自転車交通指導隊~横手楽輪会~

e0317698_10423043.jpg

e0317698_9322228.jpg
今日(9月22日)付のさきがけ新聞に「横手楽輪会」が横手警察署から「自転車交通指導隊」に指定された記事が載っていましたね。私と寿松木孝議員も参加を呼びかけられたのですが、「議会 決算総括質疑」の日と日程が重なり、参加できませんでした。平日でしたが、参加できるメンバーが代表して、指定を受けました。これまでも交通ルールを守ってきましたが、これからも「他の模範となるように、自転車乗りを続けたい。」と思います。なにしろ目立つラッピングユニフォームなので、「これからも皆さんよろしく」です。

e0317698_9324296.jpg
昨日(9月21日)横手市議会議員、議会事務局職員にアイパッドプロが貸与されました。以前から先進地を視察して、ペーパーレス化、ICT化の導入を進めてきて、やっと実現しました。膨大な資料、紙の山から必要な資料を直ぐに手元で見ることが出来ることから、これまでより効率よく政務活動が可能になります。議会報告会を含め、個人的な報告会の際に役立ちます。また、議員同士、事務局との情報共有がタイムリーで可能となります。高い買い物についた、とならないように活用していきたいと思います。
e0317698_9325891.jpg
自分がこれまで使っていたアイパッドエアーをどうしようかな?と迷っています。いつも二つ持ち歩いているのも、、、 しばらくは、二つ持つことでしょうが。

# by masahirogenki | 2016-09-22 09:56 | 思うこと

決算総括質疑~執行権・市長を支える?~

 今日(9月21日)は決算特別委員会があり、寿松木孝委員、土田祐輝委員、奥山豊和委員3名の総括質疑がありました。
 私は今回決算特別委員会の委員長に推薦されて、議長席からの参加でしたが、皆さん素晴らしい総括質疑でした。30分しかない(答弁含めて)持ち時間ですから、時間配分が重要です。皆さん、持ち時間ぎりぎりまで、議員としてのチェック機能の発揮、意見を出し切ろうと、市長に切り込んでました。

 その中で、市長の答弁はともかく、役人、副市長の答弁には、違和感を強く感じました。

 それは、寿松木孝委員、奥山豊和委員、それぞれの質疑に対して、
 お役人、副市長は「自分たちの執行権の中で事務執行を行ったことであり、議員からその執行の中身について、とやかく言われるようなことではない。」と私が感じた、受け止めたような答弁が続いたことです。
 「だったら、議会が予算を認めた時にあんた方が説明したように執行しろよ!!」と言い返したいです。
 「あんたらがやった(執行し終わった)今の形、説明で、議会は予算を認めていないでしょ!!!!!」
 「執行権を主張するのなら、市長、お役人としての説明責任、義務、結果責任を果たせ!!」
 「間違った時は素直に誤りを認め、謝れ。そして次に活かせ。ワンステップ上に昇れ。」

 副市長は「市長を支える。」と答弁されましたが、
 「我が身をはって、市長の弾除けになることが支えることではない。」と思います。
 「支える」とは「市長の思いを成し遂げさせるためにどうすればよいのか戦略を練る、戦術を図る。」
 「その為には市長の未熟な政策、組織経営に対し苦言を申し述べる、止めさせる、時期を考慮する、人事の布陣を考慮する、議会の意見を事前に聞く、相談することなどが、真の意味で「支える」ことである。」
 
 「市長は、最高執行責任者として、なぜ今のように議会に指摘され続けているような組織になってしまったのか、(無理かもしれませんが、)全て自分の政策立案能力不足、組織経営能力不足、それを補うための政策参謀の意見を真摯に聴くことが出来ない,聴く状況を作っていない、イエスマンばかりを集めてしまった自分自身の責任であることに気づくべきです。」
 「市長が気づくことでしか、今のヘロヘロ組織を立て直すことは出来ない。」
と思った席上でした。



# by masahirogenki | 2016-09-21 20:19 | 活動報告

決算審議・委員会視察・厚生~秋祭り・三島八幡神社例大祭~

e0317698_21221047.jpg
今日(9月16日)から稲刈りスタートです。まだまだ暑くて、大変でした。

e0317698_21223224.jpg
昨日(9月15日)は三島八幡神社の例大祭。最近は議会と重なり、出席できませんでしたが、今年は日程が調整できました。「翁の舞」です。

e0317698_21225056.jpg
厚生常任委員会の視察。母子生活支援施設「横手市サンハイム」。私はこれまで施設はかなり視察してきましたが、この施設は初めてです。県南区域で一つしかない施設とのことで、お母さんと子どもが一緒に生活できる唯一の児童福祉施設です。

e0317698_21231048.jpg
ワイワイプラザ4階にある健康の駅よこて 東部トレーニングセンターを視察。説明後、この椅子に座ったままで出来る、オリジナルの「らくらく体操」を実践しました。毎日続けていたら、きっと変わります。この後2階にある「横手市児童センター」も視察しました。子育て支援、充実しているな~と感じました。どちらも「民間への移行」を進めるべきである、なぜ、直営なのか、との思いが出ました。

 議会は、決算分科会、予算分科会がそれぞれの常任委員会に付託され、審議が終了しました。私が所属する厚生分科会では、決算審議において、「27年度特別養護老人ホーム特別会計」で、私は白寿苑の大幅な赤字について問いただしました。感染症などの不測の事態で入所者を制限したことからの歳入不足はしょうがないとしても、介護報酬の減額改定を見据え、「栄養マネージメント加算」でいくらかでも収入を補う予算設計を前施設長(26年度)が行っていて、事務引き継ぎも適正に行われたにもかかわらず、「施設長(27年度)の事務的な怠慢、またこれを管理、監督、監視する組織的な管理者(副市長を含む)が適宜、適確に施設の経営を把握していなかったために、当初予算設計通りの歳入が入ってこなかったことから、一般会計からの繰出金で赤字補てんしたことに対して、集中的に質疑をいたしました。(議会は歳出に対しては修正案を出せますが、歳入には関与出来ません。27年度の補正予算の提案時、悔しい思いをしました。他の委員は寛容でしたので、たいして表立ったことにはならなかったことでした。)
 28年度の今も赤字状態が続いています。それは臨時職員を募集しても、民間施設よりも待遇が悪いことから、人員不足で17床空いたままです。(待機者は大勢いるのに。) 
 「人事が動いてくれない。」(保健師の充足の件で質疑をした際にも別の担当課長から同じような答弁をされました。)
 「あなた方は自分の仕事の責任、税金をどう思っているんだ!」と思わず声を荒げました。「直営では無理なのでは?」と感じた次第です。
 委員長には「簡易採決ではなく、起立採決をして欲しかったです。」私が委員長の時は、あれほど質疑があった時は、台本には簡易採決とあっても、「起立採決」をしました。
 私は意志表示を行いたかったです。そうなれば、当然一般会計3款民生費からの特別会計への繰り出し金には、私は「認定は出来なかった」と思います。全て私の責任です。もっと断固たる決意で臨むべきでした。 準備不足でした。申し訳ありません。


# by masahirogenki | 2016-09-16 22:38 | 活動報告

行ってクールド・田沢湖~160キロ~

e0317698_857373.jpg


 昨日(9月11日)は、雄和の県立中央公園から、田沢湖を1周して戻ってくる第31回センチュリーライド「行ってクールド・田沢湖」に参加してきました。
 いや~、苦しかったです。練習不足、サボれば手痛い目にあう、ことを再認識しました。膝が痛くて、たまりませんでした。寿松木孝議員に前を走ってもらい、「風よけ」で引っ張ってもらったおかげで、なんとか完走できました。
 今まで大きな大会にしか参加してこなかったので、「今までが当たり前」と思っていました。今回はいろいろと勉強になりました。一番は、「コースを間違えてしばらく走ってしまったこと」です。今までは曲がり角などには必ず大会スタッフがいてくれて、コース間違いはなかったのですが、今回初めて経験し、反省いたしました。
 また、今までは必ず他の誰かがいて、自分たちの順番をある程度確認できたのですが、今回は、見渡しても私たちだけ、の時があり、「間に合うのか?」という心細さを感じました。

 今回は多くの反省点があった大会でしたが、「横手ライド」の実現の際には、活かしたいと思います。
 今回は「横手楽輪会」のユニフォーム」が多く、目立っていました。何人から声もかけられました。
 「ラッピング」効果、なかなかです!


