? このようなことが当たり前に起こるのであれば、いっそのこと農水省の予算を全て総務省に回してもらって、交付金で地方自治体(市町村) が自由に使える予算に振り替えてしまった方がいいんじゃないの!
 積雪地域出身の与党国会議員の皆さんはどう活動されているのでしょうか?! 信じがたいことが突然起こっています。

 横手市農業再生協議会での協議、事務連絡にもJAと行き違いがあったのか、大混乱しております。


by masahirogenki | 2015-03-07 08:52 | 思うこと

最近の新聞から~農協改革とアベノミクス~

e0317698_12512499.jpg
魁、1面トップのニュース

e0317698_12513838.jpg
この風刺画、よくできています。赤旗は勉強になります。

 いよいよ農協改革が政府主導で行われるようです。 「アベノミクス」は、乱暴ですね。力づくで押し切った感が否めません。 農民票はもういらないという意思表示なのかもしれません。
 TPPでは全く違う立場で、かたきをとられるかもですが、、、
 改革は内部(自ら)から行うことが最も好ましいと思いますが、「農協のさぼり」、「のさばり」が財界人には通じなかったようです。
 「そもそも農協の存在意義は?」と自ら気づき、「協同組合(平等主義)から大規模農家などの多様なニーズへどう対応していくのか模索中」の中で時間切れとなりました。 31年までの猶予期間で、地域農協は個々の事情を大局に立った見地から資本力を高めるように動くべきではないかと思います。 農家にとって必要な事業者(農協)となるために、資本力に裏付けられた独自性の発揮を期待します。また、農家にも覚悟が必要です。「農協は業者の一つ」という意識でどちらが自分の経営にとって有利か、取引し易いかを選択する力が今以上に必要になってくるものと思います。
 一方「食と農からのまちづくり」の実現を目指す観点からは、横手市の政策を受託でき易い組織となるかもしれません。 お互いに歩み寄ることが今以上にお互いの利益に結びつくことと思います。 結果双方の利益は農家の利益、所得に結びつくことです。

 財界と政府がガッツリ手を組んでいれば世の中なんとでもなります。共和党、もとい自民党に対抗できる、有権者の意志が伝わる、選挙で選択できる政党はいつ出現してくれるのか。 地方の声は「1票の格差」とやらで増々届かなくなることです。 活きのよい若者たちの出現に大いに期待しています。
 「強いものばかりの意見が通り、物言えない人たちの声は置き去りのまま。弱い立場の人たちはあきらめてしまっている。こんな世の中を変えたい!、そろそろ自分たちの世代がバトンタッチを受ける、責任を取らなければならない年となった。」との思いから議員に立候補してから十数年。 なんか前より悪くなってきましたね。 皆さんの何とかしてくれ!との声は十分聞こえてきますが、その声を地方議員として伝えることができておりません。


by masahirogenki | 2015-02-09 14:29 | 思うこと

神戸先生の思い・果樹農家への「激励」を横手市ホームページへアップ!!

 横手市トップページ→事業者の方へ→農林業を営む皆様へ→「リンゴ栽培の良品質均産維持に欠けている要因は」
 で、神戸先生のメッセージの一部(重要部分)を見ることが出来るようになりました。関係者の方々には難儀をおかけしました。特に振興課の川〇君、正月返上でありがとうございました。今後も果樹振興に期待しております。 是非果樹農家はもちろん、皆さんに見て頂き、果樹振興が成されることを期待しております。 
 (また、国の補正予算対応、わずかな時間ですが、市全体で頑張って下さい。国の補正予算の時期、やり方にはもう慣れたことでしょう。しょうがないことはしょうがないことです。「やるしかない!」)

