<   2013年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧


大晦日~行く年くる年~

 今年も残りあと2時間くらいになりました。
 吉田類の番組を見ながら、しみじみしております。
 今年1年、私にとっては、「選挙」の年でした。
 去年の今頃はまだ、次の選挙に出るかどうか、ずっと迷い続けておりました。
 たくさんの方々のご支持、ご支援、叱咤激励のおかげで、今があるものと思います。
 感謝申し上げます。ありがとうございました。 期待にそうべく、努力を続けます。
 さて、今年は、自然災害が多発いたしました。 異常気象が異常では無くなってきております。
 自然相手の農業には、さらに追い討ち(不意打ち)をかけて、突然の農政の大転換がありました。
 早期に「横手市の農業(農村=地域)の展望」を開かなければなりません。
 2014年は、このままアベノミクスの恩恵を全く実感することなく、円安による燃料高騰が続き、消費税が上がり、農業経営は厳しくなると思います。
 円安とか、株高とか、お金がお金を生み出す仕組みは、一般庶民にはほとんど恩恵が無いのではないでしょうか?
 人が動き、モノが動き、お金が動く仕組みを作らないと、循環不全に陥ると思います。
        2014年、覚悟をもって、迎えたいと思います。
何はともあれ、こうして穏やかに新年を迎えられるのはありがたいことです。 乾杯!
 


by masahirogenki | 2013-12-31 21:54 | 思うこと

時津風親方歓迎会 力斗激励会・土俵納め会

e0317698_1028589.jpg
挨拶される時津風親方

e0317698_1029483.jpg
子供たちと談笑している時津風親方と力斗

 昨日は、平鹿町の生涯学習センターで、表記の会が開催されました。相撲関係者、平鹿中学校、平成高校の親の会のみなさん方の主催でした。

 元々旧平鹿町は相撲が盛んであって、平鹿中学校には立派な土俵があります。指導者にも恵まれ、常勝チームです。

 平成高校には土俵がないため、練習は平鹿中学校の土俵で、合同に行われているそうです。

 そのため、先輩後輩の仲が大変よく、写真のようにOBの力斗も子供たちと堅苦しくなく、溶け込んでおりました。 会の途中に、仕事を終えたOBたちが顔を出して、どんどん盛り上がっていました。

 稽古になると、一変して、厳しいものになるとのことでしたが、礼儀正しく、あいさつもしっかりしていて、人間形成の場としても、相撲は素晴らしいと感じてきました。

 学童相撲を盛んにして、底辺を拡大したいとの関係者の言葉は、印象強く残りました。

 スポーツ立市を宣言している横手市、時津風部屋の合宿を誘致できれば、相撲好きの市民が楽しめ、子供たちにも様々な影響を与え、交流人口が増え、話題ができるのではないでしょうか。

 昔は誰もが相撲を取って、遊んでいました。  日本の国技、「相撲道」という言葉が関係者からよく出されておりました。

 子供たちの礼儀正しさ、先輩後輩の思いやりを感じる人間関係、鍛えられた筋肉の塊の体、、、

 相撲、この地域で盛んにしていきたいものです。


by masahirogenki | 2013-12-28 11:12 | 活動報告

監査委員(議会選出)業務スタート

 今日は、監査委員会議がありました。

 代表監査委員の選任、(代表監査委員には、佐々木豊氏) 