# by masahirogenki | 2016-09-12 09:15 | 趣味のこと

野中お祭り・学習発表会~醍醐小・吉田小~

e0317698_19245999.jpg
お祭りといえば昔から「くじびき」 夢中です。

e0317698_1925149.jpg
大曲以上?野中の花火

e0317698_19261170.jpg
醍醐小1年生全員であいさつ

e0317698_19264173.jpg
吉田小6年生全員であいさつ

e0317698_1928152.jpg
吉田小といえば、マーチング 素晴らしかったです。

 昨夜(9月9日)は野中のお祭りでした。幸い雨が降らず、賑やかに開催されました。私は最近議会と重なり、参加しておりませんでしたが、今回久しぶりの参加、そして焼きそばの担当でした、が、、、

 私たちが中心でやっていた頃とは違い、お母さんたちが参加してくれて、要は夫婦で参加して人員不足を補い、きちんと「夜店」をやっていました。これはこれで「いいな!」と感じた次第です。
 焼きそばは「夫婦焼きそば」になっていて、旦那さんが麺担当、奥さんが肉、野菜担当でそれぞれ焼き、
 「後で合体」という誠におめでたい、お祭りにふさわしい形態に変わっていて、私は何も無く、ビールを飲んでいました。
 なにより私らの頃と比べて、「いい加減なところが無く」、「量がきちんとしていて、お金もきちんとしていました。」  やっぱりお母さん方は正しいです。 いつの世も仕切られていましたよ。 よろしいんじゃないでしょうか。
 
 今日(9月10日)は醍醐小学校、吉田小学校の学習発表会に行ってきました。どちらの会場もたくさんの方々が見に来ていて、「まさに小学校は地域の文化、元気の源」と再認識したしだいです。
 
 明日(9月11日)は雄和から田沢湖1周してもどる160キロコースの「センチュリーライド」に参加します。最近全く練習していないので、不安もありますが、楽しんできたいと思っています。


# by masahirogenki | 2016-09-10 19:58 | 活動報告

なぜなったのか?~政治理念~

 昨日(9月8日)で会派代表質問、一般質問が終わりました。区別、境目がよく分からなくなってきたように感じています。
 おじさん、立派な評論家にはなりたく無いですが、「言いっぱなし、パフォーマンスだけの議員のレベルを上げていかなければ、「税金泥棒」になってしまう。呼ばれてしまう。」「期待されなくなってしまう。」「失望されてしまう。」「無視されてしまう。」と思います。
 「茶飲み話は勘弁して下さい。」

 「なぜ議員になったのか?」
 事ある度に自分に問いかけ、深呼吸して、「本当にこれでいいのか?」と最終判断をこれまでしてきました。
 「声無き声を聴く」⇒私の政治信条です。
 「政治は弱い立場の人のためにある。」と思います。
 「政治には希望が無くてはならない。」と思います。

 「リーダーは良くも悪くも判断をしなければならない。」⇒「判断」は「理念、思いが無ければ出来ない。」と思います。「思いが無ければ、気づけない、相手を想う優しさの心を持てない。」と思います。
 「理念、思いがあるのか?」茶飲み話からは全く感じられませんでした。
 議会は決める場です。職員、市民に「方向性」を示す場です。
 「どっちだ?!」⇒決められない⇒責任をとらない⇒従業員、民はリーダーに失望し、人心が離れていく、ことです。

 青山豊議員の今日のブロブには「いいね!」を押したいです。また、前から大注目している「卒業生」のブログにはいつも「いいね!」を押したいです。ただ、アメーバブログに登録とかという手続き、おじさん出来ません。
 「やってきたことは、お互いに良かったんじゃないのかな?」と思っております。改めて、「ありがとうございました。」
 「危機感をお互いに共有して、正常に戻していきましょう!!」 ブログ、応援しています。ファンはおじさんの周り、多いですよ。
 きっと、おじさんと同じように登録手続きが出来ないのでしょう。

 P.S 木村議員の久しぶりの一般質問を聞いて、おじさん刺激を受けて、「もう12月議会の一般質問、出来上がりました。」 なにやら我が新風の会、12月議会、何かが起こりそう、な気配です。
 それにしても、聞いている側は、「冷静にあの時はこう述べるべきだった、」と気づくものですね。第三者の自分を心がけたいものです。
 今日はこの後、地元、野中神社のお祭りです。久しぶりに焼きそば作りの係りです。晴れて良かったです。



# by masahirogenki | 2016-09-09 16:05 | 思うこと

吉田地区敬老会・経験したことのない酷暑・残暑

e0317698_5535891.jpg
米寿のお祝いを表彰される方々

e0317698_5541561.jpg
吉田保育所の年長さんの歌

 昨日(9月5日)は、平鹿地域の吉田地区の敬老会があり、出席してきました。これで、平鹿地域の敬老会が終了しました。議会の間をぬっての日程調整をして頂いたので、今年は全ての地区の敬老会に出席出来ました。
 高齢者の皆さんは「経験を数多くされてきた方々」です。
 皆さん方から「元気でいられることの幸せ」を示して頂きました。「健康第一」、心がけましょう!

 残暑、猛烈に厳しいですね。「盆まで」という、これまでの環境ではなくなってしまいました。地球規模の温暖化の影響はこれから増々ヒト、動植物が生き物として生き辛くなっていく環境へと向かうのでしょう。
 「これまで経験したことのない、、、」最近ニュースで聞く言葉です。「これまでの経験を過信するな。」「とんでもないことが起こる」という最大の注意喚起なのでしょう。
 台風10号は幸いこちらでは被害が無かったようですが、岩手県、北海道では甚大な災害になってしまいました。河川の氾濫、土砂災害は他人事ではありません。「想定できる、想定しなければならない災害の対策」を専門的に早急に作らなければなりません。明日の木村議員の一般質問。期待しております。

 日本の食糧生産基地である北海道の畑被害の影響はこれからじわじわと国民生活に影響してくることでしょう。
 「農業を他産業と同じ並びで政策を進めている国は、ヒトは生き物である、ことに気づくべきです。」
 「世界的には食糧不足であって、異常気象は、世界中に起こっています。日本だけは食糧不足にならない保証はどこにもありません。」「想定している範囲内とは、とても思えません。」
 「高齢者は食糧不足を経験しています。日本で食糧不足があったことを忘れてはなりません。」
 「異常気象はヒト、誰もが経験したことのない事態へと向かっていることは確かなことです。」


 


# by masahirogenki | 2016-09-06 06:52 | 活動報告

平鹿地区敬老会~浅舞・醍醐~

e0317698_1716056.jpg
平鹿地域の敬老会は各地域ごとに3日間行われます。

e0317698_17162452.jpg
8月31日は浅舞地区

e0317698_17165894.jpg
樽見内保育園の年長さんのお遊戯

e0317698_17172052.jpg
9月1日は醍醐地区

e0317698_17173733.jpg
醍醐保育園の年長さんの太鼓

 昨日(8月31日)から平鹿地域の敬老会が始まりました。平鹿地域は、浅舞、醍醐、吉田の3地区に分かれて、計3回敬老会が行われます。吉田は来週5日です。
 今年度の平鹿地域の米寿、88歳のお祝いを迎えられた方は121名とのことです。横手市全体ではびっくりするほどの人数なんでしょうね。皆さん、今後ともお元気でお過ごし下さい。
 「自分がこの年になっても、これほど元気でいられるだろうか?」 いつも思います。長生きで元気で生き生きとしている姿に尊敬いたします。父親は今年82歳ですが、元気です。朝は早いし、トラクターもばんばん乗ります。 もちろん、晩酌も。 ありがたいですよ。 
 自分はなれるのか? 
 「おじいちゃんのようにはなれないから、お酒を控えたほうがいいよ。」研修医2年目の娘に指摘され、トホホ状態ですが、敬老会に呼ばれるようになったら、シャンとして出席したいものです。
 ちなみに父親は敬老会に出席したことはありません。今日もこの厳しい残暑の中、稲刈り準備のために、乾燥機の手入れをしておりました。現役の意識なんだな。
 やっぱり指摘どおり、なれないかも、、、 んんん、、、酒を飲みながら考えます。




