<   2013年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


12月定例会議案説明会~なにかとお初~

 いよいよ、新市長、新議会で、12定例会が12月2日に開会します。

 市民の皆様方の期待に添えるように努めて参ります。

 案件はいつも通りたくさんありますが、人事の同意案件があるのは、新市長ならではのことです。

 体制を固めていくことは当然のことであるので、市長の政策実現のためには、最も重要な案件であります。

 教育長の政策、発言は、市長自らの考えを代弁していることともいえるので、市民、議会には覚悟

をもって提案されたことだろうと思います。


 是非、今後、はから、市長自らの考え、政策をよどみなく発揮できるような体制を早期に作って頂きたいと願っております。

 


 
e0317698_21432634.jpg
  おじさんは貸切という言葉に弱いですね。


 先日(11月23日)は、十文字踏切近くの鳥ふみで、酒の会、定例会?が催されました。

 今回も、凄過ぎる酒、美味しい手作りの酒の肴で、いつもの楽しいメンバーで充電してきました。

 ありがたいです。 幸せです。

 その後、道場 〇〇めでは、門下生一同、稽古修行を積んで参りました。  ありがたいです。 

 ストレス解消、充電できる場所、趣味、人はありがたいですね。 

 仕事も、人間関係も、バランスが重要と思います。  皆さん、お世話になっております。

 明日は、会派代表者会議があります。今まで我が会派の会長である木村清貴議員が議長になったので、

繰り上げ?会長です。

 様々な役職が単なる名誉職とならないように、新議会、皆さんで頑張っていきましょう!