 代表監査委員職務代理者の指定、(職務代理者には、飼田一之氏)を行ってきました。

その後、前任の代表監査委員からの事務引き継ぎを行ってきました。

 この一連の次第は全て、地方自治法に則り行われることだそうで、改めて職務の重大さを実感してきました。

 議会選出の私を含め、3人体制、識見者お二人は非常勤という新たな体制で、

全く不慣れな私には、果たして期待された仕事ができるのか不安でおります。

 自治法に則り行う定例監査はもちろんのこと、随時監査などの横手市監査委員独自

の監査視点をどうとらえていくのか、、、  忙しくなりそうです。

 議会では、「市出資法人に関する調査特別委員会」が設置されましたし、

監査委員としての目線からも法人に対する勉強をしていかなければと、

気合を入れて、取り組んで参ります。

 27日には例月出納検査、監査委員会議です。 御用納めの日は、実質的な仕事始めです。

 26日は、議会改革特別委員会があるし、年末年始気分には、まだまだなれません。


by masahirogenki | 2013-12-24 13:22 | 活動報告

槻の木光のファンタジー点灯式~平鹿町~

e0317698_97817.jpg
 保育園児たちによる点灯式

e0317698_974597.jpg
 琵琶沼周辺


 昨日は、大森、雄物川に次いで最後の点灯式が平鹿町で行われました。

 今年で26回目の「槻の木光のファンタジー」です。高さ40メートルの槻の木に飾る巨大なツリーをメインに、

LEDライトを多数点灯させて、「わっ!!」と感動するような素敵な世界を演出しています。

 昨日は遅くなってから、続々とカップルがきておりました。

 皆さん、ぜひいらして下さい。

 1月12日まで毎日夕方5時から10時まで点灯します。24日と31日は午前2時まで点灯します。


by masahirogenki | 2013-12-22 09:22 | その他

「地元産日本酒で乾杯条例」~遊びこころ~

 車のハンドルや機械などには、必ず「遊び」がないとうまく動作ができないそうです。

 優秀な人材がそろう市役所の職員の皆さん、「遊びこころ」を発揮して頂きたいですね。


 新しい市長には、「遊びこころ」を発揮できる環境づくりも進めてもらいたいですね。「風通しがいい」環

境は、きっと、「面白い発想」ができる環境になるものと思います。
職員の皆さんと深く語り合って下さい、日本酒片手で。


 「恋するフォチュンクッキー」のビデオは佐賀県庁だったかな、職員の発想だったそうですが、横手市も今で

きて、なかなかです。 「か○こ、おめ、インパクトあるなー!」

 全国でできている「地元産日本酒で乾杯条例」は、日本酒にとどまらず、地元産を知りましょうよ、使いまし

ょうよ、愛しましょうよ、買いましょうよという理念の機運が盛り上がれば、地域は金額が小さいながらもそこで

経済がまわり、活気づくし、当然外からの目は、「なんだ?なんだ?」と興味をもってもらえて、観光や新たなビ

ジネス拡大に結びつくものと思います。

 都会の「5000万円がどうした、こうした、、、」でまた幼稚な政治を世界中に知れ渡らしてしまい、この後の

どっかの誰かの都合で出てくる選挙戦を傍観しながら、「遊びこころ」ある「地方」ならではの政策を作りましょうよ!

 美郷町、素晴らしいですね。

 日本酒をこよなく愛する私といたしましては、「先にやられた、残念!」ですが、よりいいものを作るべく、日本

酒(地元、天○戸)を飲んで思案を巡らせております。 ハハ、、、

by masahirogenki | 2013-12-19 19:44 | 思うこと

今野先生剣道7段昇段祝い~青竹会~

e0317698_1937490.jpg
 中締め後の記念写真。蹲踞(そんきょ)?の姿勢が結構つらくて、皆さんこらえてます。

 先日は、横手高校剣道部監督だった今野先生の7段昇段のお祝いの連絡を頂き、出席してきました。

 今野先生は4年前に横手高校をご退職されましたが、その後も剣道の稽古を続けられ、今回見事に7段に

昇段されました。本来は在職中にとれたことであったことですが、娘たち生徒の指導に時間をさいて頂き、今

になったことです。

 退職された後も、剣道を続けられ、昇段をはたされたことは、本当に素晴らしく、皆さんに感動を与えて頂い

たことと思いますし、生き方を見習いたいものと思います。是非とも究極の8段をとって頂きまして、またお祝

いの席に駆けつけたいと願っています。

 娘の部活のおかげで、付き合いの範囲が広がり、ありがたく思っています。様々な立場、ご職業の方と知り

合えて幸せです。


     情熱をずっと持ち続け、夢見る力を持ち挑戦を続ける。  かくありたいものです。


 
 

by masahirogenki | 2013-12-10 20:16 | 思うこと

醍醐保育園おゆうぎ会~元気をありがとう~

e0317698_12504757.jpg

 0歳児で、歩ける子たちも参加しました。
e0317698_1251122.jpg

 年長さんの男の子たちは、かっこ良かったです。
e0317698_12511876.jpg

 年長さんの女の子たちのあでやかな踊りは、なかなかでした。
e0317698_12513930.jpg

 年長さんの3枚のお札ならぬ、5枚のお札の劇。それだけ人数が多いということです。
e0317698_12515231.jpg

 3歳以上の子供たちによる歌、元気いっぱいでした。

 