# by masahirogenki | 2016-09-01 17:41 | 活動報告

9月議会開会~台風接近~

e0317698_18422171.jpg
NHKで偶然見た番組その1 ガッツ職員! 会いたいです。

e0317698_18433995.jpg
その2

e0317698_1844654.jpg
その3

e0317698_18454139.jpg
今年初!「さんさ」甘くて最高です。元気が出てきますよ!

 今日(8月29日)から9月定例会が始まりました。27年度決算もあり、長丁場です。
 「最少の経費で、最大の効果を出す。」ことが予算執行するうえで欠かせません。
 決算をしっかり「検証」して、「反省」し、そこから新たな政策を展開することが、責任ある仕事を行う最低条件です。 
 「漫然に疑問を持たずに、単に事業を引き継ぎ、公金を投入するだけの無責任な仕事は横手市の役人として求められている仕事ではありません。」

 夕張市、10年前に破たんして、500億円の借金を、「国から求められた財政健全化計画」を厳しく実施して、現在200億円の残高まで減らした、とのこと。借金の返済が最も優先されて、この10年間で「市民から求められた必要な政策を実施できなかった」ために、市民に閉塞感が広がり、子供たちが夕張市民であることに誇りを持てず、むしろ夕張市民であることを隠すようになり、「住みたくないまち」、「出て行きたいまち」になってしまったとのこと。
 そこで、未だ職員にも退職願いが続く中、強い危機感を持った若い市長が覚悟を決め、呼応してガッツ職員が奮起し、市民を巻き込んで、「誇りを取り戻す政策の実施」を目指す姿に、感動し、涙を流しながらテレビを見ていました。
 今の横手市には無い、必要な(欲しい)リーダーシップ、(欲しい)職員の姿勢です。 見習うべきです!

 台風10号の進路、「なんでそこで曲がるの!」です。
 心配です。
 出来ることをして、備えるしかありません。
 被害が無いこと、少ないことを祈っています。
 





# by masahirogenki | 2016-08-29 20:03

友好都市訪問~茨城県那珂市~

e0317698_5294218.jpg
那珂市のイベント「ひまわりフェステバル」に表敬訪問しました。横手市の物産販売も行われていました。

e0317698_530655.jpg
クラフトビールで、世界的に評価されている「木内酒造」さんのビール工場を見学。大雄のホップの試験栽培契約をして頂いており、「木内酒造」さんとの取引拡大を期待しています。

e0317698_5302476.jpg
若い社員の方が熱心に「美味しいビール」が出来上がるまでを説明してくれました。

 8月27日~8月28日の日程で、友好都市である茨城県那珂市を訪問してきました。
 「なかひまわりフェステバル」に合わせた訪問でしたが、今年もたくさんの市民の方々で賑わっていました。
 ブースの数が多く、様々な団体、企業が参加していて、中には「自衛隊」のブースもありました。
 観光協会が主体ではなく、「市民の皆さんが参加している。」という印象を持ち、横手市も参考にすべき、と思います。

 「友好交流会」では、市長、副市長、議長、副議長、各常任委員長が参加しての交流会で、大変盛り上がりました。回を重ねてきたことや、海野市長が議員から市長になった方であることなどから、お互いに共通点があり、「本音で話せる」ようになったと思います。
 2日目の「木内酒造」訪問にも、市長、議長が参加頂いておりました。社長にも会うことができて、お礼と今後の取引をお願いしてきました。夢のある事業展開を期待しております。
 那珂市とは「木内酒造」さんとの民間交流、今年度からはお互いの職員の人事交流を行っており、増々関係を深めて、市民交流がさらに活発になることを期待します。
 大変ご丁寧な対応をして頂きまして、ありがとうございました。



# by masahirogenki | 2016-08-29 06:21 | 活動報告

平鹿地域局情報交換会~9月定例会~

e0317698_736371.jpg


e0317698_7365056.jpg


 昨日(8月24日)は、平鹿地域局職員との情報交換会があり、出席してきました。
 各定例会ごとに行っておりますが、大変有意義な会議の場であると思っております。
 「平鹿地域局移転改築」の日程は予定通りとのことで、良かったです。

 今回は、補正予算は、人件費の調整くらいで、「ほんとにこれだけ?」という少なさでした。
 ①「地域局予算を配分すべき」、②「決済は地域局長⇒財務部長⇒副市長⇒市長」と前市長の時から訴えてきましたが、
新しい体制になってからは、全く逆の方向になってしまいました。
 横手市の中央集権体制は国のアベノミクスに重なって見えます。
 アベノミクスは「検証」を怠り、「税金を無責任に投下し続け、いずれ効果が表れる(はずだ。)」と暴走し続けています。いつ、地方が「景気が良くなった。」と実感できるのでしょう。
 「地域局は無くてはならない。市民と最も近い場所で、住民サービスの拠点である。均衡ある発展を図る。」⇒だったら、「権限」と自由に裁量できる「予算」と「人」が必要でしょ!!
 

# by masahirogenki | 2016-08-25 08:07 | 活動報告

果樹議連~間もなくりんご収穫~

e0317698_7491311.jpg
 果樹農家と一緒に研修

e0317698_7493496.jpg
 「ゆっぷる」近くの市道ののり面が大雨で崩落。果樹園に向かう基幹道路なので、早急に復旧しなければなりません。沼が削られたことが原因のようなので、根本的な対応策が必要と思います。

e0317698_7494739.jpg


 昨日(8月23日)は果樹議員連盟の研修、意見交換会があり、出席してきました。
 場所が十文字文化センターで、私は久しぶりに入りました。 老朽化が目立ちましたが、各部屋ではいろいろな団体が使用しており、また、夏休み中の子供たちが利用していました。私は文化センターの建て替え、その中に地域局、統合小学校は現地(市有地の活用)という案を持っておりましたので、十文字文化センターがこのままの状態なのが残念ですし、心配です。

 意見交換会では、先日の台風の影響がほとんどなく、間もなくりんごの収穫が始まるとのことで、安心いたしました。収量は作況を105と見ていて、期待できるとのこと。それでも雪害前の6割程度、とのことで、まだまだ果樹振興支援は必要と感じたしだいです。
 桃、さくらんぼも天候に恵まれた、とのことでした。この後の災害が無いことを祈っております。


# by masahirogenki | 2016-08-24 08:20 | 活動報告

9月議会間もなく開会~決算議会~

e0317698_8383216.jpg
議案書の一部 9月議会は決算書(27年度)がたくさんです。

e0317698_8391010.jpg
監査意見書 昨年まで監査委員でしたので、意見書が出来るまでの「思い」が伝わってきます。

e0317698_822144.jpg
厚木市の「タウンニュース」に先日の「友情のたすき、返礼事業」が載せられて、厚木市からその「タウンニュース」を頂きました。

 昨日(8月19日)は、9月定例会の議案説明会があり、出席してきました。
 9月議会は「決算議会」とも呼ばれ、27年度決算の審議、認定が行われます。
 以前は11月頃に決算議会を行っていたのですが、それでは来年度予算に「決算の反省」が時期的に反映されないことから、9月に早めました。
 ですから、9月議会は、「本年度のことを審議しながら」、「昨年度の審議を行い」、「来年度へ活かす提案を行う。」議会です。
 市民の要望、課題には応えていかなければなりません。合併前からのことが未だに解決出来ていないことや、新たな市民要望(行政需要)もあります。
 「事業効果の検証」が決算の一番の目的です。「漫然とした事業をただ引き継いでいるだけ」のようなことを取り除いていかなければ、「予算」を生み出せません。
 市長はじめ当局の方々には、「結果責任」を取って、「反省から緻密な政策の展開」を期待いたします