 新たな議会には、実践で、直ぐにこなせる人が様々な場面で必要です。


      待ったなし!の横手市議会なのです。

by masahirogenki | 2013-11-26 21:53 | 活動報告

胃の定期健診~経鼻内視鏡~

 今日は、胃の定期健診をやってきました。

 小田島まさる内科胃腸科で、毎年行っています。先生が横手病院の消化器内科の勤務医としておられる時

から、主治医としてお世話になっております。

 私は反射が強く、「うえっ!うええっ!!」の連続で医者泣かせです。 高校、大学の卓球部の先輩である湯

沢市の山本内科の先生から、「鼻からやってみたらよ。」のアドバイスを受けて以来、今に至っています。

 小田島先生の検査は職人技です。やさしく声をかけてくれながら、本当に楽に終わりました。

  「これなば、おめじぐね。」です。

 ガン検診率が決して高くない秋田県、胃がんの死亡率が日本一。早期であれば、助かります。

 皆さん、検診を受けましょう! 経鼻内視鏡、お勧めです。

 「暴飲、暴食に気をつけて下さい。」 やさしく、でも強く、しっかりと言われてきました。

 なにしろ腹の中を見られているんだから、嘘はつけません。 全てをお見通しのようでした。 名医です。

 大腸ガン検診も予約をしてきました。「今は(飲み会が)忙しいでしょうから、2月頃いかがですか?」

     名医です。

 これから平鹿地域局との情報交換会です。 有意義な会議となるでしょうが、今日は気をつけて早めに帰ってこようと思います。




 由利本荘市矢島の土砂災害、お悔み、お見舞い申し上げます。  自然災害、多くなりました。

 危険個所のマップづくりと対策、避難のあり方、自主防災の仕組みづくりなど、身近な地域局と連携して取り

組んでいかなければならないと思います。

by masahirogenki | 2013-11-22 15:06 | その他

山田久志さん講演~市議会議員研修~

e0317698_11235931.jpg


 昨日は秋田市のキャッスルホテルで、能代市出身で、プロ野球解説者の山田久志さんの講演がありました。

 いや~、久しぶりに1時間半の講演時間を集中して、楽しく、わくわくしながら過ごしましたね。

 話が上手でした。時おり裏話などを取り入れて、節目節目で、人との出会いが自分の人生を変えていったと

いう内容でしたが、感動して聞いておりました。

 改めて、秋田県出身者には素晴らしい人たちがいる、ということを実感してきました。活用?という言葉は適

当でないかもしれませんが、秋田県の応援団として、今後もご協力をお願いしたいものだなーと思います。

 
e0317698_11334948.jpg


 今朝は、農地水の地域活動を行いました。天気が回復して良かったです。

 水路のますの泥上げが年々大変になってきていることから、床板をコンクリートにしました。

 「やれやれです。」

 リンゴの収穫作業が進んでいることを願っています。

 人材センターなどの人たちが、急きょ選果場からりんご畑に移動して、収穫作業を進めているとのことでした。

 天気が続いて、山の方の雪が解けて、リンゴ畑に軽トラが入れるようになっていればいいんですが。

by masahirogenki | 2013-11-16 11:42 | 活動報告

気持ちまで折れそうになる果樹雪害

 今日は、地域局、農業政策課、果樹試験場から、雪害状況をそれぞれ伺ってから、現地調査に向かいました。

 「これほど酷いとは!!」です。

 ぶどう棚については、3年前の豪雪時よりも被害があるのでは、と感じてきました。

 りんごについては、これから主力品種の「ふじ」の収穫を前に、収穫の悦びが一転して、農家が意気消沈しておりました。

 雪害から3年経ち、やっと6割まで収穫量の回復を見込んでおりましたが、本当に悔しい初雪でした。

 収穫直前ということが、今回の雪害のやきれないところです。

 関係各機関には、万全の支援策を講じていただきまして、農家を支えていただきたいと思います。

 「この地の農業の衰退はそのまま地域の衰退になってしまいます。」

 「農業だけがなぜ優遇されるのか?」経済人の問いには、理解しようとする「日本人力」が必要です。


 農業は競争力をつけなければならない産業、他の産業からみればそのように映るでしょう。 

 そうなのかもしれません。

 しかしながら、命のみなもと、人が生き物として生きるための食糧を作っている産業です。

 そして、同時に計り知れない自然災害というリスクを抱えている産業でもあります。

  「あんたがたは、やりますか?やれますか?」

 国はこのままで、食料を外国に委ね、競争力をつけさせるために、国民の命をも外国に委ねてしまうのか。



 フィリピンの台風災害では、今も食糧、水が行き届かず、治安が悪化しているそうです。


  この地の農業、地域は絶対に守らなければなりません。  

 多発する様々な自然災害に対して、1、災害に強くする(品種改良、品種選定など) 2、セーフテーネット(行

政において、自然災害発生時に直ぐに対応できる条例の制定、基金の創設など)の仕組みづくり 3、消費

者、国民が日本の農業を守る意味を理解できるように、日本人力を育む教育体制などの整備が必要と思います。

e0317698_18432617.jpg


e0317698_18443172.jpg


e0317698_1845514.jpg


e0317698_18453390.jpg


e0317698_18455949.jpg


e0317698_18461917.jpg


e0317698_18464387.jpg


e0317698_18473148.jpg


 暗くなってもまだ作業をしておられました。 頑張っている農家の方々と握手をしましたが、どの方も凍えるよ

うな冷たい手をしておりました。  


 (こんな時にもかかわらず、)手を止め、ゴム手袋をはずして、「おめでとう、えがったな。」と手を差し出されました。

   、、、、、参っちゃいました。

by masahirogenki | 2013-11-14 19:23 | 活動報告

初雪~まだ早過ぎるでしょ!~

e0317698_1502476.jpg


 天気予報どおりに初雪が降っています。

 まだ早過ぎます。りんごもぎが終わっていません。

 外での仕事、どんなに寒くて、辛いことか!  どうかできるだけ暖かくして、作業をして下さい。

 私はハウスのビニール取りや、周りの片付けなど、なにもやっていません。

 まさか根雪にはならないと思いますが、(ならないで欲しいです。)天気が良くなることを願っています。

 心の準備が整いませんよね。  やっと衣替えをして、こたつをかけました。 またこの季節がやってきてしま

いました。ついこのあいだこたつをはずしたような気がしておりますが、、、

 明日は臨時議会(選挙後初の議会)です。議長を始めとして、議会の体制を整える議会です。議会改革の

流れをさらに加速させて、市民から期待される議会となるように取り組んで参ります。

by masahirogenki | 2013-11-11 15:12 | 思うこと

東京平鹿町会~首都圏大応援団~

 
e0317698_1031441.jpg


 昨日は、第39回東京平鹿町会が錦糸町のホテルで、開催されました。高橋大市長も出席されて、ふるさと

横手市の状況を報告し、農産物を買っていただくことで横手市を応援して頂くようにとの挨拶がありました。

 
e0317698_1032940.jpg

 
来年は、40回の節目の年で、「ふるさと探訪ツアー」を企画されているそうです。より多くの方々に参加して

いただくように取り組んでいくとのことでした。横手市の大応援団なのですから、我々地元と連携して一緒に活動を進めたいものです。

 
e0317698_10323464.jpg

 声楽家(テノール)で、平鹿町吉田地区出身の小松田茂さんが横手市民歌を歌ってくれました。素晴らしかったです。

 
e0317698_103254100.jpg


 直ぐ近くに見えていたので、歩いて向かいましたが、山登りと一緒で、思っていたよりも遠かったです。

 
 