 今日は第12回醍醐保育園のおゆうぎ会でした。私は今日の招待をもらいましたが、2日後にもう1回行われるそうです。

 お遊戯場を新たに増改築しましたが、それでも見に来てくれる家族や地域の方々が多く、会場に入りきらな

いために、2回の開催にしたそうです。

 今日は、歩行が安定した0歳児から年長さんまで、124名が参加したお遊戯会とのことで、ここでは少子化

を感じさせないにぎやかさでした。

 子供たちの元気な姿は、地域を明るく、元気にさせてくれます。

 少子化対策、真剣に、本気で取り組まないと、展望が開けてきません。 ここに住んで、産み、育てることが

幸せになる、豊かさを実感できることとなるような施策が必要です。

 小さくても、少なくても、ここの地域でお金やもの、人が動く仕組みづくりが必要であると思います。

 東京一極集中の弊害はいまさらどうしようもないことです。

 地方や行政は、ここに住むことの価値、心の豊かさ、幸せを求めて、本当に必要なだけの応援、支援を大胆

に施すことで子供が生まれ、地方が活気に満ち、元気になるのでは、と思います。

 東京に住んでいる人たちに、地方のことを勝手にとやかく言われて、決められたくありません。

 主導しているつもりなんでしょうが、人心に響かない言葉、政策は、悪政と言うんでしょ。

by masahirogenki | 2013-12-07 14:02 | その他

行政の仕事って?~全体の奉仕者~

 
e0317698_13292993.jpg


e0317698_13295844.jpg


e0317698_13304492.jpg


e0317698_1331697.jpg



「新聞で見だのも、市役所で、人手を出してくれるんだが?おらえのリンゴも枝が折れて、大変で困っているなだのも。」

 今朝、懸念していたことの電話が年配の方からありました。

 リンゴ農家は、急いで収穫して、そのまま直ぐに選果作業をして、出荷、発送の仕事をしています。

この一連の仕事を終えてから、リンゴ畑の仕事、枝折れなどの後片付け作業となります。

 当然人手がいることだし、この後雪が降る中では困難な作業となります。

 ブドウ畑の棚の修復作業に多くの市役所職員が手伝いに行き、農家から大変喜ばれていることは、誠に結

構なことであり、農家を精神的にも支えてくれたと思っております。本当にご苦労様です。

 自分の本来の仕事を行いながらであるので、おそらくは残業の連続をしながらだと思います。

 よもや、余裕でブドウ畑に行っている職員はいないと思っています。


     先ずは、本来の仕事をしっかりとやって頂きたいと思います。


 昨日の本会議場での産経部長の答弁にはあぜんとしてしまいました。雇用の確保が横手市の何より最優

先すべき政策であるのにもかかわらず、県との情報共有が全くなされていないことが暴露しました。

     何が県との機能合体なのでしょう。単に同じ建物にいるということだけでしょうか。

 
 前回の9月補正では(建設部が県の南教育事務所に移り、機能合体をする。南教育事務所が水道庁舎に

移る。)ために水道庁舎の改築費用が1700万円もかかるとのことでした。 今の事務体制で本当にあでがあ

るのか? 甚だ疑問を持ちました。

また、JAに対する補助金の補正の説明でも、???でした。委員会で、明らかにして頂きたいと思います。



 行政の仕事って?

 「落ちたリンゴを拾いにきて欲しかった。それを安くても売って欲しかった。」 別の農家から言われました。

 精神的に支援をして欲しい人はたくさんいます。  皆さん災害で被災されたのですから。

 人的支援、 そのあり方の検証を組織として行って頂きたいと思います。

 お歳暮の時期ですね。

 小さいリンゴ、「1個まるごと食べ切りサイズ」のリンゴや、米など地元の農産物を職員、我々議員がお歳暮

に使うことも、ありがたい支援になると思いますが、、、  もうすぐ一時金が支給になることだし。


by masahirogenki | 2013-12-03 12:33 | 思うこと

神戸先生農業功労賞受賞祝賀会

e0317698_1244030.jpg
  各種賞状

e0317698_125369.jpg
  あいさつされる神戸先生 

e0317698_1255564.jpg
  新潟大学農学部同窓会秋田県支部会長の小島さん(秋田市農林部部長)

e0317698_1264018.jpg
 花束を受けとる神戸先生

e0317698_19251219.jpg





 昨日は、秋田市のビューホテルで、祝賀会が盛大に行われました。

 各地から、果樹農家や、先生の教え子、大学関係、果樹試験場、果樹協会の方々がお祝いに駆けつけて、にぎやかな会でした。

 改めて、先生のお人柄の素晴らしさや、人望を集めておられるのを目の当たりにいたしました。

 雪害にあった農家の方々もひと時いろいろな方々と語り合って、気を紛らわすことができたのではないでしょうか。

 今年のリンゴは雪害だけでなく、小玉で、収量が予想よりはるかに少なかったようです。

雪害については、やっと伸びてきた枝に来年実をならそうかともくろんで、期待していたのが折れてしまい、

落胆の度合いが大きく、深刻な状況です。

 農家には、これまでの補助事業の継続はもちろんですが、生活の維持のための営農金融支援策が必要で

あると思います。加えて農薬補助事業の補助率アップ、継続は必至の情勢であると思います。

 マル農の拡充、条件緩和、無利子化など、弾力的な運用を期待するものです。


 昨日は、日が良かったみたいで、ホテルは結婚式のラッシュでした。4組ほどの花嫁さんを拝見でき、ラッキーでした。
 
 

7年前に長女がこのホテルで結婚式を行ったことを思い出していました。



 毎年、季節ハタハタが接岸すると、徹夜で浜まで仕入れに行ってきてハタハタを届けてくれる方から先ほど

ハタハタを頂きました。ありがとうございます。目が疲れで、真っ赤でした。

 いよいよそんな時期になったんですね。  明日から12月定例会です。  果樹被害対策、 減反廃止、補

助金削減などに対する対応策等など、横手市の農業をどう名実ともに基幹産業としていくのかの議論を深めて参りたいと思います。

by masahirogenki | 2013-12-01 12:42 | その他
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line