# by masahirogenki | 2016-08-20 08:39 | 活動報告

お盆と言えばカメ虫防除~無人ヘリ~

e0317698_20102078.jpg
今年から20代の強力若人が組合員になって、大活躍中です。おじさんは少しハラハラして見守っておりますが、、、

e0317698_20104071.jpg
おじゃれこ(迎え火) たき火はええな。

 私は毎年お盆要員、13日、14日は無人ヘリコプターの当番です。
 今日も暑かったですね。
 でも、先週の厚木市までの自転車ライドで鍛えられた、慣れたせいか、なんとか大丈夫でした。
 体重は、厚木市ライドの前の体重に戻りました。要は減りました。えがったんし。
 今日の無人ヘリ防除、「横手市無人ヘリ防除協議会」があるにもかかわらず、隣の田んぼをもう1機、私らのヘリと合わせて2機が同時に隣り合って防除するような場面がありました。
 相手側が、「私たちの周波数は32ですがそちらは?」と聞いてきましたので、「私らは26です。」と答えましたが、せっかく「横手市無人ヘリ防除協議会」があり、会費も1万円支払っているのですから、「本質的な協議」をできないものでしょうか。(⇒誰の呼びかけでこの協議会を設立したの?設立して終わりかよ。目的はなんだったのでしょう?⇒設立は得意だけど、その後はまるでだめなのは、いつもだけど、なんで?)
 混信は墜落の危険がありますし、またお互いに効率が悪いし、「お互いにゆずりあう気持ち」を持てばいいのに。⇒実はみんなそう思っているんだから。要は「強いリーダーシップの発揮」だ。

 火をじっと見ながら、酒を飲んでいると、「良いこと」(のように感じること)をしゃべりたくなります。

 あともうちょっとで涼しくなります。あともうちょっとの我慢ですよ。
 雨も降るようです。下流に水を流しましょう!


# by masahirogenki | 2016-08-13 20:35 | その他

「友情のたすき」厚木市へ~600キロ自転車ライド~

e0317698_10145488.jpg
8月4日 横手市役所前で出発式 副議長から激励の言葉を頂きました。

e0317698_7492584.jpg
 8月6日 厚木市役所前に到着して、厚木市職員のランニング仲間、昼走会の方々、副市長、副議長と記念撮影
 厚木市長から一人一人に立派な感謝状を頂いて、感動いたしました。

e0317698_7503614.jpg
 4号線を焦がされながら、必死ですよ。

e0317698_9201021.jpg
 日程二日目 中継点の福島県白河市役所前に着いて孝議員とやれやれ。

 8月4日から8月6日の二泊三日の日程で横手市役所から厚木市役所まで約600キロを自転車で走破してきました。メンバーは団長の寿松木孝議員、職員の佐藤和志君、小松田剛君、サポートをしてくれた辻政策監、菅原義隆君の6名です。また、バックアップをして頂いた各関係機関の皆様のおかげです。ありがとうございました。

 いつも信号機がほとんど無い道をこいでいましたので、13号線、4号線、16号線と交通量が激しい道は、常に緊張感を持っていなければならず、痛く感じるほどの暑さと共になかなか「よいでね」ライドでした。
 しっかりサポートをして頂いたおかげで、「予定通り」痩せないで帰ってきました。

 厚木市の皆さん方には、感動したお出迎えをして頂き、ありがとうございました。
 これまで4回も600キロを走って、たすきを届けてくれてましたが、やっと市政60周年を迎えた記念の年に、厚木市さんへ、たすきをお返しすることができました。3日間かけていた「友情のたすき」は重く感じられて、厚木市の副市長に手渡した時には「肩の荷が下りて」ホッとしました。
 有名な白コロホルモン発祥の人気店での昼走会の方々との交流会は「お互いの苦労が分かる者同士」なので、盛り上がりました。今回「そんなバカなこと」(私たちは誰一人そのようには思っていませんよ。「なえでが!」と驚きはしましたが、)をやって本当に良かったな、と思った次第です。走ってきた人たちの気持ち、苦労は経験しなければ分かりませんからね。昼走会だって、「そんなとんでもないこと」なんですから。
 ちなみに、厚木市のたすきの字は市長の直筆とのことでした。重いですね~。
 厚木市の皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。帰る時に、再度副市長お二人に見送りを頂きまして、最後までご丁寧にありがとうございました。横手市の送り盆祭り、お待ちいたしております。


# by masahirogenki | 2016-08-08 10:11 | 活動報告

ひらか荘納涼七夕祭り

e0317698_15561774.jpg
 ほとんどの入所者が参加したとのこと。ひらか荘一番のイベントで、皆さん楽しそうでした。職員の皆さん、お疲れ様でした。前では、鍋倉太鼓のオープニングが行われています。 

e0317698_15563571.jpg
七夕飾りが雰囲気を盛り上げています。

 7月28日は、ひらか荘の七夕納涼祭があり、出席してきました。天気が不安定で、直前まで雨が降ったりして、開催決定の決断に苦労されたことと思います。
 入所者のほとんどの方が外に出て、参加したとのことで、職員の皆さんは難儀をされたことですが、皆さん歌や太鼓に合わせて手拍子をとったり、踊ったりして楽しそうにされておりました。途中雨が降ってきてしまいましたが、イベントは盛り上がりました。
 ひらか荘は築47年と、老朽化が著しい建物ですが、古くて、部屋が狭いことから、良い面もあります。それは、部屋が狭いため、皆さんは廊下の椅子に座っておしゃべりをしています。広い個室が無いためそうせざるを得ないのですが、一人でぼーとしていることが無いため、みなさん、元気です。新しい施設には、是非ともこの良さを取り入れる工夫をして頂きたいものです。

 P、S 納涼祭出席前に自転車で60キロほど、こいできました。途中雨ふり、腿が痛いような、あられ交じりかな?の雨になりましたが、気持ち良かったです。折り返し地点の「菅原神社」に携帯を持ってうろうろしている「あやしげに見えるわぎゃもの」がいました。話題のポケモンゴーなのかも。 くれぐれも車を運転しながらはやめて下さいよ。交通弱者からは、怖い存在です。 事故が起きないか、心配ですね。
 ということで、納涼祭の生ビールのうまいことといったら、、、 ごちそう様でした。たくさん飲んでしまいました。ありがとうございました。


# by masahirogenki | 2016-07-30 16:33 | 活動報告

議会報告会終了~3班~

e0317698_10111914.jpg
26日 横手南、北地区合同 かまくら館

e0317698_101150100.jpg
27日 朝倉地区 あさくら館

 昨日(7月27日 私の58歳の誕生日)で、我々3班の議会報告会が終了して、ほっとしております。
 私は横手南、北地区以外の4カ所は初めての場所でした。合併した横手市、やはり大きいです。

 これまでは議会報告会ですので、当然といえば当然ですが、「議員に対しての批判が多かった。」のですが、今回は「市長、職員に対しての批判が多かった。」ように感じました。
 こちらからのテーマがいずれも3月議会で予算を反対、修正した「横手アリーナ建設事業」と「農業創生大学事業」であったからかもしれませんが、それだけではないように感じました。
 各会場には職員の方々も参加されていたので、どのように感じられたことでしょうか。

