<   2015年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


東北都市監査委員会定期総会・研修会~由利本荘市~

e0317698_18582831.jpg
長谷部由利本荘市長のご来賓あいさつ

e0317698_1931371.jpg
総会終了後の講演は総務省自治財政局公営企業課の理事官からの講演でした。先日の大雄振興公社の件があったばかりなので、生々しく聞いておりました。

e0317698_1933539.jpg
全国都市監査委員会第2研究部会の研究報告は「住民監査請求による監査の現状と課題について」でした。こちらも生々しく聞いておりました。

e0317698_20325231.jpg
二日目の日程の講演はそれぞれ普段はなかなか知り得ないことをその分野のエキスパートからの講演でとても有意義でした。

 昨日(5月28日)から監査委員の公務で由利本荘市で1泊2日の日程で、今日(5月29日)帰ってきました。 佐渡から帰ったすぐ次の日から朝早くから田植えの準備でした。せいご議員の協力もあり、なんとか次の日程であった「東北都市監査委員会定期総会・研修会」にぎりぎりで間に合いました。
 今年の田植えは水不足で難儀をしました。今のようなやり方(上流域が使いっぱなしで、ゲートを閉めない。)では、たとえダムが出来ても「最上流の堰の下流域」の水不足(途中で排水の水が入らず、上流で使えば無くなる一方の堰)は解消されないと思います。根本的な解決のためにはお互いの話し合い、上流域の理解、協力がなければいつも同じこと(水不足)になります。
 下流域も平等に賦課金を払っているのですから。 合理的、公平にするには、ゲートにメーターをつけて使った水に応じた賦課金に改めることです。 そうならないように話し合い、協力が必要と思います。

 今年は当番市が由利本荘市で、東北各地から200名を超える監査委員、事務局職員出席の盛大な総会、研修、意見交換会となりました。 私はこれまで、本荘市には「海に行く、7号線に出る。」ことしかありませんので、内陸?内部に入ったこと、ましてや泊まることは初めてでした。大きなホテルがあり、部屋も快適でした。もちろん二次会にも行きましたが、1件目は満席で断られて、2件目も大賑わいでした。(良いことです。皆さんでお互いにお金をおとしましょう。) 明日からの東北六魂祭の賑わいを期待しております。
 今回の研修である「公営企業の現状と課題」は、三セクも含まれております。先日の臨時議会での大雄振興公社のことがずっとありながらの講演でした。 やはり、今回の市の対応の「ぎくしゃくさ」を感じて、「これで良かったんだろうか」「選択肢はこれしかなかったのか」と「すっきりさ」を感じない喉ごしであったなと思い返しておりました。
 続いての「住民監査請求による監査の現状と課題」については、先ず最も問題なのは、住民が「住民監査請求が出来る」ことを知らないことです。 
  住民にも自治に参加、監視してもらえるように、(市長、議員を自ら選んだ)責任を感じてもらえる手段の一つとして、「住民監査請求はできる。それって何?ということを市民に周知すべきことです。」
 周知の方法にも問題があります。
 何よりも当局には「(困るようなことも全て)情報公開をする。」という心構えが必要です。(議会も同様!) 必ずや職員の意識が変わるものと思います。

今のような横手市の状況では、望む望まないにかかわらず、
 「今の日本、特に地方は⦅「社会主義国のような現状だ!⦆」ということを意識して欲しいです。」 役人だけが良いように見える社会、特権階級だけがさらによくなるような社会は誰も望んでいないはずです。 
 「責任ある仕事をしましょうよ!」
 


by masahirogenki | 2015-05-29 20:29 | 活動報告

助っ人!せいご議員2~苗運び体験~

e0317698_1905116.jpg
1か月前に自ら並べた苗を積み込むせいご議員

e0317698_191661.jpg
まだ余裕で、ポーズを決めるせいご議員

e0317698_1913092.jpg
田んぼで苗を並べるせいご議員 水不足で、代かきした後の田んぼが一部露出しています。

e0317698_1914799.jpg
風が強くて大きな目にゴミが入るのを防ぐためにサングラスをしたせいご議員(なんかカッコいいよね!)

e0317698_192263.jpg
金峰山をバックに要領よく作業をするせいご議員(センスがいいですよ! 農業やらない?)

