<   2016年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧


土地改良区解散会・JA臨時総代会

e0317698_903088.jpg
 3月29日は、平鹿町土地改良区の解散会があり、出席してきました。これは、4月1日から、雄物川筋土地改良区に吸収合併と決定したことからです。平鹿町土地改良区は面積3,131ヘクタール、組合員数2,352人(3月現在)の組織で、合併した雄物川筋(10,617ヘクタール)の中で、最大です。
e0317698_904385.jpg
 県による指導とはいえ、平鹿町土地改良区は財務状況、職員体制がしっかりしている中にあって、「なぜ急ぐのか?」「なぜ吸収合併か?」という声が多数ありました。吸収合併となれば、「定款等の見直し」が必要な時は、「意見が通る」ような理事会となるのか、皆さん、不安を抱えての合併です。「5年、10年先に合併して良かった。」という組織運営を期待しております。ここにも、組合員の「合意形成」があったからこそ、の決断です。

e0317698_911642.jpg
 3月30日は、JA秋田ふるさと農協の臨時総代会があり、出席してきました。28年度の計画の承認、28年度から30年度までの3ヶ年計画の承認が主な案件です。TPPの大筋合意をうけて、さらなる厳しい農業情勢が予測されることから、組合長の「決意表明」は「覚悟」を感じるものでした。

e0317698_913420.jpg
 この地域にとって、JAはなくてはならない存在です。「准公共」ともいえるほど、各地域、集落にきめ細かく密着しています。一方で、経済団体でもあるし、金融機関、共済、福祉などの各種事業を行っていることから、多角経営のあり方を問われてもいます。
 「基幹産業は農業」と銘打っている横手市、JAとの連携をさらに強めて、「餅は餅屋」に委ねる政策の展開を期待するものです。


by masahirogenki | 2016-03-31 10:01 | 活動報告

蛭野部落総会・補助金申請

e0317698_8411486.jpg
 念願だった部落会館が昨年10月に完成しました。11月に祝賀会の案内を頂いたのですが、「東京平鹿町会」と重なり、出席できませんでした。今回初めて中に入りました。立派な会館です。

e0317698_8413215.jpg
 中はバリアフリーになっていて、水洗トイレ(ウオシュレット付)、エアコンを設置しています。女性の皆さんは、台所が綺麗で広くなり、使いやすくなったのが一番うれしいとのことでした。

e0317698_841507.jpg
 たくさんの方々が参加しています。

e0317698_842550.jpg


 昨日(3月27日)は蛭野部落総会にお招きを頂いて、出席してきました。念願だった部落会館が完成して、この管理、運営、費用をどのようにしていくのか、ということで、多くの時間をかけて皆さんで協議をしてました。
 多くの皆さんの意見がだんだんと一つの方向へまとまっていく、のを感じておりました。
 挨拶の時に申し上げましたが、「合意形成」が大切であり、部落の人たちが同意して納得したら、皆さんで協力して前に進むことが自分たちの部落を住み易くするし、発展するすることだと思います。
 自分たちの力で建設した「蛭野部落会館」、この建物が集落の絆を一層深めたシンボル的な存在となったものと思います。
 「合意形成」、重いキーワードです。

 「自治会会館」をどうするのか、どこの集落でも喫緊の課題です。
 役人の皆さんには、市民の相談を真摯に受け止めて、「どうすれば、(問題を)解決できるのか」「何が問題なのか」という視点で仕事をして頂きたいと願います。
 
 「お力になれず誠に残念ではありますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。」
 農林部から2回目の同じ中身の通知が国の補正予算実施要望者、全員に届きました。
 なぜか、横手市(美郷町と)だけが1件も採択にならなったようです。
 「実に大変残念な仕事ぶりです。」 
 副市長人事の時に、「国との情報交換、及び国への補助申請書類等を的確に作成できるように、職員に対して指導体制を作るための人事。」とのことではなかったのか。
 農林部を特化し、設置してから3年目、「基幹産業の農業の発展こそが横手市の発展に結びつく。」のではなかったのか。高橋市長の目玉政策であるのに、今回の件は、「こちらの方が」誠に残念でなりません。
 「大丈夫なの?」と心配にもなります。