 「想像できる力」「総合的な人間力とコミュニケーション能力」「問題を解決できる能力」をさらにつけることが必要です。
 「(1、中央集権的、2、似たような仕事をわざわざ3課作って無駄、3、財政規律がおろそかになる、4、地域局をぶら下げて下請けにした。と感じている)組織機構改革」、また「複式簿記を取り入れた事業評価システムの予算書」、という大きな行政改革を行ったことですが、
 「組織が納得した改革でなければ、さらに人(職員)自身が意識改革をしなければ何も変わらず、むしろ組織がバラバラ、一人一人のパフォーマンスが落ちます。」⇒まさに今はそのようになっているのではないでしょうか。
 3年前に市長は「組織に風穴を開ける。」と宣言をして、皆さんが新しい若い市長に改革を期待したことです。
 さてさて、、、
 
 P,S 住民と直接接する地域局の存在の大きさを改めて感じました。 「地域局に権限を持たせることが必要である。」と改めて思いました。
 そもそも合併協議会では、職員の配置を6:4で地域局:本庁であったのに、いつの間にか逆転して合併、その後地域局の職員数は減らされて今のような組織となっています。
 公民館を「地域交流センター化して、住民自治の方向に向かわせております」が、今の横手市の行政経営では、それで地域の多様な問題が解決するとは思えません。
 「お役人の仕事」、申し訳ないですけど、一部の事業部署を除いて、楽をしているように見えてしまってます。



# by masahirogenki | 2016-07-28 11:05 | 活動報告

連日の好天~夏到来~

 
e0317698_19295223.jpg
今日(7月24日) 横手市消防訓練大会 平鹿消防団第2分団第5部の規律訓練
 
e0317698_19325951.jpg
 平鹿消防団第1分団第6部の小型ポンプ操法 見事第2位の成績でした。
 
e0317698_1937116.jpg
 昨日(7月23日)は駒ヶ岳登山 ニッコウキスゲが出迎えてくれました。

 
e0317698_1937245.jpg
 写真ではちょっと良く分かりませんが、コマクサの大群生。黒い火山砂礫にピンクのじゅうたんなんですが、ガラケの写真では、写らないようです。

 
e0317698_19375862.jpg
一昨日(7月22日)は小安温泉までの自転車トレーニング。 夏休みが始まったようで、早速親子でキャンプを楽しんでいました。 いいな~。

 陽気に誘われ時間があったので、連日遊んできました。
 22日は、自転車の小安温泉コース(約60キロ)は私のお気に入りの一つですが、今年初のライドでした。以前よりも坂を早く、楽に登れるようになったので、少しは筋力がついたようです。 単に追い風の応援があったからだけかも、ですが。

 23日は、久しぶりの駒ヶ岳登山は、天気に恵まれて、また、たくさんの花が咲いていて、楽しい登山でした。ゆっくりした登山は初めてで、駒ヶ岳の奥の深さを知り、「何度でも行きたい山」となりました。余裕のある登山はこんなに楽しいんですね。横岳はビビりましたが、、、 駒ヶ岳、初めての方から中上級者までお勧めです。

 今日(7月24日)の横手市消防訓練大会は、各地域から勝ち抜いた代表の皆さんにはお疲れ様でした。審査長からあったように、さすがにどの団も素晴らしい訓練の成果でありました。 県大会出場の団の皆さんには引き続き仕事を持ちながらの訓練となりますが、どうか横手市の代表として頑張って下さい。
 いよいよ本格的な夏ですね。
 スイカは高値で、出足が良いようです。枝豆も本格的な出荷が始まります。 夏は夏らしくが一番です。


# by masahirogenki | 2016-07-24 20:44 | 思うこと

議会報告会~中間報告~

e0317698_7584555.jpg
7月19日 金沢公民館 

e0317698_759492.jpg
7月20日 サンサン横手(横手西地区)

e0317698_7591976.jpg
7月21日 吉田生涯学習センター

 「第5回横手市議会議会報告会&意見交換会」が始まり、我々3班は昨日まで3か所で行いました。

 初日、金沢地区ではたくさんの方が参加してくれました。どのような質問がくるのか、緊張しました。当局側の気持ちもこんな感じなのかな、と思い、「分かり易い質問をしなければ、」と相手側の気持ちが理解できました。
 どこの会場でも、「横手アリーナ」が話題となりましたが、賛否両論、様々な質問、意見が出されました。
 「今さら決まったことを報告してどうなんだ?」 昨日吉田地区での意見です。
 全くその通りであって、「このような意見交換の場を先ず最初に行うべきであった。」と改めて思った次第です。
 昨年9月議会で市長に対して、「先ずは市民に対しての説明をするべきだ。」と議会側からあれだけ議論されたにもかかわらず、今年3月議会まで「市民に対して全く何もせずに、調査費の予算計上は、順番を間違った経営であった。」ことです。⇒議会が先行して行えないでしょ。
 今後、老朽化し、建て替えも検討しなければならない施設をどうするのか?市民要望を見極めた行政需要の把握のためには、「FM計画の正確さ、推進」が「強い政治決断」で実行されなければ、前に進まれません。
 今回から、「議員の私的な考えを述べることができる。」ようになり、市民との意見交換は、これまでより中身が濃くなり、市民の皆様に「議会の思い」が伝わっているのでは、と期待しております。
 私は、短く説明するように、気をつけます。「当局側の大変さ」に頭が下がります。
 あと2ヵ所、3班の皆さん、頑張りましょう!


# by masahirogenki | 2016-07-22 08:05 | 活動報告

第26回あやめ杯民謡大会

e0317698_5102413.jpg
今年から秋田ふるさと農協にもご協力頂いております。

e0317698_511068.jpg
昨年度、第25回記念大会 一般の部優勝者の三谷早苗さん 北海道札幌市からお出で頂きました。

e0317698_5112798.jpg
年少の部の出場者 16名が参加して、東成瀬村の谷藤翔太君が見事2連覇でした。

e0317698_5114863.jpg
一般の部優勝者は高橋貞子さん(大仙市) 秋田長持唄は沁みました。

 昨日(7月19日)は、平鹿生涯学習センター講堂で第26回あやめ杯民謡大会が行われました。実行委員長の伊藤隆志さんをはじめ、あやめ会、小田島会の皆さん、他の民謡団体の皆さん、秋田県民謡協会理事長の王藤正蔵さん、秋田県民謡協会常任理事の佐藤祐幸さん、市職員(地域局)の皆さんのご協力で、毎年のことながら賑やかに、華やかに、厳正に、何より満席(350席)の会場の皆さんと一体となって楽しんだ一日でした。
 今年の出場者は一般の部が72名、年少の部が16名、高年の部が17名、合計105名の参加者で、全国的にも珍しいくらいの多い参加者であったそうです。秋田県内はもちろん、県外からも多くの方にご参加頂いております。静岡県からご参加頂いた方は3年連続で「遠方者賞」を受賞されました。昨年声をかけて頂き、「来年も是非来てください。」とお願いしましたが、「約束を果たして頂き」今年も声をかけて頂きました。私のブログを見ていてくれているそうで、ありがとうございます。
 「民謡はソールミュージック」ですよ。心に響き、沁みます。
 この大会、横手市の「大きな財産」であると思います。
 「秋田民謡が唄い継がれていく「感性を持つ人を育てる」環境」を作っていかなければなりません。 
  皆様、お疲れ様でした。

P,S 今日(7月19日)から27日まで第5回議会報告会が開催されます。私ども3班は今日は、金沢公民館、午後7時からです。7月15日発行の「議会だより」に詳しい日程が載っております。どこに参加されてもいいので、「意見交換」を行いましょう! 今週も予定がびっしりですが、「民謡で充電できたので」頑張ります!!

