感動した!石川!!~世界卓球女子準決勝~

e0317698_10450879.jpg
 昨日のテレビ(BSジャパン)で、世界選手権女子準決勝を見ました。
 キャプテン石川佳純選手と、北朝鮮のエース、キム・ソイ(カットマン)とのまさに激闘は、感動しましたね。
 フルセットまでもつれ込んで、最終第5ゲーム、マッチポイントを先に取られながら、また、アンラッキーなエッジボールを3回もやられても、強い精神力で最後まで攻め切り、見事に勝ちました。
 私も、卓球部独特の応援スタイルで、「よしっ! よしよしよし!」と
声をあげ、両手でこぶしを振りながら、応援していました。(ちなみに、水谷の場合は、「よぉ~しっ! よしよしよし」です。)
 当然、もらい泣きしましたよ。
 「後輩たちに、いい刺激を目の前で見せて、与えたことです。」
 「ピンポン外交」と言われる位、卓球は世界に門戸を開いている競技ですが、今回は、大会が既に開会してから突然の南北合同チーム「コリア」の結成を認めました。
 想定外のことでも、自分たちを信じて、強い精神力と技術で、3-0のストレート勝ちは、素晴らしい!!
 決勝の中国戦、勝って世界一になって欲しい!!



e0317698_10452019.jpg
 今日(5月5日)の魁新聞、64歳から「シニア」という記事が目に留まりました。
 当然です!!
 いや、もっと上だと思います。(この記事の通りです。)
 自分が60歳。 まぁ一応受け入れますが、これまで(自分が若い時)に持っていた60歳のイメージは、到底受け入れることが出来ません!!
 農協やら郵便局から、「年金のことで、、、」と連絡がきますが、それはあくまで手続き上のことだ。
 今後も事業拡大を計画しているんだから。
 年寄扱いするんじゃねえぞ!!

 p、s 
 山内出身で、湯沢高校の同窓生と、先日ある温泉で偶然会いました。
 友、「おめだ、還暦の旅行いつよ。」私「俺だは来年だど。」
 友、「ほう、俺だは、明日で、泊まりは鶴ヶ池だど。毎年歴代がそうしているがらだど。んだのもな~、、、」
 友、「しかも、今民間になったんだべ。俺だが宴会第1号だどよ。なじだべな?会費は今までど同じ金額集めているんだども、今までど同じ位のサービスしてけるべが?」
 私、「んんん、、、なじだったがあどでおしぇでけれ。」

 「鶴ヶ池の温泉・浴槽、〇〇〇。〇〇〇〇。」今まで利用していた常連さんたちから、苦情が私に寄せられています。
 民間譲渡、大丈夫なのか。
 →責任は、「市長の裁量権」でブラックボックス化して譲渡先を決めた市長にあります。



by masahirogenki | 2018-05-05 11:43 | 思うこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line