<   2016年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


ひらか荘納涼七夕祭り

e0317698_15561774.jpg
 ほとんどの入所者が参加したとのこと。ひらか荘一番のイベントで、皆さん楽しそうでした。職員の皆さん、お疲れ様でした。前では、鍋倉太鼓のオープニングが行われています。 

e0317698_15563571.jpg
七夕飾りが雰囲気を盛り上げています。

 7月28日は、ひらか荘の七夕納涼祭があり、出席してきました。天気が不安定で、直前まで雨が降ったりして、開催決定の決断に苦労されたことと思います。
 入所者のほとんどの方が外に出て、参加したとのことで、職員の皆さんは難儀をされたことですが、皆さん歌や太鼓に合わせて手拍子をとったり、踊ったりして楽しそうにされておりました。途中雨が降ってきてしまいましたが、イベントは盛り上がりました。
 ひらか荘は築47年と、老朽化が著しい建物ですが、古くて、部屋が狭いことから、良い面もあります。それは、部屋が狭いため、皆さんは廊下の椅子に座っておしゃべりをしています。広い個室が無いためそうせざるを得ないのですが、一人でぼーとしていることが無いため、みなさん、元気です。新しい施設には、是非ともこの良さを取り入れる工夫をして頂きたいものです。

 P、S 納涼祭出席前に自転車で60キロほど、こいできました。途中雨ふり、腿が痛いような、あられ交じりかな?の雨になりましたが、気持ち良かったです。折り返し地点の「菅原神社」に携帯を持ってうろうろしている「あやしげに見えるわぎゃもの」がいました。話題のポケモンゴーなのかも。 くれぐれも車を運転しながらはやめて下さいよ。交通弱者からは、怖い存在です。 事故が起きないか、心配ですね。
 ということで、納涼祭の生ビールのうまいことといったら、、、 ごちそう様でした。たくさん飲んでしまいました。ありがとうございました。


by masahirogenki | 2016-07-30 16:33 | 活動報告

議会報告会終了~3班~

e0317698_10111914.jpg
26日 横手南、北地区合同 かまくら館

e0317698_101150100.jpg
27日 朝倉地区 あさくら館

 昨日(7月27日 私の58歳の誕生日)で、我々3班の議会報告会が終了して、ほっとしております。
 私は横手南、北地区以外の4カ所は初めての場所でした。合併した横手市、やはり大きいです。

 これまでは議会報告会ですので、当然といえば当然ですが、「議員に対しての批判が多かった。」のですが、今回は「市長、職員に対しての批判が多かった。」ように感じました。
 こちらからのテーマがいずれも3月議会で予算を反対、修正した「横手アリーナ建設事業」と「農業創生大学事業」であったからかもしれませんが、それだけではないように感じました。
 各会場には職員の方々も参加されていたので、どのように感じられたことでしょうか。

 「想像できる力」「総合的な人間力とコミュニケーション能力」「問題を解決できる能力」をさらにつけることが必要です。
 「(1、中央集権的、2、似たような仕事をわざわざ3課作って無駄、3、財政規律がおろそかになる、4、地域局をぶら下げて下請けにした。と感じている)組織機構改革」、また「複式簿記を取り入れた事業評価システムの予算書」、という大きな行政改革を行ったことですが、
 「組織が納得した改革でなければ、さらに人(職員)自身が意識改革をしなければ何も変わらず、むしろ組織がバラバラ、一人一人のパフォーマンスが落ちます。」⇒まさに今はそのようになっているのではないでしょうか。
 3年前に市長は「組織に風穴を開ける。」と宣言をして、皆さんが新しい若い市長に改革を期待したことです。
 さてさて、、、
 
 P,S 住民と直接接する地域局の存在の大きさを改めて感じました。 「地域局に権限を持たせることが必要である。」と改めて思いました。
 そもそも合併協議会では、職員の配置を6:4で地域局:本庁であったのに、いつの間にか逆転して合併、その後地域局の職員数は減らされて今のような組織となっています。
 公民館を「地域交流センター化して、住民自治の方向に向かわせております」が、今の横手市の行政経営では、それで地域の多様な問題が解決するとは思えません。
 「お役人の仕事」、申し訳ないですけど、一部の事業部署を除いて、楽をしているように見えてしまってます。