 果樹農家の皆さん方、特に後継者がおられる皆さん方には、「新しい技術、見識を後継者に委ねる勇気を持って頂きたい!! 後継者に投資して頂きたい!! せっかくの新しい技術が活かされないことは、大損です。 農業には経験はもちろん必要です。だがしかし、新しい技術を取り入れる度量、勇気、経営者感覚が無いと、せっかくの後継者が育ちません。 リスクはもちろんあります。 リスクばかりを恐れていたら、発展は決してありません。先ずは後継者に任せる部門、場所を与えてみたらいかかですか。 神戸先生の激励がきっと活かされることと思います。 後継者と言われている皆さん方、親父を説得しましょう!!前に進みましょう!!」


e0317698_21224093.jpg

e0317698_2122556.jpg

e0317698_2159215.jpg

e0317698_21492525.jpg


by masahirogenki | 2015-01-17 20:55 | 思うこと

謹賀新年~岐路の年2015~

e0317698_1121988.jpg


 皆様、明けましておめでとうございます。

 平成27年、2015年はどんな年になるんでしょう。 「いずれ待ったなし、それぞれが自分の持ち場の仕事をやり遂げること。」 でしか今の日本は前に進めないと思います。
 「できない、できなかった。」ではなく、「自分の責任を果たすために、目標と定めた結果を出すために自分を表現する。演じ切る。」 今年も頑張りましょう!

 年賀状は勇気づけられますね。相変わらずの表現からその人を思い出して、つかの間の会話をしているようです。 頑張りましょう! ありがとう!!

 

by masahirogenki | 2015-01-01 11:46 | 思うこと

大晦日~行く年・来る年~

e0317698_222651.jpg
農業共済新聞からその1

e0317698_222328.jpg
その2

e0317698_2225074.jpg
その3

 今日は大晦日、といって何かあるのかと言えば、いつもと変わらない一日を終えようとしています。

 「いつもと変わらない。」ということは大変ありがたいことです。 おかげさまです。 

 しかし、決算を迎えて、改めて今年の米政策のかじ取りの結果が農家を厳しい情況にしているものと感じています。また、円安の影響は燃料費の増加をどこまでみておけばいいのか見通しが立たず、国の政策で経営が大きく変わってきます。今の原油安でこの価格ですから、価格が上がった時は果たして椎茸栽培の経営を続けていけるのか、、、 円安をなんとかして欲しいです。

 明日からまた大雪の予報です。除雪オペレーターの方々は、元旦も何もないですね。私も今週は椎茸団地の除雪の当番で、いつもと変わらない早朝除雪になります。

 横手市の基幹産業である農業が活気づくことが、この地の一番の「地方創生」であると思います。実感できる年になりますように。 格差がさらに拡がらないように願っています。


by masahirogenki | 2014-12-31 16:42 | 思うこと

神戸先生、りんご農家への熱い思い~新大忘年会~

e0317698_8511479.jpg


e0317698_8512882.jpg


e0317698_8514767.jpg


 冒頭の原稿は、昨夜新潟大学農学部同窓会秋田県支部の忘年会が始まる前に神戸先生から「役に立てば。」と手渡されたものです。

 先生は昨年、「りんご樹相診断のすすめ」というリンゴ農家へのバイブルとも言うべき(教科書)本を出版され、夏に受講された農家には無償配布して講義されました。またその年に「農業功労賞」を受賞されました。
 私は、先生にその都度りんごの状況をお伝えしておりましたが、先生は独自に農家から聞き取りをされていたようでした。農家の状況を大変心配されていて、「何か役に立つことがあれば、できれば。」といつも思いを持っておられます。
 今回の原稿、農家の方々をはじめ関係機関の方々にも是非配布したいと思っています。 「リンゴの樹によく頑張ったと感謝を忘れないこと、、、」は先生らしい言葉です。さらに「問題点の改善には知恵を共有し、技術を見せ合い、教え合う。」は全ての作物を経営するうえで、根幹となる示唆に富んだ言葉であると思います。
 先生の本は、単にりんごの教科書に留まらず、人生を導いてくれる本、言葉です。 
 「いつでも横手に行くぞ。」と言って頂いてますので、第3回目の講演を関係者にお諮りしたいと目論んでおります。 どうかよろしくお願いします。

