ありがとう!自衛隊員!!感謝です!!

e0317698_19080051.jpg
e0317698_19081325.jpg
 北陸での大雪、福井県おわら市の国道8号線では今日で3日も車が立ち往生し、車の中にいる方が疲労困ぱいとのことです。
 一時は1500台あった車も、自衛隊員のおかげで、今日の夕方には、解消見込みとのことです。
 福井県知事から早い段階で、自衛隊に災害派遣要請があり、「人命救助等に係る災害派遣」で、猛吹雪、極寒の中、自衛隊員は24時間体制で、人力により飲料水、食糧の配布及び除雪支援を行っている、とのことです。
 「どれほど感謝したらいいんでしょう!」 
 崇高な精神で、与えられた任務を果たす。 本当にありがたいことです。
 日本国に自衛隊が無ければ、一体どうなるんでしょうか。誰に頼ればいいんでしょうか。
 9条で国会が今大きく揺れていますが、国民にとって自衛隊は、「いざという時の、想定外時の存在。頼りにしている存在ではないでしょうか。」→自衛隊にとってはどんな場面でも想定内でしょうが。
 「ありがとう!!自衛隊員!!」
 「私たちの生命、財産を守ってくれて、ありがとうございます。」
 
 
 災害大国、日本国。
 「政治が
想定外を可能な限り少なくすることが必要です。」
 インフラ整備を国費で行い、地方行政は、災害発生時の各機関との連携、官民連携の対応等を想定して備えることが必要です。

 福井県では、燃料は充分あるのに交通機関がマヒして運ぶことが出来ず、ガソリンスタンドの燃料在庫が尽きたそうです。→一般車用のガソリン、軽油が無い。除雪車の軽油が無くて、除雪が出来ない。寒い中、灯油も無い、とのこと。おそらく生鮮食料も不足していることでしょう。
 東日本大震災直後の我々が経験したことです。
 あの心細さ、これからどうなるんだろうという不安が思い出されます。

 「公共、行政が行わなければならないこと、それは災害大国に暮らしていることを想定して、人命を守る」ことです。
 「北陸新幹線が雪に強い」 素晴らしいことです。
 大学4年時、上越新幹線が開通しました。
 大雪の時、新潟駅に在来線がたくさんの雪を乗せて、何時間も遅れてやっと到着する中、新幹線は全く雪を載せないで、定刻通りに到着しました。 「感動した!」ことを思い出しました。
 「新幹線はえらいんです。」
 「日本国中に新幹線網を作る」 田中角栄首相が言っていたことです。
 叶っていれば秋田はもちろん、日本が「東京一極集中でこれほど悩むことが無かったのでは。」と思いが馳せます。
 今からでも、「本質を目指す」ことをしなければなりません。
 遅過ぎることは無い!!
 人がいないからお金をかけない。
 東京だけが良くなればいい「今の強者に寄る政治」ではお話になりません。
 「自衛隊の存在、有難みに改めて皆さんが感謝し、「本質に気づく」ことが求められます。」



by masahirogenki | 2018-02-08 20:00 | 思うこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line