by masahirogenki | 2016-03-28 09:37 | 活動報告

自治会総会・Jr、バスケ壮行会

e0317698_10461869.jpg
 下通り自治会の総会に出席してきました。この建物は「創作館」という40年以上前に建てられた公共施設で、今は自治会館として使われています。土地を市が借りて(えらい高い。)管理していることから、他の「公共施設の地元自治会への譲渡」のように簡単に出来ない事情があるようです。行政は「どうすれば出来るのか」という視点にたって、自治会の「自分たちのことは自分たちで何とかしようと住民同士の合意形成に努力している」ことに対して、FM計画の推進を進めて頂きたいものです。

e0317698_10475382.jpg
 「第29回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2016」の合同壮行会に出席してきました。今年は、横手市から男女の監督(昨年も)と女子スタッフの3名、選手は男子が3名、女子が2名の計8名が秋田県代表として、参加します。毎年県代表が横手市から出ることは、いかに横手市がバスケットの底力があり、応援している人たちが多いのかということの裏付けです。高校では、平成高校が、「打倒、能代工業!」を成し遂げ、これからは勝ち続けることが目標となったことです。強い中学生が目標を一つにして、地元で活躍することを期待しております。

e0317698_10484778.jpg
 みなさん、立派に大会にかける気持ちを表明しました。頑張ってきて下さい。

e0317698_1049751.jpg
 「焼きそ番長」が応援にかけつけてくれて、「いい声」でエールを送って頂き、場を盛り上げてくれました。(すみません、笑いながら撮って、ぶれてしまったようです。)

 そもそも子育てに対して、国をはじめ、行政は、「子育て費用負担は親の責任」という意識が根強いことを皆さん感じていることと思います。大学等を卒業した時点で、若者が奨学金(多額の借金)を返さなければならない国は先進国の中で日本だけだそうですよ。借金(負債)を抱えさせておいて、「結婚しろ。」と言われても、、、だと思います。
 「貧困の連鎖」の問題は、今の格差(所得、正規と非正規、都会と地方、公と民など)の拡大を容認している日本の社会では、益々広がるのではないかと危惧いたします。
 「人口減少問題を真剣に取り組む」と言っても、ちょっとした政策の小出しでは、全く社会に響いてきません。
 特に、スポーツや文化、芸術といった分野では、「必要最小限の財政出動」といった感があります。
 オリンピックのハード、「ハコモノ」には、湯水のように税金(借金)が使われますが。
 (日本の国がこれだけ借金をして、そのお金はどこにいった、消えたのでしょうか。ほんの極々わずかの人や企業、外国にわたってしまって、ほとんどの日本人にはわたっていないのではないでしょうか。)

 事情を皆さん方から伺うと、秋田県の「スポーツ立県あきた」、横手市の「スポーツ立市よこて」の政策の本気度を感じられません。
 ex.秋田県代表のユニフォームは自費(親の負担)だそうです。個人のものでしょうか。
 スポーツの持つ多面的な魅力、機能を把握されているのであれば、「先ずはソフトの充実」を目指して、秋田ならでは、横手ならではのオンリーワン、ナンバーワンを目指すべきと思います。
 「子供は社会の宝」を謳うのなら、秋田、横手を担う次世代への投資こそ最も必要な政策です。
 「社会の合意形成」を取るのが政治だ!と思います。




by masahirogenki | 2016-03-21 17:30

3月定例会閉会

 いつもより長く感じた3月定例会が昨日(3月18日)閉会しました。
 今は、脱力感があります。
 今定例会は、アリーナ建設事業のみならず、農業創生大学事業の修正と2本の修正案が提出された議会であり、議員も初めて、事務局も初めてのことで、議長を初めとして議会運営には大変ご苦労されたことだと思います。
 討論が賛成、反対合わせて6本あったことで、市民の皆様には議会の考え方、判断を理解して頂いたのではないかと思っております。

 本会議終了後の懇談会では、市長のあいさつで、「全て私の不徳の致すところだ。深くお詫びする。」という言葉があり、最後までお詫びと、反省の言葉があったことで、私は「今後の市政運営に期待したい。」思いを強く抱きました。
 若い市長なんだから、「トップであるからこそ、人の助言・苦言を聞く姿勢」を心がけて今後の横手市の発展のために頑張って頂きたいと思います。