by masahirogenki | 2016-07-28 11:05 | 活動報告

連日の好天~夏到来~

 
e0317698_19295223.jpg
今日(7月24日) 横手市消防訓練大会 平鹿消防団第2分団第5部の規律訓練
 
e0317698_19325951.jpg
 平鹿消防団第1分団第6部の小型ポンプ操法 見事第2位の成績でした。
 
e0317698_1937116.jpg
 昨日(7月23日)は駒ヶ岳登山 ニッコウキスゲが出迎えてくれました。

 
e0317698_1937245.jpg
 写真ではちょっと良く分かりませんが、コマクサの大群生。黒い火山砂礫にピンクのじゅうたんなんですが、ガラケの写真では、写らないようです。

 
e0317698_19375862.jpg
一昨日(7月22日)は小安温泉までの自転車トレーニング。 夏休みが始まったようで、早速親子でキャンプを楽しんでいました。 いいな~。

 陽気に誘われ時間があったので、連日遊んできました。
 22日は、自転車の小安温泉コース(約60キロ)は私のお気に入りの一つですが、今年初のライドでした。以前よりも坂を早く、楽に登れるようになったので、少しは筋力がついたようです。 単に追い風の応援があったからだけかも、ですが。

 23日は、久しぶりの駒ヶ岳登山は、天気に恵まれて、また、たくさんの花が咲いていて、楽しい登山でした。ゆっくりした登山は初めてで、駒ヶ岳の奥の深さを知り、「何度でも行きたい山」となりました。余裕のある登山はこんなに楽しいんですね。横岳はビビりましたが、、、 駒ヶ岳、初めての方から中上級者までお勧めです。

 今日(7月24日)の横手市消防訓練大会は、各地域から勝ち抜いた代表の皆さんにはお疲れ様でした。審査長からあったように、さすがにどの団も素晴らしい訓練の成果でありました。 県大会出場の団の皆さんには引き続き仕事を持ちながらの訓練となりますが、どうか横手市の代表として頑張って下さい。
 いよいよ本格的な夏ですね。
 スイカは高値で、出足が良いようです。枝豆も本格的な出荷が始まります。 夏は夏らしくが一番です。


by masahirogenki | 2016-07-24 20:44 | 思うこと

議会報告会~中間報告~

e0317698_7584555.jpg
7月19日 金沢公民館 

e0317698_759492.jpg
7月20日 サンサン横手(横手西地区)

e0317698_7591976.jpg
7月21日 吉田生涯学習センター

 「第5回横手市議会議会報告会&意見交換会」が始まり、我々3班は昨日まで3か所で行いました。

 初日、金沢地区ではたくさんの方が参加してくれました。どのような質問がくるのか、緊張しました。当局側の気持ちもこんな感じなのかな、と思い、「分かり易い質問をしなければ、」と相手側の気持ちが理解できました。
 どこの会場でも、「横手アリーナ」が話題となりましたが、賛否両論、様々な質問、意見が出されました。
 「今さら決まったことを報告してどうなんだ?」 昨日吉田地区での意見です。
 全くその通りであって、「このような意見交換の場を先ず最初に行うべきであった。」と改めて思った次第です。
 昨年9月議会で市長に対して、「先ずは市民に対しての説明をするべきだ。」と議会側からあれだけ議論されたにもかかわらず、今年3月議会まで「市民に対して全く何もせずに、調査費の予算計上は、順番を間違った経営であった。」ことです。⇒議会が先行して行えないでしょ。
 今後、老朽化し、建て替えも検討しなければならない施設をどうするのか?市民要望を見極めた行政需要の把握のためには、「FM計画の正確さ、推進」が「強い政治決断」で実行されなければ、前に進まれません。
 今回から、「議員の私的な考えを述べることができる。」ようになり、市民との意見交換は、これまでより中身が濃くなり、市民の皆様に「議会の思い」が伝わっているのでは、と期待しております。
 私は、短く説明するように、気をつけます。「当局側の大変さ」に頭が下がります。
 あと2ヵ所、3班の皆さん、頑張りましょう!