# by masahirogenki | 2016-07-19 06:09 | 活動報告

お役人の仕事・議員の仕事

e0317698_1839326.jpg
本荘マリーナ オープン準備で、迎える準備を進めていました。

e0317698_18392962.jpg
昨日(7月12日)平鹿町~羽後町~R107~R105~大森~雄物川ルート140キロこいできました。しっかり日焼け止めをスプレーしたのに、ヒリヒリです。2キロ体重が減っていました。
e0317698_18395432.jpg
以前合同練習会途中、おじゃました霜月神楽殿前

 お役人の仕事の醍醐味は、「社会のために挑戦できること」、ある程度待遇が安定しているため、「公のための挑戦」が可能で、結果「多くの人が幸せになり、困っていた人が安心出来て笑顔になる」ことであるとの趣旨のブログがありました。この方のブログ、以前から気になって、毎日見ています。
 その通り!!ですよ。
 「お役人がお役人仕事のまま、責任を民間のように問われないまま、ただ与えられた事務を「間違いなくこなす」だけの仕事なら、こんな「つまらん仕事ないでしょ!!」
 複式簿記の考え方などを導入して、意識改革の環境のチャンネルがたくさんあるのに、今も、「お役人仕事」のままで、「本当につまらん仕事ばっかりしている」ように見えて、気の毒に思います。 ⇒「人のふんどしで、相手の取り口に合わせて相撲をとっている」のは、横手市の政策か?「横手アリーナ」を提案するぐらいの気持ちがあったら、独自に「横手市民が幸せになる」ソフト事業を大胆に提案したらどうだ。

 議員の仕事って?
 お役人の懐にたくさんのお金がずっとあるのであれば、基本、議員はいらないんじゃないのかな、と思います。内部、外部の監査が独立性を保っていれば、お役人だけでも、「政策をつくり、順番に事業を進めていけば、「公の幸せは公平に行き渡る」と思います。 
 だってお役人は元々優秀ですから。
 ではなぜ我々議員が必要なのか?
 「お金が無いから。」突き詰めれば。 誰もが(ちょっとだけ順番を待っていれば)公平に幸せになる、ことが出来ないから。⇒政治は弱い立場の人のためにある!と思います。
 お役人が、お金、投資の優先順位の順番や、投資額の妥当性などを自分たちだけで判断するのはあまりに酷なことであり、きっと政策を作るエネルギーが分散されて、いい仕事が出来ない。⇒だって「責任」「責任者」ということには、うとい方々ですから。
 「市民の代弁者」である我々議員が決断することが必要です。
  「行政と議会は車の両輪」
 お役人がやりたいことを我々議員が(いい、悪いは別にして)政策、事業の中身を理解して、「(ただの市民のメッセンジャーでは無く)自分が議員としての決断をして可否を決める。」 ⇒ 有権者である市民は「選挙の時だけでなく」、普段から「自分が選んだ議員がどんな仕事をしているのか、もっと関心を持つ」ことがより良い「公の幸せ」につながり、皆さんが笑顔になれることに、気がつくべきです。
 また、「議員も今の時代に即した政策をお役人と一緒に作る。」ことが市民の幸せに結びつきます。 ⇒だから、普段からのお互いの信頼関係が重要です。(世の中、みんなそうですよね。)

 PS 私らの年代は公務員志向は今ほどありませんでした。民間の方が待遇がずっと良かったです。時代がそうなのか。 なんぼバッシングの対象でも、「もう少しきがねお役人」を期待しております。
 議員もバッシングの対象です。
 お互い、共通点を共有して、お互いの共通の目的のために、「きがねぐ」して「より良く」するために「挑戦」していきましようよ!!
 


# by masahirogenki | 2016-07-13 19:39 | 思うこと

お役人の仕事&国会議員の仕事~法律を作る(変える)~

 明日(7月10日)が参議院選挙の投票日ですね。

 全く盛り上がらない選挙戦です。 参議院ってそもそも、、、、
 昨日田んぼで、専業農家の同級生と久しぶりに会い、「熱く安倍政権を非難する」彼の話を伺いました。
 「アベノミクス」は、けんもほろろに打ち捨てられ、怒りは横手市の農政にも向けられました。彼も、国の補助事業にトラクターの更新を申請していたようですが、「横手市で1件も採択されなかった、大仙市は多数採択されたのに。職員の能力を疑う。」と荒げました。
 話はどんどんヒートアップしましたが、「切実な農家の声」であると思います。
 「野党じゃ頼りないし、、、」 今の選挙の盛り上がらない答えを最後にお互い農作業に戻りました。

 さて、「三年三耕作」という言葉を知っていますか。これは農地法第3条に基づく「農地を農地として売買、貸し借りを行う場合」に許可を得た後、転用するのに必要な基準です。
 この「三年三耕作」は、「農地を資産保有、または投資の対象とする権利取得を防ぐ」ことを目的としたもので、「移動があったら三年間は農地として使うこと、実績が必要」とされています。
 三年後(三作後)、「農地を農地以外にする。」いわゆる農地転用許可には、農地法第4条、第5条が適用されます。

 「三年三耕作」はバブル期に行われた「土地ころがし」を防止して農地を守るためであることですが、農業現場ではそぐわない、不具合が発生しています。
 佐竹知事が「米では飯が食えない。園芸作物への転換が必要」と多大な税金を投入して、「園芸メガ団地」構想を進めている中にあって、やる気がある農家が行う「「農業用施設建設のための農地転用」は(3年後では無く、)直ぐに必要なこと」です。⇒お金を生み出せません!農家は日々経営を行っているのです!!
 
「農家または農業法人が農地を取得、移動し(第3条)、農地転用の希望があったら、直ぐに転用を許可し(第4条、第5条)、農業用施設を建設してもらい、そこで雇用を促してもらい、所得を増やしてもらい、横手市に税金を多く納めて頂く。」ことを応援するべきです。
 お役人の仕事は、「どうすればできるのか。」を目的に、創意工夫して仕事をして頂きたい。
 出来ないことをとうとうと言われても、「横手市が農林部を特化して作ったことってなに?」と疑問が増すだけです。
 大仙市で出来て、なぜ横手市で出来なかったのか?
 どうしても出来ない、「現場、現状に今の法律では不具合がある。」時は国会議員の仕事です。「法律を作る。」ことが目的なんだから。
 与野党に関係なく、「的確な法律を素早く作れる方を選べば一番いいことです。」

 PS 寿松木こう議員のブログにありましたが、自転車。 昨日久しぶりにゆぽぽ往復しましたが、参りました。「へろへろでやっと帰ってきましたよ。」迷惑をかけないように、トレーニングを続けなきゃ!


# by masahirogenki | 2016-07-09 09:17 | 思うこと

6月定例会終了&議会報告会

 昨日(6月29日)で、6月定例会が終了しました。
 全議案可決となりましたが、中身はぎくしゃくした両輪であり、議会側の「大人の対応、政治的な配慮」で、なんとか脱輪せずに通った、という印象を持っています。

 「税金の使われ方」を問うています。

 「横手市は一部の力がある市民の意見を実現させるために、「力尽くで議会を押し切る」ことから卒業しなければなりません。」

e0317698_115296.jpg


e0317698_11522532.jpg


 さて、7月19日から29日まで5回目となる「議会報告会」を行います。
 今回も地区会議の皆さん方との共催で、行います。
 これまでの反省から、1、市民の皆さんが最も関心があるであろう話題に絞る。2、市民の皆さん方の問い合わせや、意見交換の時間を多くとる。3、各議員自らの意見を述べることが出来る。としました。
 これは、今までは「議会としての報告」を重んじるあまり、市民の皆さん方からは、「単に市長側のメッセージを伝えるだけの場」となってしまい、議員との意見交換を期待していた参加者からは、「ものたりない、つまらない。」と映ってしまったからです。
 あまり自分の意見ばかりを言うと、「単なる議員個人の選挙運動、パフォーマンス」になりかねない恐れはありますが、今回から「議員個人の意見を述べることができる。」ように改めました。
 皆さん、是非お出で下さい。
 「皆さん方の税金をどのように使って欲しいのか?求めている行政サービスは何なのか?議員に対する意見、期待などをお聞かせ頂きたいです。」   