 議会側も今回アリーナ建設事業では高橋聖悟議員、農業創生大学事業では青山豊議員がそれぞれ常任委員長として兼務する予算特別委員会分科会長として、この難しい局面をさばき切りました。二人とも若い議員です。
 「適切な世代交代を行い、新陳代謝を高めていくことが横手市議会のさらなる発展には必須である」と、思いを強くした議会です。
 「バトンを引き継ぐ。」卒業式での言葉です。40代前半の時に同級生たちに「次は俺たちの順番じゃないのか。俺たちが前面で頑張らなければならない時だ。」と呼びかけたことが、「しぇばおめやれ。」と言われて、私が議員となるきっかけになったことです。 そんなことがきっかけとなるもんですよ。
 おじさんは「若い者に負けていられない!」気持ちで、「もの分かりの悪いおじさん」で荒げます。
  間もなく還暦の同級会となりました。


by masahirogenki | 2016-03-19 12:38 | 活動報告

平成バスケット優勝祝賀会・平鹿中卒業式

e0317698_2235391.jpg
例のバスケットボール大好きおじさん達(平鹿シュートクラブ)と参加してきました。皆さんと祝い、連勝を願い、応援を続けることを誓いました。それは、自分たちが元気になることでもあります。
 「応援してたら、応援されてた。」←ツール・ド・東北より

e0317698_20143593.jpg


e0317698_20511919.jpg


e0317698_20521279.jpg
平鹿中学校、卒業の歌。素晴らしいハーモニーでした。19期生の卒業式、横手市内で「歴史、伝統」がある統合中学校となりました。

 委員会審査が続いています。
 詳しくは18日の予算特別委員会、本会議で委員長報告されることですが、厚生常任委員会では、「白寿苑」で長時間の審査を行いました。「責任の所在」を明らかにするための質疑を繰り返しました。処分については、「身内に甘い」と感じたものでした。真面目に仕事をしている方々がたった一人のせいで、同じ目線で見られてしまいます。そのような方々の思いはどこに向けたらいいのでしょうか。健全な組織であるために、「身内に甘い処分」と見られることは決して良い結果を生まないことでしょう。
 ここにも、「ことを為す覚悟」の無さを感じます。
 「公の常識は、民の非常識」 どっかで聞いた言葉を思い出します。

 今議会、「謙虚さ」について、いろいろと感じています。


by masahirogenki | 2016-03-12 22:41 | 活動報告

責任逃れ・「税金は市民からの預り金だ!」~一般質問~

 昨日(3月8日)で、一般質問が終了しました。私は、ブログにも載せていましたが、初日に行いました。

 全くの私の力不足、で、不甲斐無い一般質問となってしまい、市民の皆様には大変申し訳なく思っております、とともに恥ずかしい限りです。
 「解釈の違いなどとする言い訳、詭弁で堂々巡りの一般質問にならない。」ことを期待しておりましたが、制限時間ぎりぎりまで全くかみ合わずに終わってしまいました。
 「議会のルールを守って事前通告していたにもかかわらず、市長は最初の答弁から、肝心の部分についての答弁が全くなく、カァッーとなってしまいました。」反省しております。
 このままでは納得がいかないので、責任を追及して参ります。

 市役所という巨大組織のNO1(高橋市長)とNO2(石山副市長)が自らの責任を認めようとせず、責任逃れを露呈したことで、組織の求心力は地に落ちてしまったのではないのかと危惧しております。

 高橋市政になってからのこの2年間、議会側から「責任者は誰だ。」とする質問が幾度となくされました。また、「政策が未成熟で、唐突であり、説明不足である。」という指摘も何度となくありました。
 このことの原因は、「市長、副市長が自ら責任を取る姿勢を組織に対してとっていなかったからではないのか。」と、思わざるを得ない態度、姿勢です。

 「税金(公金)は、市民の皆様方からの預かったお金である。」「その預かったお金を有効に投資して、市民サービスの満足度を高める。」ことが行政の目的、仕事です。
 今の横手市にはこの当たり前のことが理解出来ているのか。
 「未熟な市長の夢」を満足させるためだけの組織となっているのではないのかと思います。
 「イエスマンが役割」と副市長の勘違いが続くようであれば、横手市政の憂いはこの先も続くことであろうと思います。
 健全な組織とさせるために、これからも「二元的代表制」の議員として、プロ意識を高めて、市政を監視して参ります。
 寿松木孝議員、青山豊議員にはブログに取り上げて頂き、ありがとうございました。寿松木孝議員、立身万千子議員の一般質問、素晴らしかったですよ。皆さん、録画中継を見て下さい。議会がなぜアリーナ建設に疑問であるのか、理解して頂けるのではないかと思います。 
 「無いよりは、あった方が良い。」議員だってあればいいと思っています。しかし、議員(プロ)としての建設に対する疑問、懸念(利用頻度、集客力、経済効果、維持管理費などの財政負担、10年後も持続可能な財政見通しなど)に対して市長の同じ答弁の繰り返しでは、見通しの甘さを増々露呈するだけで、全く払拭されておりません。
 「自分の発言に対して責任を取らない組織のトップの言葉を誰が信じるのでしょうか!!」