凄い人で、どうやって登ればいいのか分からず、迷った末に、「当日券?」で並んでいる人たちの最後尾に

到着しましたが、「こりゃいつになるんだか、、、」ということで、あっさりとあきらめて、ただ見上げてきました。

 
 昨日の朝は、関東地方で、強い地震があり、3,11を思い起こしました。東京は震度4で、ホテルの部屋が1

9階だったので、しばらく揺れていました。幸い何事も無かったのですが、いつ、どこで自然災害に遭遇するの

か、突然であり、「心構えはしておかないと」、と感じた次第です。

 帰りの電車では、偶然雫石の米農家の方と一緒になり、都内の学校との交流に行ってきた帰り、とのこと

で、お互いに理解が進むように頑張りましょうと、情報交換をしてきました。

by masahirogenki | 2013-11-11 11:30 | 活動報告

平鹿りんご味覚まつり大盛況

e0317698_17432972.jpg

 醍醐保育園の太鼓で幕開け  大勢の人でにぎわっています。

e0317698_1744090.jpg

  恒例のイベント、りんごの皮むき競争です。 たくさんの参加者でした。
e0317698_17443230.jpg

  りんごの直売所、10時半頃には売れ切れてしまった品種がありました。飛ぶような売れ行きでした。

e0317698_17445248.jpg

  果樹試験場のコーナーです。リンゴのお菓子(アップルパイ)は商品化してもらいたいほどの美味しさでした。
e0317698_17451576.jpg

  地元のお母さん方が暖かい芋の子汁を作ってくれました。美味しかったです。

 
 ゆっぷるを会場にした平鹿りんご味覚祭りは今年で13回目です。

 毎年11月3日文化の日に開催しておりますので、お客さんが覚えてくれていて、毎年ここでりんごを買うことを決めている人が多いようです。

 秋田市からもかなりのお客さんが来てくれているようで、定着したイベントになったようです。

 今年は、天気が良くて、過去最高のお客さんの数だったのでは、と思います。

 雪害復興は、まだまだで、災害前の6割の出荷量だそうです。

 皆様方には、味が日本一の平鹿りんごを食べて、買い支えていただきたいです。

蜜入りの「ふじ」は5日から収穫が始まるとのことでした。今年は少々こぶりですが、味がよく、色づきも良好とのことです。

by masahirogenki | 2013-11-03 18:03 | 思うこと

農業功労賞~第136回種苗交換会開幕~

 昨日から仙北市で、種苗交換会が始まりました。大勢の方々に訪れて頂いて、農業の祭典が成功することを願っております。

 今回の農業功労者は3名の方々でしたが、由利本荘市の高野一彦さんは、お医者さんで、農村医療に貢献された方だそうです。

 後のお二人は、私の知り合いで、以前からお世話なっている方々です。

 最初に神戸和猛登(かんべかずもと)先生は、私と同じ新潟大学農学部同窓生であり、同窓会の顧問です。

 合併時の選挙の際には、先生から推薦の言葉をパンフレットに載せて頂きました。

 先のブログにも紹介してありますが、秋田県におけるリンゴ研究、普及の第一人者であります。

 全国標準となった「リンゴ無袋栽培」の基礎を築かれ、平成23年豪雪災害では、被害を受けた農家を励ま

し、復旧を願う熱い気持ちから、「雪害に強い樹体にするための誘引技術」の講演会を果樹試験場で開催いたしました。

 また、先般は誰でもが取り組みやすい、リンゴの木を見る時のポイントを分かりやすく解説した「リンゴ樹相

診断のすすめ」を出版されました。

 たくさんの先生の受賞を祝う人たちが発起人となって、お祝いの会が開催されるようで、私も案内をいただきました。

 「先生、おめでとうございます。これからも、りんご栽培の人たちの元気づくりのためのお力を貸して下さい。」


 もうお一人は、伊藤博さんです。私が就農して以来、本当にお世話になっている、兄のような存在の人です。

 就農当時は、雲の上の人で、あこがれの存在でした。一緒に菌床しいたけに取り組み始めた時から、親しくなりました。

 一緒に酒を酌み交わしながら、くじけそうになった時に励まされて、支えて頂きました。 今日私がなんとか

専業農家としていられるのも、博さんのおかげと思っております。

 博さんの「博」は「博士」の「博」だと思います。そのくらい研究熱心で、常に新しいことに挑戦しております。

 ホウレンソウの「メガ団地」、「しいたけ団地」を作り、若い担い手を育て、技術統一を図りました。

 経営者はもちろんですが、地域の雇用をたくさん生み出し、皆さん活き活きと発展を続けております。

 「このような取り組みが、横手市の他の地区でもあればな~、点が面に広がれば。」と思い続けております

が、なかなか広がりません。 今後も手を引っ張り合う施策を提案して参ります。 

人が全てです。 

 私はいい時にいい人たちと出会いました。  この時の方々を中心に受賞祝賀会があります。

 おめでたい席が続き、幸せです。

 が、

 TPP交渉に対する自民党の公約違反ともとれる今の交渉状況、さらには、突然の農政の大変革、減反制度

の廃止、補助金の削減、廃止など、全く寝耳に水とはこれのことか、です。


 政府が政治力を発揮しようとしているのでしょうが、独断専行では、全く理解されないものと思います。

 消費税の増税、これに伴う大企業優先の政策、財界優先など、全く地方や弱い人たちの立場に目を

向けていない政府の独断専行、独裁者のような行動は、許されるものではありません。


 私たちが選んだ国会議員の方々に経緯と対応を説明をしていただきたい、と思います。

 

by masahirogenki | 2013-11-01 13:35 | 思うこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line