by masahirogenki | 2016-07-22 08:05 | 活動報告

第26回あやめ杯民謡大会

e0317698_5102413.jpg
今年から秋田ふるさと農協にもご協力頂いております。

e0317698_511068.jpg
昨年度、第25回記念大会 一般の部優勝者の三谷早苗さん 北海道札幌市からお出で頂きました。

e0317698_5112798.jpg
年少の部の出場者 16名が参加して、東成瀬村の谷藤翔太君が見事2連覇でした。

e0317698_5114863.jpg
一般の部優勝者は高橋貞子さん(大仙市) 秋田長持唄は沁みました。

 昨日(7月19日)は、平鹿生涯学習センター講堂で第26回あやめ杯民謡大会が行われました。実行委員長の伊藤隆志さんをはじめ、あやめ会、小田島会の皆さん、他の民謡団体の皆さん、秋田県民謡協会理事長の王藤正蔵さん、秋田県民謡協会常任理事の佐藤祐幸さん、市職員(地域局)の皆さんのご協力で、毎年のことながら賑やかに、華やかに、厳正に、何より満席(350席)の会場の皆さんと一体となって楽しんだ一日でした。
 今年の出場者は一般の部が72名、年少の部が16名、高年の部が17名、合計105名の参加者で、全国的にも珍しいくらいの多い参加者であったそうです。秋田県内はもちろん、県外からも多くの方にご参加頂いております。静岡県からご参加頂いた方は3年連続で「遠方者賞」を受賞されました。昨年声をかけて頂き、「来年も是非来てください。」とお願いしましたが、「約束を果たして頂き」今年も声をかけて頂きました。私のブログを見ていてくれているそうで、ありがとうございます。
 「民謡はソールミュージック」ですよ。心に響き、沁みます。
 この大会、横手市の「大きな財産」であると思います。
 「秋田民謡が唄い継がれていく「感性を持つ人を育てる」環境」を作っていかなければなりません。 
  皆様、お疲れ様でした。

P,S 今日(7月19日)から27日まで第5回議会報告会が開催されます。私ども3班は今日は、金沢公民館、午後7時からです。7月15日発行の「議会だより」に詳しい日程が載っております。どこに参加されてもいいので、「意見交換」を行いましょう! 今週も予定がびっしりですが、「民謡で充電できたので」頑張ります!!

by masahirogenki | 2016-07-19 06:09 | 活動報告

お役人の仕事・議員の仕事

e0317698_1839326.jpg
本荘マリーナ オープン準備で、迎える準備を進めていました。

e0317698_18392962.jpg
昨日(7月12日)平鹿町~羽後町~R107~R105~大森~雄物川ルート140キロこいできました。しっかり日焼け止めをスプレーしたのに、ヒリヒリです。2キロ体重が減っていました。
e0317698_18395432.jpg
以前合同練習会途中、おじゃました霜月神楽殿前

 お役人の仕事の醍醐味は、「社会のために挑戦できること」、ある程度待遇が安定しているため、「公のための挑戦」が可能で、結果「多くの人が幸せになり、困っていた人が安心出来て笑顔になる」ことであるとの趣旨のブログがありました。この方のブログ、以前から気になって、毎日見ています。
 その通り!!ですよ。
 「お役人がお役人仕事のまま、責任を民間のように問われないまま、ただ与えられた事務を「間違いなくこなす」だけの仕事なら、こんな「つまらん仕事ないでしょ!!」
 複式簿記の考え方などを導入して、意識改革の環境のチャンネルがたくさんあるのに、今も、「お役人仕事」のままで、「本当につまらん仕事ばっかりしている」ように見えて、気の毒に思います。 ⇒「人のふんどしで、相手の取り口に合わせて相撲をとっている」のは、横手市の政策か?「横手アリーナ」を提案するぐらいの気持ちがあったら、独自に「横手市民が幸せになる」ソフト事業を大胆に提案したらどうだ。

 議員の仕事って?
 お役人の懐にたくさんのお金がずっとあるのであれば、基本、議員はいらないんじゃないのかな、と思います。内部、外部の監査が独立性を保っていれば、お役人だけでも、「政策をつくり、順番に事業を進めていけば、「公の幸せは公平に行き渡る」と思います。 
 だってお役人は元々優秀ですから。
 ではなぜ我々議員が必要なのか?
 「お金が無いから。」突き詰めれば。 誰もが(ちょっとだけ順番を待っていれば)公平に幸せになる、ことが出来ないから。⇒政治は弱い立場の人のためにある!と思います。
 お役人が、お金、投資の優先順位の順番や、投資額の妥当性などを自分たちだけで判断するのはあまりに酷なことであり、きっと政策を作るエネルギーが分散されて、いい仕事が出来ない。⇒だって「責任」「責任者」ということには、うとい方々ですから。
 「市民の代弁者」である我々議員が決断することが必要です。
  「行政と議会は車の両輪」
 お役人がやりたいことを我々議員が(いい、悪いは別にして)政策、事業の中身を理解して、「(ただの市民のメッセンジャーでは無く)自分が議員としての決断をして可否を決める。」 ⇒ 有権者である市民は「選挙の時だけでなく」、普段から「自分が選んだ議員がどんな仕事をしているのか、もっと関心を持つ」ことがより良い「公の幸せ」につながり、皆さんが笑顔になれることに、気がつくべきです。
 また、「議員も今の時代に即した政策をお役人と一緒に作る。」ことが市民の幸せに結びつきます。 ⇒だから、普段からのお互いの信頼関係が重要です。(世の中、みんなそうですよね。)

