カテゴリ:趣味のこと( 40 )


登山教室・地形図の読み方~湯川温泉・北上線、路線バスの旅~

e0317698_12482798.jpg
くらさんの講義

e0317698_12484614.jpg
読図問題その1

e0317698_1249669.jpg
読図問題その2

e0317698_12492215.jpg
ほっと湯田駅 ホームに融雪設備があり、雪がありません。

e0317698_12493553.jpg
岩手県交通の名ガイドをしてくれた運転手さん。最高でした。

 一昨日(1月18日)は大仙市太田公民館で登山教室がありました。猛吹雪の中頑張って参加してきました。今回は本格的な読図、コンパスの使い方で、具体的な問題が出されて、実践的な講習でした。まだ、谷と尾根の区別が的確ではなくて四苦八苦しながらも、コンパスの使い方がぼんやりと分かってきたかなです。
 
 午後からは湯川温泉の馴染みの宿で、新年会でした。 やっぱり雪が凄かったですね。 駅前からの路線バスの運転手さんが最高でした。 地元大好きが伝わり、優秀な売り込み隊長でした。 温泉宿のおもてなしと料理、酒、会話にどっぷり癒されて鋭気を養って参りました。


by masahirogenki | 2015-01-19 13:15 | 趣味のこと

登山教室2~太田公民館・倉田陽一氏~

e0317698_194833100.jpg
2回目の開催

e0317698_19485740.jpg
講義が始まる前にくらさんが登った山を思い浮かべて日本アルプス中心に山々を書き連ねています。講義中も山を思い浮かべて話をされているのが伝わりました。

e0317698_1949172.jpg
頑張って色を塗った地形図

e0317698_19493585.jpg
ポケットに入るサイズの折り方

e0317698_19495433.jpg
もやい結び(多分)

e0317698_1950887.jpg
厳重なゆるまないもやい結び(多分)

 今日(12月21日)は第2回目の太田公民館主催の登山教室でした。 今日は登山用語の説明からでした。くらさんのお話には、ご自身が登った山の一つ一つの景色が思い浮かんでいるんだろうなという雰囲気が伝わってきて、同じ場所を登ってみたいと思いながら勉強をしておりました。

 今日は期待していたコンパスの使い方でしたが、机の骨組みが金属だったためにコンパスがくるい大変でした。地形図は上が北となっていますが、北極点は地球の状況から微妙に違うそうです。(現在は)地形図の右側の説明5.磁針方位は西編約8°10′(8ど10ふんと読みます。) んっ?ですよね。 今日はこれの修正(正しい北方向)の講義でした。次回まで「山座同定」の平行線を引いてくるようにとの宿題でした。コンパスの使い方、奥が深そうです。まだまださっぱり分かりません。

 次はロープワーク、これも「もやい結び」だけで全体が四苦八苦、先ずは雪おろしに使えることからこの結びだけに集中しての講義でした。 以前私は釣りをやっている時に仲間で船を所有しておりましたので、この「もやい結び」は特訓を受けて出来ていたはずですが、、、いや~勉強になりました。
 「勉強をする。」っていくつになっても大変ですが、(多分好きなことだから)「知る」ということは楽しいです。「新しいこと、未知なるものへの挑戦、知りたいという欲求は、生きる喜びってこういうことなのかも!」と感じます。 感謝です。  


by masahirogenki | 2014-12-21 20:28 | 趣味のこと

登山教室~太田公民館主催・菅官房長官来横~

e0317698_12132693.jpg
案内のハガキ

e0317698_12135049.jpg
次回まで用意してくるように言われたもの

e0317698_1214884.jpg
国土地理院発行の2万5千分の一の地形図

e0317698_1214199.jpg
地形図に50メートルおきに色を塗ってくるように宿題を与えられたので、その為の色鉛筆

 12月10日は12月定例会最終日でした。本会議前に予算特別委員会が開かれ、議員から修正案が提出されました。既に寿松木、青山両議員のブログにあったように(修正案が)全会一致で可決され、本会議も同様に可決されました。高橋大市長にとっては初の否決となった案件ですが、重要議案であった組織機構改革案は全会一致で可決されました。(私は常任委員会で賛成の立場で討論をいたしました。) 今後とも是々非々の立場で横手市議会は進んで参ります。