 今日(5月22日)は田んぼに苗を運びました。困った時の助っ人、せいご議員に「自分が蒔いた種が今どうなっているのか見たくない?  きっと見たいよな!  お願い!!」という「一生のお願い」を聞いてもらい、せいご議員に農作業体験第2弾をして頂きました。 こころよく引き受けてもらいましたよ。

 いや~助かりました。本当に助かりました。一人じゃとてもよいでない作業を頑張ってもらい、今回も予定通り以上の進ちょくでした。「心意気」がうれしいですよ。「ありがとう!せいご議員、  田植えも体験したくない?  したいでしょ?  きっとしたいはずだな。  そうにちがいない、、、」  今から「一生の、、、  い!」


 追記  一昨日(5月20日)の臨時議会、寿松木孝議員、青山豊議員のブログの通りです。同じ思いを持ちました。きっとほとんどの議員が同じような思いを持ったことでしょう。 結果は原案通り可決されたことですが、ひとりひとりの議員の決断はそこに至るまで悩み、迷ったことです。私自身も青山議員のブログにあったように「これでいいのか?」と直ぐには決断できず、何度も迷いました。それは難しい案件の時いつもです。もう10年以上議員をやっていても議決後いつも「本当にこれでよかったのか?」と思っています。 (でも、自分の決断に後悔をしたことはありません。)
 今回「凄いな、いい議会になってきたのかな」と感じたことがありました。それは「全会一致」ということです。我々は力を合わせてこそその権限が最大に発揮される立場です。議論を尽くしたうえでの大局にたった判断、行動(今回は可決)は(常に緊張感を持ち続けて市長と距離をとることが大前提ではありますが、)市長側にも必ずや良い影響を与え、結果市民へのサービス増大へ結びつくものと思います。 

 もしもさらに意図的(あるいは結果的に組織の能力不足によることも含めて)な説明不足が続くようであれば、(我々議員も市長もお互いに選挙で選ばれてきた立場)、 「お互いに覚悟を持って臨みましょう。」
 「我々の存在は市民へのサービス向上のための施策を作ることにある。」という大前提を忘れないで、
 「覚悟をしてかかってこい!」
です。

 田植えが終わると直ぐに6月定例会が始まります。


by masahirogenki | 2015-05-22 19:46 | その他

でかしました!~佐渡ロングライド~

e0317698_5372482.jpg
完走したことを証明する賞状を頂きました。

e0317698_538885.jpg
スタートの順番を待っています。(遠くにスタートゲートが見えるのですが、)私の辺りは中間点、後ろに同じくらいの挑戦者がスタートを待っています。

e0317698_5385962.jpg
エイドステーションで補給、休憩

e0317698_5391315.jpg
大会を支えてくれている中学生、高校生が大活躍!

e0317698_5393466.jpg
大亀付近の登り坂、天気が良くて辛い登りもいけてます。

e0317698_5395424.jpg
快適な下り坂。景色に浮かれないように注意が必要です。

 佐渡ロングライド210(5月17日)は、130キロコースを完走してきました。4人のメンバーも全て完走できて、感動できました。大きな達成感、満足感で満たされております。
 佐渡汽船は、往復自転車一色で、座る場所の確保が困難な状態でした。佐渡は食、酒が美味しく、文化、歴史もあり、島で行う大会は様々な魅力があることです。 「北海道から鹿児島まで、3600名を超える参加者。」と市長のあいさつでした。

 沿道には多くの市民の方々が応援に出てくれて声援を送って頂きました。田植えで苗運びをしている方からは車の中から「ガンバレ!」と声を掛けられました。私も皆さんに手を振ってお返しをしましたが、寿松木孝議員と「選挙みたいだな。」と冗談を言ってました。

 10回目の大会ですが、最初は数百人規模であったのが、回を重ねるたびに参加者が増えて、安全面、宿泊等の問題から人数制限をする大会まで成長したようです。関係者の努力はもちろんあったことでしょうが、コースは(妥協を許さない)厳しいコースなので、また来年も挑戦しようとする方々が大半で、さらに仲間や知人に知らせて、私のような新規の参加者が増えるということなのかなと思いました。 佐渡の方々は皆さんあったかいし。
 中学生や高校生の活躍は大会を支えています。全国の方々と接して、地元の魅力に気づかされることがたくさんあり、一緒に感動して地元をもっと好きになる大会となっていることと思います。

 今日からはまた現実、田植えの準備、臨時議会の準備を頑張ります!