 「身の丈に合った市政運営を行う。」ことが合併の最終目標なのです。 (建てたい方々の気持ちは理解していますよ。) 「議会の良識」をご理解下さい。
 何よりも一番の問題は、「市長自ら市民への説明を全くしていない。」ことです。
 「市民不在」では、議論そのものにならないと訴えても、どうも呑み込めていないようです。市長の義務であるのに。⇒「責任を感じないから、義務の気持ちが無い。」んんんんん、ぴったりはまりましたよ。んんんん、、、
 


   


by masahirogenki | 2016-03-09 07:05 | 活動報告

心外・議員提案条例を実現するために~市長発言~

 昨日のブログの続きのようなことですが、会派代表質問に対して、市長答弁でアリーナ建設は、
 「議員提案の政策条例・スポーツ立市でまちを元気にする条例の第5条を実現するための提案である。」と答えました。
 第5条はスポーツ環境の充実に関しての条文です。いわば、ハード面のことを謳っています。
 この条文の前には、前文で、条例制定に至る背景、スポーツがもつ多岐にわたる効果を謳い、第1条で目的、第2条で定義、第3条で基本目標、第4条で基本方策、第6条でスポーツ週間、第7条でスポーツ大賞、第8条で取り組みの評価、検証、第9条で委任と、「全9条からなる、横手市議会初の議員提案による政策条例です。」
 この条例策定に関わった議員の一人ですが、「なぜ議員提案でなければならなかったのか。なぜ議員提案であったのか。」
 それは、この条例に基づいて施策を実行するには、「部局横断が有機的に必要」だからです。
 役人の発想では、「部局横断の必要性は理解していても、これをどのように政策として条例化することは、困難である。」とのことから、議員提案で作ろう!としたことです。
 この条例を制定し、全国初となる、「スポーツ立市宣言」(私が一般質問において提案しました。)を行ったことです。

 したがって、横手市の政策の大きな柱となっている、「スポーツ立市でまちを元気する条例」を実行するには、「部局が有機的に横断して練り上げたソフトの充実が不可欠」となります。
 今の市の政策にはこのソフト作りが誰が責任者(副市長か部長)で、誰が取りまとめて(課長か係長)、誰が検証するのか(有識者等)、といった組織立てたものがありません。
 ソフトが無いハードは空っぽです。

 最も心外と感じたことは、市長が「我々議員に責任転嫁をしている。」ことです。
 以前のブログに載せましたが、「地方自治体は、二元的代表制」の選挙で選ばれた者たちの集まりです。
 市長は直接市民によって選ばれた立場にあり、我々議員が互選で選んだ方ではありません。
 したがって、「市長は自らの政策を直接市民に説明する義務があります。」
 市長はこの義務を全く果たしていないで、我々議員の政策条例実現のための提案である、と第5条のみを強調されて発言することは、「二元的代表制」の制度をもう一度確認して頂きたい発言です。




by masahirogenki | 2016-03-06 10:37 | 思うこと

もの申す!「他事業にしわ寄せない」~アリーナ事業~

 昨日(3月5日)は会派代表質問があり、アリーナ事業に関する質問では時間切れで、これから、というところで終了してしまい、議論が核心には至りませんでした。

 その中で、今朝の地元紙に、「他事業にしわ寄せない」という見出しで、昨日の市長答弁が載っておりましたが、この記事だけでは一般の方々が「一方的な情報」を信じてしまう恐れがあるのでは、と思い、投稿いたします。

 「他事業にしわ寄せがない」ことは、「今後10年間は、財政が持つ」ように計画しているからです。

 私のブログで2月19日付「シンクタンク~参謀のあり方~」に財政見通しを載せましたが、確認して下さい。

 平成27年度の借金残高は約700億円、これを計画的に返していって、10年後の借金残高は約580億円。借金はその後も返していかなければなりません。
 対して平成27年度の貯金残高は約120億円(実際は全部入れると177億円ほどあります。)
 10年後の貯金残高は、27億円です。
 支出では、「扶助費」(←社会保障制度=子育て支援、高齢者福祉、障害者福祉、生活困窮者対策などの費用)は、財政計画ではずっと一定額となっています。増加の見込みはないのでしょうか?
 加えて、新たな(10年間の計画に無い)「市民からの要望や、やらなければならない行政サービス」が出てきたら、どうするのでしょうか?

