除雪な日々・JA秋田ふるさと第三者委員会報告書

e0317698_14153779.jpg
e0317698_14155009.jpg
 「は~痛たたた~。」連日の除雪作業で、筋肉痛がひどいです。寝ていて足がつり、腰の筋肉までもつります。これが痛い!
 毎日、毎日除雪、憂鬱になりますね。ハウスの除雪を優先していて、小屋や建物までには手が回っていません。
 このハウス(除雪最後のハウス)、よく潰れなかった。こんなに多くの雪を乗せたことはありません。びっくりです。
 東成瀬村では雪害対策部を設置したとのこと、横手市でも、平場の私の所でこのような大雪ですので、山間部では東成瀬村と同等の大雪であろうと思います。
 昨日から御用納めですが、「万全の雪害対策」を構築して頂きたい。大森、増田、山内は、「設置が必要なレベル」なのでは、と思います。


 
e0317698_14152113.jpg
e0317698_14150822.jpg
 昨日(12月28日)は、御法川代議士の国政報告会が里見営農組合で行われ、私も呼ばれて参加してきました。毎年ありがとうございます。
 約2時間の会でしたが、意見交換では、「消費税増税時の低所得者対策」について質問がありました。そのなかで、「今の日本は、総人口のたった1パーセントの人が、日本の総資産の半分を持っている。いくら資本主義とはいえ、おかしい。」と代議士が発言し、私も全く同感だ、と応えました。
 御法川代議士、地方、秋田県の代議士として、豊かな見識で、今後とも日本国の大多数の民のために働いて下さい。「経世済民(けいせさいみん)」世をおさめて民をすくう→「経済」の語源です。



e0317698_14160245.jpg
 今日(12月29日)JA秋田ふるさとで発生した現職の常勤監事による不祥事に対する、第三者委員会の報告書が届きました。全26ページによる組合員向けの概要版のようです。
 この報告書、念密に調査し、豊かな見識、確かな人間性を背景とした文章です。素晴らしいです。
 一連のことを分かり易く報告し、「組織のゆるみ=企業風土としての欠点」を細かく指摘し、「意識改革」を促しています。
 組合長が人選を行う「常勤監事が職員から就任することを禁じるべき、」と言及してもおります。
 読み応えのある報告書です。正月はじっくり目を通したいです。



by masahirogenki | 2017-12-29 15:07 | 思うこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line