初乗りビアンキ!・豪雨水害の後

e0317698_20190228.jpg
e0317698_20191925.jpg
e0317698_20193473.jpg
 今日(4月17日)は、気温が上がり、無風だったので、午後からビアンキの初乗りに挑戦しました。
 私は毎シーズン最初は、ホームとしている東成瀬、小安方面です。今日もほぼ2年ぶりとなるライドに緊張しながら、増田体育館前をいざ出発しようとしたら、どうしても靴がビンディングに入りません。???
 寿松木孝議員に電話して、急きょ調整してもらい、そのまま、大森、雄物川コース約30キロをこぎました。→孝議員は、来客予定とのことで、1人ライドです。
 「筋肉はいくつになってもつく。(嬉しい)」と言われていますが、なんと、「筋肉は使わなければ落ちる。(悲しい)」んですね。
 →このビアンキの色に合わせ、新調したウエア。(カッコから入るおじさんです。)
 「尻がぶかぶか」←臀筋が落ちた。(悲しい)
 「腹がぱつんぱつん」←太った。(さらに悲しい)
 「よく2年前に100キロも200キロもこげたな~」←紅の豚脱却作戦始動きっかけ。
 
 自転車は、目線が低く、普段気が付かない
いろいろな景色が飛び込んできます。
 大森方面にこいでいると、川の土手が無数のブルーシートで覆われています。上流部に行くと、田んぼの被害も確認できます。
 昨年夏の豪雨による大森地域の甚大な被害が雪解けとともに姿を現しました。
 「上溝川には、80億円の予算をつけた。」と御法川代議士から伺っていました。
 早期の復旧を願っています。

 「横手市全域で一気に農作業がスタートしましたね!」←自転車の目線、なかなかいいですよ。



by masahirogenki | 2018-04-17 20:58 | 趣味のこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line