# by masahirogenki | 2016-06-30 12:17 | 活動報告

あやめ祭り開会&補助金に思う

e0317698_7492655.jpg
見ごろを迎えた浅舞公園のあやめ(はなしょうぶ)

e0317698_7494299.jpg
テントが並びお祭りの準備がすっかりできています。
e0317698_1322226.jpg
地元産食材を使った「ままけぇ弁当」。ボリュームもあり、とても美味しいです。700円(税込) 表紙は小学生が描いた絵です。ええんしな。

 今日(6月25日)から7月3日(日)まで、平鹿町の浅舞公園で「あやめまつり」が開催されます。
 あやめは管理が大変で、維持管理費がかさむことから、これだけの規模での「あやめ公園」はそんなに多くはありません。東北最大級です。訪れた方々は皆さん、規模に驚いて、豪華さに感動しております。
 余り暑くも無く、寒くも無く、あやめを見るにはちょうどよい「あやめ空」です。皆さん、いらして下さい。名物「あやめだんご」「ながまんじゅう」もええんしよ!!

 さて、6月議会は上程、一般質問、委員会審査が終了し、来週の最終日、委員長報告、本会議を残すだけの日程となっております。
 毎回スムーズにいかない案件が上程されて、「当局は議会をどのように理解されているのか、思うに、自分たちが持っている権限を押し通すことが、市政運営として正しいと信仰しているから。」
 1000人を超える職員がいるから、「頂点からの指示がきちんと行き渡らなければならない、」とあまりに(ロンリーウルフか空気が読めないで、)頑張り過ぎなのか、あるいはやっぱりトップのかじ取りの不調さなのか、極極限られた方の権限を持った発言のみで議会に提案されているようでは、全く健全な組織とは言い難い、と感じています。
 幹部職員になるためには、「だんだん口数を減らす。」「イエスマンに徹する。」「人事評価指針に合わせる。」「自らの意見、考えを述べない。」ことですよ~。となっているからか、せっかくの資質を持っている職員が育っていない。埋もれてしまった。管理者になってしまって大変難儀をしておられる、組織が生き生きとしていない、と感じています。

 「94回も続いたあやめマラソン」、今回から中止です。一番の大きな理由は削られ続けてきた大会運営費補助金、40万円が打ち切られたことからです。「市長は、私は続けて欲しかったので、残念だ。」と発言されました。???どうも、市長よりも権力がある方がおられるようです。
 昨年市の補助金について監査いたしました。あまりにも多くの補助金の交付があり、限られた人員、日程なので、絞って監査しました。市民の皆さん、ほぼ全ての方が何らかの補助金に関わっていると思います。市の厳しい財政事情から、「補助金に関する指針」が示され、打ち切りや、減額が行われています。市民と直接接する現場担当職員は苦労して市民に理解を求めております。市民の皆さん方には、ご理解頂き、毎年予算のやりくりを難儀されていることと思います。
 一方で、今回商工会議所などが行う「商品券発行事業」に300万円の補助金、補正予算が提案されております。
 趣旨に対しては理解するものです。しかしながら、総会等で28年度事業計画案、予算案には無かった事業が突然行われることになり、それに対しての補助金交付です。商議所等には事業運営費補助金が当初で交付済みです。本来この予算の範囲内で、事業計画を立てて、計画的に事業を行うべきであり、どうしても予算が足りない時は、事業の趣旨に鑑み、事前に当局側と協議をして28年度事業計画案にのせ、追加予算を当初で提案するべきことです。⇒職員の資質が問われます。
 「どうとでもなる。」とする提案は、「権力、立場を信仰する方」の「議会軽視」、ひいては「組織崩壊」への階段を登っているように感じます。
 「横手市に税金払いたく無くなった。」昨日ある企業経営者に言われました。続けて、「まさひろ、おめだもたぎゃ(高い)税金もらっているなだべ。もらった税金ぐらいの仕事しぇよ!!」 「んだしな。」その通りです。議会はもますつもりは毛頭ありません。
 「当局と議会は車の両輪とたとえられます。」
 「それは運転手が目的地に正しく運転していることがあってのことです。」  


# by masahirogenki | 2016-06-25 10:01 | 思うこと

一般質問始まる~6月定例会~

e0317698_838059.jpg


 昨日(6月20日)から一般質問が始まりました。今回は12名の議員が登壇いたします。

 「ロールプレイング」、それぞれの役割を演じて、「現場での気づき」を促す、研修メニューの一つです。最近は仮想ゲームなどで聞く言葉となりましたね。

 大学時代(35年ほど前)、アルバイト先のホテルの毎日の打ち合わせの中で、外国人がエレベーターからレストランに向かって降りて来たことの想定とか、様々な想定で、英会話のロールプレイングを行っていました。
 就職してからも、ロールプレイングは頻繁に行われました。
 「演じている(当事者の)時は、夢中で何が何やらさっぱり分かりませんが、相手側(聞く側、顧客側)の時は、「今ここをつっこまれたら、相手に同調して、買ってしまうな。」と思うことがしばしばありました。

 スーパーバイザー(監視役、観察者役)の時は本当によく見えました。「今ここがポイント」と「気づき」を経験します。
 一般質問、「多くの気づきがあり、参考になり、勉強になります。」 今後に生かしたいといつも思っているのですが、当事者となると、「興奮してしまい、反省の連続です。」
 皆さんの素晴らしい一般質問を見ていると、「後に続きたくなります!」
 


# by masahirogenki | 2016-06-21 09:03 | 活動報告

平成優勝祝賀会~バスケットボール~

e0317698_8565797.jpg
会場前で選手たちがお出迎えをしてくれました。

e0317698_8571380.jpg
選手たちが勢ぞろいして、大会報告です。この後選手たちが退場してから、盛大な祝宴が行われました。

e0317698_857267.jpg
48年ぶりに平成に渡った優勝旗

 昨日(6月18日)は、平成高校バスケットボールの全県総体優勝祝賀会があり、シュートクラブの一員として出席してきました。選手の家族、学校職員、シュートクラブなど関係する方々が参加しての盛大な祝賀会でした。
 会場には報道された優勝した瞬間のビデオが流された他、どなたかが撮影した決勝試合の様子が流れ、平成のシュートが決まるたびに歓声と拍手がビデオと祝賀会場、両方で起こり、皆さんご満悦でした。
 100点ゲームで堂々と優勝したことは、改めて感動いたしました。
 おめでとうございます!!
 インターハイ、平成は注目されると思います。「監督の指示、指導」で一人一人が気がつき、「悔いを残さない」ように、「平成バスケ」を発揮して下さい。
 シュートクラブのおじさん達は今回の祝賀会は全員参加となりました。話題は広島で行われるインターハイに応援にかけつけられるメンバーと、交通手段をどうするか、ということで盛り上がりました。
 今後もおじさん達は平成はもちろん、バスケットボールを応援し続けます。
 「平成のバスケットに入れば、インターハイに行ける。」ことがスポ小からの大きな支え、目標となり、増々この地のバスケットが盛んになることでしょう。
 保護者も送り迎えなどずっと大変な毎日ですが、「関わる」「関わった」ことで、子供たちと一緒に感動できるものと思います。
 インターハイ出場となれば、大変な出費となり、資金が必要です。それが今後毎年のこととなります。教育行政、並びにまちづくり政策の充実を期待します。「スポーツ立県あきた」「スポーツ立市よこて」を掲げているのですから。
 皆さんで応援しましょう!!これも「スポーツ立市よこて」の理念です。


# by masahirogenki | 2016-06-19 09:52 | その他

6月定例会開会~不測の事態?日数?~

 昨日(6月13日)6月定例会が開会しました。
 6月は国保議会とも呼ばれておりますが、これは4月に所得税等が確定したのを受けて、税率が確定したこと、前年度の実績が確定したことから3月定例会時の暫定予算を補正して本予算とする時期であるからです。