 さて、いよいよ寒さが本格的になり、今夜から大雪とのことです。お手柔らかにお願いしたいところです。真冬の楽しみは登山教室の座学です。くらさんの講義を聞くのが唯一の楽しみです。 次回は2回目ですが、地形図の読図です。コンパスを使いこなせるようになって、一人でも山登りが出来るようになりたいと夢見ております。 地形図を読めると行く先を想像できるそうで、想像が正しかったかどうか確かめることがまた楽しいらしいです。 「ほほ~~、、、」だんしな。
 「次回までに地形図の等高線に沿って色を塗ってくるように。そうすると山の形が分かるようになる。」とのことで、これから時間を見つけてやってみます。なので、あまり大雪になってほしくないです。

 今日はこれから菅官房長官がみのり川候補の応援演説に横手に来られるので、行ってきます。3時から旧ヤマダ電機駐車場なので、たくさんの皆さんのご来場を願っています。 14日は投票日です。お早目に期日前投票をなされて、義務を果たしてゆっくりして下さい。  

 追記  菅官房長官の演説には1000人以上の方々が来られたようでした。 
 さすが、たたき上げの菅さんです。 オーラが凄いです。 空気が変わりましたよ。  秋田の誇りですね。
 我々は、この地で誇りを育てあげましょう!! 今回の選挙、本当に大事な選択です。 
 「問題点なら誰でも言える。 問題点を解決出来る人、力(予算、執行)を確実に出せる人を国政に送りましょう!!!}

e0317698_19473156.jpg








by masahirogenki | 2014-12-12 12:41 | 趣味のこと

峰越林道・真昼岳~グレートトラバース再放送~

e0317698_940185.jpg


e0317698_9402961.jpg


e0317698_940456.jpg


 
 雪が降らなくて、穏やかな天気が続いてくれてありがたいですね。
 晩秋の陽気に誘われて、車で行けるところまでということで、峰越林道に行ってきました。 1台先行車の足跡があり、ちょっと安心して車を進めましたが、途中で引き返していました。 (くらさんかも、、、)
 まだ大丈夫だろうと4駆を信頼して登りましたが、いよいよ前に進めなくなり、後もうちょっとで登山口でしたが引き返しました。 途中多分熊と思われる足跡がたくさんあり、しかも新しくてドキドキでした。

 
 「グレートトラバース第5週」を録画していましたが、長野県の大きな地震報道で、中止になっていました。再放送は、12月7日(日)13時からBSプレミアムで放送されるようです。その前にもあるかもです。 ようき君のブログで知らせてくれるそうです。
 今回の地震で、被害にあった皆様方にはお見舞いを申し上げます。 白馬村(はくばむら)のはくばという名前は30年前に「はくば」となったそうです。それまでは山の名前と同じ「しろうま」で、「白」は「代」からで、「代かき」の時期を知らせる馬型(雪渓)からの由来とのこと。
 日本3大雪渓は、白馬(しろうま)、針の木、剣沢です。 先日くらさんから教わりました。




by masahirogenki | 2014-11-24 10:14 | 趣味のこと

登山教室・太田公民館~倉田陽一氏~

e0317698_817827.jpg
くらさんこと倉田陽一氏 ご自身の使っている道具を取り出して。 まるでドラえもんのポケットのように次から次といろんなモノが出てきて感心しました。 ザックに入れる順番など参考になりました。

e0317698_8172660.jpg
ひざ痛予防のテーピング 「たったこれだけ?」で、相当な効果があるようです。機能性タイツも離せないとのこと。私も同感です。

e0317698_8174190.jpg
ひざ痛時のテーピング (見ていると)簡単でした。

 昨日(11月16日)は、大仙市太田公民館主催の山登り教室に参加してきました。講師は、真昼山地の県立自然公園管理人で、ガイドをされているくらさん・倉田陽一さんです。 くらさんは年間200日も山登りをされている方で、山のことを知り尽くしておられます。「真昼山地山模様」というブログはお勧めです。

 この教室は、初心者が安全に、自分で登山計画を作って一人でも登れるようになるまでのコースです。これから毎月1回雪が消えるまで座学を行い、シーズンになったら山登りをするという楽しみな教室です。