 県立大学を退職された佐藤敦先生が「我々の情報がこの場だけで終わるのはもったいない。ここには様々な役職、立場の人がいる。秋田県農業のために、もっともっと頑張ろう!」と乾杯のあいさつをされました。
 その通りです。 この場には、産、官、学全てが老若男女問わず、垣根無く話せる場があります。また、いつでも新潟大学本学からの応援を頂ける体制ができております。 私の仕事(調整と形になったものを実現させる。)はまだまだある!と熱くなってます。


by masahirogenki | 2014-12-07 09:38 | 思うこと

責任放棄!~安倍政権~

  「おごれる人も久しからず、只春の夜の夢のごとし」 

 「脱デフレ」、期待していた安倍政権でしたが、行き詰ったのでしょうね。所詮そこまでか。
 首相公選制、(アメリカの大統領のように国民が直接選挙で首相を選ぶ制度)を国民の皆さんが政治にもっと関心を持つことで、本気で導入を検討すべきではないでしょうか。

 日本の国会議員、こんなに必要なの?

 国内外問わず、大企業や裕福な人たちのための政治ばっかりで。そんなのいらない。そこには政治は必要ない。
 日本の普通の庶民の暮らしの痛みが分かり、日本の庶民の暮らしを豊かにする、明日に希望が持てる政治を国会議員には望みますね。

 「日本の国の政治は日本の国の弱い立場の人たちのためにある!」と思います。 だからこそ資本主義国家だ。

 日本の法律を作るところが国会なんでしょ。 日本の国をより良くするために。

 「自分のことばかり」にしか見えない。それぞれには大義があるんでしょうが。それぞれの事情よりも前に、「あんた、なんのためにバッジ就けたの!」
日本の国会議員こんなにいらない!


 がっかりな日本の政治です。

 ただし、 「有権者のレベル以上の政治は出来ない。」とも言われています。



by masahirogenki | 2014-11-13 18:15 | 思うこと

緊急~日本一の味!りんご産地ががっくり~

  「日本一味がいいりんごが、収穫直前に落ちたり、擦れて傷がついてしまいました。」

e0317698_2114448.jpg


e0317698_21151090.jpg


 昨日から今日の低気圧の影響で突風が吹き、大きな影響を受けました。

 4年続きの豪雪被害で、農家は経済的にはもちろん、心も疲弊しています。

 「続けて欲しい!日本一味の良い産地を守って欲しい!!」という他からの応援の気持ちを感じ、自らを鼓舞し、耐えて頑張っています。
   本当に美味しいですよ!ここのりんご。  
e0317698_2125328.jpg

e0317698_2126722.jpg

     味、食感は文句なし!
 

       皆さんで買い支えましょう!!


by masahirogenki | 2014-11-04 21:27 | 思うこと

請願採択~議員の資質2 大臣だけか?~

e0317698_2184552.jpg
10月29日付さきがけ新聞からその1

e0317698_219798.jpg
10月29日付さきがけ新聞からその2

 昨日(10月28日)は後期高齢者医療広域連合の議会がありました。横手市議会の請願が議題となり、賛成多数で、「願意妥当」となりました。先ずは、良識ある判断をして頂きまして、良かったです。今後は会長である穂積秋田市長が速やかに実効ある手続きを指示すべきであります。 注目していきます。 
 横手市議会事務局職員2名がこの会議を傍聴して、速報を全議員に伝えて頂きました。 横手市議会全てが一致団結して行動しています。 事務局は良きパートナーであり、バックアップをしてもらっています。いつもありがとうございます。