by masahirogenki | 2015-05-19 06:28 | 趣味のこと

佐渡ロングライド210

e0317698_6172184.jpg
オリジナルTシャツ なかなかです。

e0317698_6161271.jpg


e0317698_6294372.jpg


e0317698_6162926.jpg
コース案内

e0317698_616453.jpg
私はBコース130キロ、およそ1000人の参加者です。

 昨日(5月13日)佐渡ロングライド事務局から参加者ガイドをはじめとした資料が届きました。いよいよです。
 今年は10周年記念大会に当たり、念願が叶い参加できて良かったです。全国から過去最高の3600名の参加者とのことです。 経済効果、凄いでしょうね。
 体調は万全とはいえませんが、佐渡を半周(大佐渡一周)してきます。最も人気があるのは佐渡一周コース、210キロコースですが、先ずは実績を積まなければエントリーできません。

 これまで佐渡は何回か行ってますが、自転車で回るコースは格別だと思います。想像するだけでドキドキ、ワクワクしてきます。
 先週は男鹿で男鹿半島一周約100キロの大会がありました。自転車の大会は大きな「まち興し」となります。地元の良さを見直すきっかけともなります。 「佐渡ロングライド210」の大会組織、運営、市民への影響なども勉強してきたいと思います。「スポーツ立市よこて」にもお勧めのコースがあるのではないかと寿松木孝議員と目論んでおります。
 さて、今日も代かきを頑張りますよ!
 



by masahirogenki | 2015-05-14 06:48 | 趣味のこと

醍醐小・吉田小大運動会~馬鞍しぇげぶし(堰普請)~

e0317698_18251895.jpg
醍醐小の100メートル走、寒い中児童は頑張りました。

e0317698_1825375.jpg
吉田小の家族遊走(馬力をあげてウマく進もう)という競技。連なった背中を橋のように渡って前に進み、ゴールを目指す競技で、楽しそうでした。 また毎年のことですがたくさんのテントが並び、大運動会を地域あげて盛り上げようとしている気運が伝わり、素晴らしいと感じております。

e0317698_18255552.jpg
毎年何ヶ所もあるしぇげぶしの中で最後・馬鞍のしぇげぶし(堰普請)

e0317698_1826962.jpg
いつものメンバーで受け持つ範囲を。今年はアカシアの木が何本も生い茂り、痛いやら、側溝には泥がいっぱいで大変でした。

e0317698_18262249.jpg
夕方家に帰ったらきれいな虹がかかっていました。 雨降り、もって良かったです。

 今日(5月10日)は、醍醐小学校と吉田小学校の大運動会でした。 (今年は今まで初夏を思わせるような天気だったのに、)今日は気温がぐんと下がり、さらに強風注意報が発令されて体感温度は雪解け直後のような寒さの中、両小学校の大運動会で、子供たちは本当によく頑張りました。
 応援してくれる家族の方々、地域の方々も寒くて大変だったことと思います。雨は降らなかったものの、天気に恵まれるかどうかは当日にならなければ分かりませんので、今日のような天気は大変です。 私は指の先がしびれて、感覚がなくなっていました。

 午後からは毎年〆のしぇげぶし(堰普請)、馬鞍の土木工事のようなしぇげぶしです。 これが終わるといよいよ馬鞍沼からの水落しで、代かきが本格的になり、田植えとなります。
 今年は前に切り倒したアカシアの木の切り株から何本も新しい枝が出てきて、この処理に難儀しました。
アカシアの枝には薔薇のようなとげがあり、気をつけていても痛くて大変です。メンバーには、とげで長靴に穴があいてしまった人がいたり、鎌を壊してしまった人がいました。私は今、とげが刺さった跡がかゆくてたまりません。 
 本当に大変なしぇげぶしですが、ご存じのように馬鞍の米は昔から食味が良くて有名です。りんごも有名ですが。 今年も「顔の見える方々」から「美味しい米だ。」と言われることでしょう。馬鞍の米やりんごがいつまでもあるように願いたいです。
 


by masahirogenki | 2015-05-10 19:25 | 活動報告

要望実る!佐々木尚毅教授~議員研修会~

e0317698_18381179.jpg
群馬県立女子大学文学部英米文化学科 教授 佐々木尚毅先生(大館市出身)

e0317698_1838295.jpg


 
 「人は成るように成る。」 「子供は育てられたように育つ。(育てられたようにしか育たない。)」 「後光効果」というそうです。

 今日(5月8日)は,群馬県立女子大学教授の佐々木尚毅先生の研修会がありました。これは前回(2月10日)に行われた先生の講義(2月11日付ブログ、議員研修&総務文教協議会)後、もっと聞きたい、もっと勉強したいとの議員からの要望により、実現したものです。先生にはお忙しいなか、二回目のご講義、ありがとうございました。
 社会人になってから、再び大学の講義を受講する方々が増えているそうですが、本日実感いたしました。もう一度、この年になってからですが、佐々木教授の講義を受講したいと思いました。