 「10年間は必要な支出に対して足りない収入を、蓄えてきた貯金を食いつくす。」ことで、財政を持たせる。
  このことで、「他事業にはしわ寄せがない」ことに他なりません。

 10年後、この議場には、今の役人の方々は誰もいません。我々もほとんどいないでしょう。
 誰が10年後の責任を負えるのでしょうか。 アリーナは50年はあります。
 そもそも、お金儲けがへたな、発想そのものが無い役人の方々の「経済効果」は果たして信用できるのか。
 横手市が発展するための大きな賭けが、ソフトが未熟(道具としてのアリーナをどう活かすのか、そのためのソフト政策の充実が必要。「スポーツでまちを元気にする条例第5条」)な単なるハード事業でいいのか。

 「自分の家の家計、会社の会計と、市の財政は、同じことです。」
 もしもこれが自分の家の家計だったら。想像してみて下さい。
 社長の「大きな夢」を実現するために、社運を賭けるだけの材料はそろっているのか?失敗すれば従業員とその家族が危機に陥れられてしまいます。それでもついていけますか?

 以上、市民の皆様に、目先のことのみを単純に伝えた、「一方的な報道」に対してお伝えしたいことです。


 正しい情報を伝えて、「それでも必要。」という「大多数の市民」が言うのであれば、前向きにもなろうかと思います。
 「今は、合併特例債の期限に間に合わせるために建てる、だけ」であり、
 「道具としてのアリーナ」を活かすソフトが「後づけである」だけです。建設の財源も余りに単純です。←市長が第5条を出してきて、「議員の政策条例を実現するために建てる。」は心外です。
 第5条は、「道具が目的ではない!」
 「何よりも、大多数の市民に全く情報が伝わっていないなかでは、議論そのものにならない。議論の土台にも上がってない。」ことです。
 このアリーナ事業に限らず、市長のこれまでの重要事業は全て「唐突、中抜け、後づけ」の政策推進であり、危機感を強めています。
 アリーナに関する一般質問は、7日、月曜日、午後2時前後から寿松木孝議員が行いますので、深い議論を期待しています。思いは共有していると思いますので。
 やっと議会中継も、スマートホーンや、アイパッドなどでも見ることが出来るようになりました。見て下さい。
 我々議員の主張、考え方をタイムリーで見て頂き、市長とのやりとりを見て、「税金の使い方」について関心を深めて頂ければ幸いです。


by masahirogenki | 2016-03-05 12:07

一般質問登壇(予定)通告終了

 今議会では久しぶりに一般質問を行う予定です。
 登壇日は3月7日(月)午後1時頃です。
 今回のテーマは、市長が昨年5月に突然大雄振興公社の解散、清算を決めた際に、
  ① 安易な補助金による経営支援は行わない。
  ② 公的な支援は行わない。
 とすることから
   資産(ホップ、ホップ茶、乾燥機械など)を約2000万円で暫時公金で買い取り、これを今交渉を進めている企業に売ることで、買い取った資産を現金化(市へ雑収入として入る)する。→結果的に公的支援(公金、税金の支出)が無かったこと。
 という提案をしましたが、現金化(資産を売却して市へ雑収入として入る約束)されていません。

  市長は「あくまで買い取りだ」ということでした。
 この資産が間もなく27年度決算を迎える今に至って、未だに現金化されておりません。
 明日(3月2日)が3回目の入札日ですが、「売却損」が出る可能性が非常に高いことが予想されます。

 市長が発言した「公費を投入しないで、資産を買い取る。」と明言したことに対して、「売却損」、入札の結果次第では「除却損、不能欠損」をどのようにして「税金の穴埋め」を行い、①、②の約束を果たすのか。
 組織の長としての「市長の職責」を問うのが、今回の一般質問です。
 一つ一つ責任の所在を明らかにすることにより、「責任転嫁の横行」を断ち切りたい思いです。
 「市長の職責」を全うすることで、求心力は高まり、組織が健全となることです!!
 「先ずは足元をしっかり固めてから、上をみたら。」と老婆心ながら、おじさんは思うのです。

 「解釈の違いだ。」というような「言い訳」、「詭弁」で堂々巡りとなるようなことは避けたいものです。


by masahirogenki | 2016-03-01 12:07 | 活動報告
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line