 最近は登山ブームが再来してきているようですが、きちんと登山の基礎からを教えてくれる場が少なくなってきており、いきなり初心者が難度の高い山に登り、死に至る遭難者が増加しているそうです。
 「安全に山に登れるように。」との思いから今年で3回目の開催だそうです。定数20名が2班での講習で、本当にありがたいことです。(東京辺りでの登山学校は十万円単位の受講料ですが、ここでは3000円です。)

 今回はガイダンス、登山用具・用語についてでしたが、次回は地図の読図です。コンパスを使いこなせるようになりたいです。 楽しみです。 関係者の皆様、ありがとうございます。


by masahirogenki | 2014-11-17 08:46 | 趣味のこと

グレートトラバース日本百名山~田中陽希~

e0317698_972096.jpg


 先日、ようき君から旅を無事に終えたとの絵葉書が届きました。

 一人一人にこのようにおそらく千枚単位で書いているのでしょう。 イラストが上手で、丁寧な対応が彼の人柄を示しております。 頭が下がります。 本当に凄い人です。

 偉業を達成しても、謙虚であり、感謝の気持ちを持ち続ける。 かくありたいものです。

 ようき君は今スポンサー周りをして、報告会を毎日のようにしているようです。 機会があれば、「ここでしか言えない」というような話を伺いたいものです。

 若い人の偉業は全国に感動を与えたことです。今後のご活躍を期待しております。

 「がんばれ!がんばれ!ようき!!」


by masahirogenki | 2014-11-14 09:22 | 趣味のこと

日本百名山ひと筆書きグレートトラバース~田中陽希君その2~

e0317698_18423157.jpg
応援グッズのTシャツ

e0317698_18424810.jpg
後ろには陽希君の顔 ここにサインがあれば、、、


 先日(9月8日)に日本百名山の応援グッズが届きました。 グッズによっては品切れがあり、惜しいことをしたと思った中で、このノースフェイスのTシャツがあったので、購入しました。 なかなかいいです。

 先ほど、(9月11日夕方5時40分頃)国道13号線の醍醐大橋付近を大きなザックを背負って歩いている人がいました。「陽希君みたいな人がいるもんだな~。」と顔をみたら、なんと9月7日に陽希君が鹿角市の大湯温泉を過ぎた辺りでばったり出会った外国人の方でした。彼はある目的のために8月末に北海道の南幌を出発して、歩いて名古屋に向かっているそうです。(陽希君の毎日の日記からの情報です。)
 間もなく暗くなりかけておりましたが、どこまで歩いて今日はどこに泊まることか、、、

 陽希君は、本州最後の山、91座目の岩木山を昨日登り、今現在は青森の竜飛岬に到着したようです。
 凄いです。本当に凄い。後1500キロとのことですが、明日以降津軽海峡の状況をみて、カヤックで北海道に渡るのでしょう。 北海道は、大雨の危機的な状況は脱したようですが、まだまだ土砂災害などの危険があります。 ましてや山歩きは危険が伴います。 無事を祈っております。
 9月20日夜9時からBSNHKで、グレートトラバース日本百名山ひと筆書きの特集番組が放映されるそうです。 録画しますよ。 皆さんも見て下さい。 「がんばれ!がんばれ!ようき!!」    

 今日は素晴らしい天気でしたね。 鳥海山、 真昼岳、 薬師岳、、、みんな綺麗に見えました。今日登った人はラッキーですね。最高だったと思います。

 追記、現在(9月12日、午前7時)陽希君は津軽海峡をカヤックで渡っているようです。順調に無事に到着できるように祈っております。 9月7日に東屋のカツ丼を食べたくなり、盛岡に行ってきました。カツが2重重ねで、「おおう!」でした。 


                                                                                      


by masahirogenki | 2014-09-11 19:09 | 趣味のこと

日本百名山ひと筆書きグレートトラバース~田中陽希~

e0317698_8115616.jpg
プロアドベンチャーレーサー田中陽希30歳

e0317698_8121268.jpg
一緒に写真を撮ってもらいました

e0317698_8124674.jpg
鳥海山法体の滝

e0317698_813339.jpg
向こうに滝と赤い橋が見えます

 昨日(8月30日)は、NHKで放送されている日本百名山ひと筆書きグレートトラバースの田中陽希君に会いに猿倉温泉の鳥海荘まで、自転車で行ってきました。 当日は休養日で、せっかく休んでいるところなので「迷惑をかけたら、、、」と不安でしたが、快く会ってくれて感激しました。