 講義については次第の通りですが、先生の言葉の根底には、
 「人はなぜ生きるのか?なんのために生きているのか? あなたの人生の価値観は何か?」を鋭く問う姿勢を感じました。
 そうなんです。なぜ秋田に戻ってきたのか?私自身に25年前の想いを思い起こさせてくれました。
 「豊かさとはなんだ?」   と疑問を感じて、(当時バブリーな時代でした。)
 「秋田には自分が思う豊かさが有り余るほどあふれているんじゃないか。もっとたくさん魚釣りができるはずだ。子供たちに自然の豊かさを教えられるはずだ。それが幸せなことだと伝えられる。」 と脱サラして今に至っております。
 日々の暮らしに追われ(農業ってこんなに大変だったの?ですよ)、「こんなはずじゃなかった。(もう何年も竿を握っておりません。)」とくじけそうになりながら今に至り、全く予期していなかった議員になっています。
 「こんないいところはない!!」はず!なのに、相変わらず秋田はイメージがあまりよくありません。いつものように全国ワースト、下位です。(でも、違った指標、豊かさの見方からは、別かもです。「豊かさ」は心ですから。)
 「豊かさって?」 「何が豊かなの?」 「生きる価値観って?」 
 自分が豊かな気持ち、満足感、幸福感、足るを知る気持ち、感謝する心を持つことが一番じゃないでしょうか。

 出来る範囲から、政策を作っていかねば!! 政治は余裕、ゆとり、安心、安定をずっと提供し続けられる仕組みを作らなければなりません。
 「地方政府」の心意気を持て! 先生の励ましです。
 その立場にありますから。  横手市民が「豊かさ」を実感できる政策を作らなければなりません。 

  有意義な議員研修でした。佐々木教授、ありがとうございました。 今日のご講義は若き頃の気持ちを思い起こさせて頂きました。
 今後のご活躍をお祈り申し上げます。
 


by masahirogenki | 2015-05-08 18:44 | 活動報告

野中しぇげぶし(堰普請)・阿弥陀田しぇげぶし(堰普請)

e0317698_18473623.jpg
朝集合の野中、たくさん参加してくれました。

e0317698_18475353.jpg
2班に分かれてしぇげぶしが始まりました。

e0317698_1848753.jpg
一服してから生活排水路清掃の準備

e0317698_18482236.jpg
軽トラックの展示ではありません。午後から阿弥陀田会館前に集合して、しぇげぶし。

e0317698_18483614.jpg
りんごの花が満開の中で土木作業のような、しぇげぶし。

 毎日季節の暑さが前倒しのような日が続いておりますが、今日(5月3日)は野中と阿弥陀田のしぇげぶし(堰普請)でした。 どちらにも多くの方々が参加してくれて、和気あいあいと作業を行うことができました。

 水路の距離が長いので、少ない人数では嫌になってしまいます。 「お互い様」の気持ちで皆さんが出てきてくれると作業もはかどり、会話も弾み、「また今度も頑張るべ!」となります。 
 「続けていかなければ!」 続けていけるような仕組みが必要です。皆さんと一杯やりながら良い案を作らないと。

 今朝はいいことがありました。自転車できた高校生がすれ違った時に「おはようございます。」とあいさつしてくれました。「おう!おはよう!!」と返しました。 朝から得した気持ちになりました。
 先日横手市で開催された秋田県都市監査委員総会時に秋田市の監査委員から「高校生から挨拶された。小中学生は分かるが、高校生があいさつしてくれることにびっくりした。横手市は何か特別なことをしているのか。」と聞かれました。
 高校生はもちろん、大人もあいさつするようになれば、素晴らしいことですね。
 挨拶は、基本です。 しっかりとあいさつ出来る高校生がたくさんいることは横手市の大きな財産です。
 素晴らしい!!



by masahirogenki | 2015-05-03 19:20 | 活動報告
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line