 PS 私らの年代は公務員志向は今ほどありませんでした。民間の方が待遇がずっと良かったです。時代がそうなのか。 なんぼバッシングの対象でも、「もう少しきがねお役人」を期待しております。
 議員もバッシングの対象です。
 お互い、共通点を共有して、お互いの共通の目的のために、「きがねぐ」して「より良く」するために「挑戦」していきましようよ!!
 


by masahirogenki | 2016-07-13 19:39 | 思うこと

お役人の仕事&国会議員の仕事~法律を作る(変える)~

 明日(7月10日)が参議院選挙の投票日ですね。

 全く盛り上がらない選挙戦です。 参議院ってそもそも、、、、
 昨日田んぼで、専業農家の同級生と久しぶりに会い、「熱く安倍政権を非難する」彼の話を伺いました。
 「アベノミクス」は、けんもほろろに打ち捨てられ、怒りは横手市の農政にも向けられました。彼も、国の補助事業にトラクターの更新を申請していたようですが、「横手市で1件も採択されなかった、大仙市は多数採択されたのに。職員の能力を疑う。」と荒げました。
 話はどんどんヒートアップしましたが、「切実な農家の声」であると思います。
 「野党じゃ頼りないし、、、」 今の選挙の盛り上がらない答えを最後にお互い農作業に戻りました。

 さて、「三年三耕作」という言葉を知っていますか。これは農地法第3条に基づく「農地を農地として売買、貸し借りを行う場合」に許可を得た後、転用するのに必要な基準です。
 この「三年三耕作」は、「農地を資産保有、または投資の対象とする権利取得を防ぐ」ことを目的としたもので、「移動があったら三年間は農地として使うこと、実績が必要」とされています。
 三年後(三作後)、「農地を農地以外にする。」いわゆる農地転用許可には、農地法第4条、第5条が適用されます。

 「三年三耕作」はバブル期に行われた「土地ころがし」を防止して農地を守るためであることですが、農業現場ではそぐわない、不具合が発生しています。
 佐竹知事が「米では飯が食えない。園芸作物への転換が必要」と多大な税金を投入して、「園芸メガ団地」構想を進めている中にあって、やる気がある農家が行う「「農業用施設建設のための農地転用」は(3年後では無く、)直ぐに必要なこと」です。⇒お金を生み出せません!農家は日々経営を行っているのです!!
 
「農家または農業法人が農地を取得、移動し(第3条)、農地転用の希望があったら、直ぐに転用を許可し(第4条、第5条)、農業用施設を建設してもらい、そこで雇用を促してもらい、所得を増やしてもらい、横手市に税金を多く納めて頂く。」ことを応援するべきです。
 お役人の仕事は、「どうすればできるのか。」を目的に、創意工夫して仕事をして頂きたい。
 出来ないことをとうとうと言われても、「横手市が農林部を特化して作ったことってなに?」と疑問が増すだけです。
 大仙市で出来て、なぜ横手市で出来なかったのか?
 どうしても出来ない、「現場、現状に今の法律では不具合がある。」時は国会議員の仕事です。「法律を作る。」ことが目的なんだから。
 与野党に関係なく、「的確な法律を素早く作れる方を選べば一番いいことです。」

 PS 寿松木こう議員のブログにありましたが、自転車。 昨日久しぶりにゆぽぽ往復しましたが、参りました。「へろへろでやっと帰ってきましたよ。」迷惑をかけないように、トレーニングを続けなきゃ!


by masahirogenki | 2016-07-09 09:17 | 思うこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line