 女性大臣が相次いで辞任してからも、「政治と金」の問題は毎日報道されていますね。
 「大臣だからか?大臣だけか?」と疑いたくなるのが普通の感覚なのではないでしょうか。 税金が好きなように、ほとんどチェックされることもなく使われ、自分たちの身分は自分たちが変えない限り保障されている、、、 まさに天国だ!  足りなくなったら、税金を上げればいいんだから。
 今度は、野党の枝野幹事長。収入不記載ですと。  いやになりますね。
 私も税金を頂いている身です。「一人が犯した罪が、他の人もそうなのではないのか?」と思われたら本当に心外なことです。住民に最も身近な私たちは、謙虚になり、「市民目線とは?」を改めて問わなければと気を引き締めました。

 「日本百名山ひと筆書きグレートトラバース」のようき君は、無事に100名山を踏破しましたね。おめでとうございます。 運も実力のうちと言われますが、まさに彼は、運を引き込むひとです。努力も並はずれていますが、その都度の的確な冷静な判断が、最終的に運を引き込み、前人未達の偉業をやり遂げました。やれそうなことは見習いたいものです。
 元気と感動を頂きました。田中陽希、凄い人です。 お笑いにも十分いける、と思っている人は私だけでしょうか。 笑顔に引き込まれます。 


by masahirogenki | 2014-10-29 21:57 | 思うこと

議員の資質~うちわはうちわでしょ!~公選法違反疑惑

e0317698_12323012.jpg
ネットから検索その1

e0317698_1232557.jpg
ネットから検索その2

e0317698_1353966.jpg
今朝(10月17日付)のさきがけ新聞からその1

e0317698_12331322.jpg
今朝(10月17日付)のさきがけ新聞からその2

e0317698_12333313.jpg
ただ今勉強中の資料の一部から

 国会の大事な予算委員会で、全く案件とは異なることで論戦が展開していますね。松島みどり法務大臣が自身の選挙区内で配った「うちわ」(誰が見ても)が、「討議資料の配布物である。」と本人が言っていることから、国会が大混戦です。
 これは、「公職選挙法199条の2、寄付行為の禁止に抵触しているのではないか。」と蓮舫議員が追及したことからですが、この199条の2は、「価値がある品物の配布の禁止」、「金銭、物品その他の財産上の利益がある有価物を配ることを寄付行為として禁止している。」からであります。

 「うちわ」は価値あるものなので、公職選挙法に抵触している可能性が高いことです。実際に埼玉県選挙管理委員会や足利市、上田市の選管では「うちわ」の配布を明確に禁止しているようです。 過去には辞職した例もあるようです。 当然のことです。
 そんな最中に今度はマドンナ小渕優子経済産業大臣に、公選法違反(199条の2)か、政治資金収支報告書の記載内容についての疑惑が持ち上がりましたね。「政治と金」にはこれまで何度国民ががっかりし、怒ってきたことか。政治不信とならないような対応を期待しております。第2次安倍内閣危うし、です。

 市民の目は我々議員に対して期待をして頂いている面もありますが、多くは大変厳しい目で見ておられると思います。今後とも、「公選法違反」などという議員の資質として極めて初歩的なあってはならないことを守ることは当然のことであり、また「公選法違反」は最も市民の信頼を失う行為であることを議員一人一人が自覚しなければなりません。誰かが犯した行為が市民からは議員全体がそうなのではないのかと疑われることですから、一人一人がさらに議員の資質向上に努め、身らを律して謙虚に市民の信頼を裏切らないように努めなければならないと思います。  「身近な横手市議会」を目指して! 「議員はいらない!」とならないように努めて参ります。
  

 ちょうど今、医療と介護、一体となった「地域包括ケアシステム」の勉強中でしたが、今日のさきがけに基金の配分が載っていました。「地域包括ケアシステム」の横手市スタイルを早期に構築する必要があります。
 国が進めようとしている在宅医療、在宅介護、お互いの連携、一体となった地域づくり。一方で多くの方々は、病院、施設でのケアを望んでいるミスマッチ。 「行き場所の無い人を作らない」ために、横手市は先駆けて多方面、総合的に「地域包括ケアシステム」の横手市スタイルを構築しなければなりません。


by masahirogenki | 2014-10-17 13:28 | 思うこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line