 さて、もう一つの特徴的なことは、3月31日付で「専決処分」した条例改正の承認を求める、ことと、
当年度(27年度)に予算があるが、執行途中で、次年度(28年度)に予算が繰り越された計算書の報告の承認を求めることがあります。
 「専決処分」とは、「議会を開くいとまがない時」に市長が行える手続きです。「議会招集権」は市長にありますので、議会側から「議長が議会を開く」ことは基本的に出来ません。以前どっかの市長が専決処分を乱発して、辞任に追い込まれたことがありましたね。
 「やむをえない事情」、大抵は国の法律改正と予算執行に伴うことです。国の役人は地方を一律に、自分たちに都合よくみていて、地方それぞれの事情には配慮がありません。
 例を挙げると、道路整備です。国からの予算は8月以降に入ってくることから、工事は10月頃から。降雪の時期となり、工期が予定より遅れることがたびたびあります。「全国市議会議長会」では、国に文書で、予算執行を速めて、降雪期前に道路工事が終われるように要請をしていますが、未だに改善されておりません。
 
e0317698_8103927.jpg
平成27年度横手市一般会計繰越明許費繰越計算書

 このようなことと国の突然の補正予算で、年度内に事業執行が終わらせられなかった、「しょうがない」場合を除き、
 「不測の事態が生じた、不測の日数を要した。」という理由は、「役所内だけ、お役人様だけの当たり前の言い訳」であり、世間の常識では許されるものではありません。
 「官の常識は民の非常識」
 「皆さんはなぜ、なんのために仕事をしているのでしょうか?」
 私は若い頃、外資系の会社員でしたが、「結果が全てであり、評価は結果次第」でした。プロセスや今の途中経過は、評価の対象ではありませんでした。ほとんどの企業はそうであると思います。
 「行政が結果に責任をとっている姿は、未だに見たことがありません。」
 官僚政治の模倣がはびこっている組織には、あまりピンとこないとは思いますが、、、  


# by masahirogenki | 2016-06-14 10:34

やった!!平成全県優勝!!

 平成高校のバスケットが全県総体で、初勝利しましたね。
 「打倒、能代工業」を目標にしてきて、昨年の全県新人戦は初勝利で優勝し、この度は全県総体で、能代工業を100点ゲームで、完璧な勝利を収めました。
 「おめでとうございます。」
 秋田県高校男子バスケットで、能代工業の長い連覇の歴史をぬり変えました。
 今後は、新しく平成のバスケットの歴史と伝統を築いていって欲しいです。
 県南地区はバスケットの盛んな地区です。今大会はわが母校、湯沢高校も大健闘しました。
 子供たちの頑張りは地域を元気にしてくれ、地域を刺激し、地域を心豊かにしてくれます。
 「感動は、きっかけとなり、その広がりは大きな力となって、地域を発展せる力(環境、雰囲気)を醸し出します。」
 我々大人たちは次世代に間違いの無い(これまでの環境とは大きく異なり、当然新しい発想での)、今の選択(投資)をし、出来る限り負債を減らしてバトンタッチをしなければなりません。
 「何を残したらいいの?何を残しちゃいけないの?」
 大人たちの責任です!

 この子たちが将来ここの地を担ってくれるように、ここに住みたいと思ってくれるようにしなければなりません。
 「平成高校バスケットボール選手の皆さん、この後も努力を続けて、その「努力が報いられる」ということをさらに実感して、成長して下さい。後に続く後輩たちに、貴重な体験を伝えて、伝統を築いていって下さい。応援します。」
e0317698_12273459.jpg
 優勝祝賀会の案内状が届きました。是非参加して、勝利をともに喜び、インターハイの激励をしたい思います。

# by masahirogenki | 2016-06-10 12:36 | その他

胸糞悪い!舛添会見!!

 なんだ、あの人を馬鹿にしている会見は!!
 たった46.14%、過去3番目の低さの投票率で当選した都知事です。
 あのような人を馬鹿にしている発言は見かたを変えれば、当然なのかもしれません。
 ちょっと顔が売れて、組織票があれば当選してしまう仕組みがあのような発言を生み出すのです。
 (自分は)選挙で選ばれた人ですから。⇒ 法に則った知事であり、皆さんの選択です。
 「有権者のレベル以上の政治は出来ない。」と言われています。

 筋書通りの結論でした。⇒ 法に触れてはいないという識見者(顧問弁護士)の報告を受けて、「今後は襟を正す。」と平謝り。
 最も吐き気が出そうなのは、この後の筋書、過半数を占める都議会与党議員の対応の想像です。「マスコミの方が厳しい的確な質問をしているんじゃないの。」 
 都議会議員として、人としてプライドを持って、都民の代弁者になって頂きたい。 
 パフォーマンスでごまかすなよ!!
 都議会で「政治資金規正法違反」はもとより「詐欺罪、偽証罪」を視野に入れて、自ら調査特別委員会の設置は当たり前のことです。「仮に法には触れていない、という結論になっても、都知事としてあるまじき行為であり、品位、資質に欠けていることを議会で明白にするべき。」ことです。⇒新興国一国の予算より東京都の予算規模は大きいんですよ。余りにこまいでしょ。 情けない!
 「辞職勧告決議案、不信任案」、当然あってしかるべきです。⇒与党は何故反対であるのか、反対の理由を的確に有権者に説明する義務があります。議員生命をかけて、覚悟を持って、党に隠れないで、「個人」として表明するべきだ!
 
 「政治的配慮よりも政治への信頼、期待を取り戻す。」ことが今の日本には必要でしょ。
  国会議員、各首長、議員に有利な法律は改めるべきです。
 甘利大臣も立件されませんでしたね。⇒後出し、訂正、自腹を出す(返す)と、単なる勘違い?解釈の違い?  
 今回の舛添都知事、完全にアウトでしょ、政治家として。⇒信頼を無くしたんだから。
 よく厚顔厚くして、都知事の椅子に座っていられるものですよ。⇒良心、道義的責任は感じないのか?!
 世論がなめられないようにしたいものです。
 選んだ最高責任者として有権者の行動も問われることです。
 誰に最も責任があるのか。  
 一番無責任なのは、果たして誰なのか?

 


# by masahirogenki | 2016-06-06 18:50 | 思うこと

平鹿地域情報交換会&横手市水防訓練

e0317698_46215.jpg
新たなメンバーによる平鹿地域情報交換会

 6月3日は、平鹿地域局と地元出身議員との情報交換会がありました。4月からの人事異動で、新しいメンバーによる会議です。それぞれの担当職員の方々の説明は分かり易く、よくまとめられておりました。
 「政策会議」のような発言の無い「連絡会」ではない活発な意見交換が出来ております。
 本課との情報、調整を密にして、「現場の声」を届けて頂きたいと思います。

e0317698_463029.jpg
十文字地域で行われた水防訓練。土のう作りと積み方の訓練の様子。

e0317698_464559.jpg
堤防に展開されたそれぞれの工法。大雄消防団による伝統的な「川倉工法」の作業を皆さんでテントの中から見学中です。

 
 6月4日は、横手市水防訓練に参加しました。多くの消防団員、消防本部、地域局関係者などの参加を得て、訓練が行われました。
 昨年の関東地区の豪雨災害、現在はパリの水害など大雨、ゲリラ豪雨は頻繁に発生しています。土のう入れや、土のう積は、横手市では災害未然防止のために消防団が度々行っています。
 日頃から確かな技術、安全確保の訓練を行っているからこそ、「いざという時に、スムーズに行える。」ことです。
 皆様、お疲れ様でした。今年も消防訓練大会の時期となりました。怪我に注意して、団結力を高めて下さい。


# by masahirogenki | 2016-06-05 04:49 | 活動報告
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line