佐渡ロングライド2018&男鹿ロングライド

 市大雨災害連絡部(部長 危機管理監)が10時30分に設置されました。
 今はそれほど雨は降っていませんが、昨年7月の豪雨災害では大森地区を中心に甚大な被害が発生しました。
 田植えの時期でもあり、災害が発生しないように祈っております。


e0317698_13295563.png
e0317698_13300780.png
 
 さて、明後日(5月20日)は、佐渡ロングライドと男鹿ロングライドがあります。
 私は今年は、どちらにもエントリーしませんでした。が、情報だけは得ています。
 先ずは、佐渡、今年は両津エイドステーション(昼食・100キロ地点)から直ぐに、(道路工事のために)コース変更となったようです。
 これまでの170キロ地点の最大難所は高低図から分かるように3カ所、今までと変わりません。
 高低図を見れば、
110キロ地点(昼食後直ぐ)から驚愕の高低差385メートルの連続約10キロの急坂登りがあります。←立派なヒルクライムコースだ! 
 今までの最大難所が半分以下ですよ!
 凄い!!凄過ぎる!!!そして一気に海抜0メートルまでの下り。怖いですね。
 この新たな超激坂コース誕生のためにスタート時間が30分繰り上げられ、朝5時スタートです。両津エイドの回収時刻は11時になった、とのこと。
 雨降りの時は完走率が極端に落ちます。この急坂の登り降り、天候が良ければいいのですが。
 参加者の皆さんには、思い出に残るライドになることでしょう。私の同級生は、7年連続、今年も参加する、とのことです。どんなお土産話になるのか。

 次に男鹿ライド、今年も多数の「横手楽輪会」のメンバーがおそろいのピンクのウエアで参加します。
 今年は、距離をこれまでの100キロに加えて、220キロというコース(あきた白神・男鹿ライド)が設定され、皆さんこのコースがメインです。
 男鹿半島の起伏あるコースを1周(これがきつい)してから、一路白神山地の麓、八森いさりび温泉ハタハタ館(八峰町)を目指す。ここで折り返して男鹿半島に戻る、というコースです。
 これも凄い!フラットな海岸線といっても、風が強くて、向かい風だったら、、、これは修行(荒行)になりますよ。
 これもお土産話、楽しみです。
 日曜日、雨が止むことを願っています。



by masahirogenki | 2018-05-18 14:08 | 趣味のこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line