 「これから竜飛までを考えて、今日一日2週間ぶりの休養日にした。」とのことでした。

 この「日本百名山ひと筆書き」は、深田久弥の随筆「日本百名山」で定められた100座を陸上は徒歩、海上はシーカヤックの両方を人力のみで繋ぐ前人未達の全く新しい挑戦です。

 プロアドベンチャーレーサーの田中陽希君が、4月1日に鹿児島県屋久島の宮之浦岳を1座目に出発し、最終目的地の北海道利尻島の100座目利尻岳を10月末頃を目指して挑戦しています。

 29日に86座目の鳥海山に登ったことの情報を得て、是非とも会いたいと思い、願いが叶いました。今現在は次の87座目早池峰山を目指して歩き初めていることと思います。今日は横手市に着くのかな。皆さん歩いている田中陽希君を見かけたら声をかけて応援して下さい。 「ガンバレ!ガンバレ!ようき」
 
 ネットで検索すると、詳しく載っています。 昨日は陽希君から元気をもらい、前回あまりの猛暑で途中断念した法体の滝まで足をのばしてきました。

 それにしても全部人力、しかも短い期間で。 凄いことです。 そう、ただ者ではありませんね。

 なんでもそろう便利な世の中、飽食、もっともっとと際の無い欲望むき出しの今の世の中で、「敢えて(昔のように)全て人力、自分の足で苦しみながら山に登る。」  考えさせられます。 また、山に登りたくなりました。

 今日はこれから「秋田県消防防災訓練」です。



by masahirogenki | 2014-08-31 08:42 | 趣味のこと

早池峰登山

e0317698_18581960.jpg
登山口 奥に見えるのが早池峰山

e0317698_1859635.jpg
5合目 岩登りが続きます

e0317698_1901914.jpg
鉄梯子 登山の師匠K、Nさん

e0317698_2014621.jpg
頂上です。風が強くて寒いくらいです。ガスで何も見えません。
e0317698_18595587.jpg
早池峰は携帯トイレ推奨(携帯トイレのみ)

e0317698_1903116.jpg
頂上の山小屋にある携帯トイレ専用個室(中は専用の便座のみです)

 今日(8月23日)は大曲の花火ですね。雨が止んで良かったです。 最後まで雨が降らないように願うばかりです。

 広島では、土砂災害により多くの方々が亡くなり、また未だに多くの方々が行方不明とのことで、 お悔み申し上げます。と共に一刻も早い無事の救出を願っております。  夜中の災害で、避難勧告指示のタイミングの難しさと、ゲリラ豪雨の予測の速さが課題と思います。

 先日は、前から登ってみたいと思っていた岩手県の早池峰山に初めて登ってきました。 古くからの信仰の山であり、麓には宿坊もあります。もちろん神社も。 

 名前のイメージからは女性的な山かなと思っていましたが、実際は険しくて急峻な登山道で、蛇紋岩(じゃもんがん)という硬くて滑りやすい岩の登山道が続き、気が抜けない登山でした。 鉄梯子は、スリル満点で、ドキドキです。 それでも振り返ると景色が広く見渡せ、向かい側にはこちら側とは全く違う様相の森林でおおわれた薬師岳が真正面に見えて疲れを癒してくれます。

 早池峰山は、携帯トイレ使用でも有名です。特に女性は登山に限らず、アウトドアにはトイレ問題が切り離せません。 自然環境を守る、保護する観点から重要な取り組みです。 1枚目の写真の右側のボックスは、使用した携帯トイレの回収ボックスです。(原則は持ち帰りですが。)

 早池峰登山でリフレッシュできました。25日(月)からの9月定例会、集中して取り組みます。


by masahirogenki | 2014-08-23 19:41 | 趣味のこと

和賀岳縦走~和賀岳ニッコウキスゲを見る会~

e0317698_16341377.jpg
一瞬のガスが晴れた時に撮れた和賀岳山頂での集合写真(主催者から提供された写真)  どなたも公表されては困るという方はいなかったので。主催者が現地で確認しました。

e0317698_1635170.jpg
ガスが立ちこめる薬師平での集合写真(主催者から提供された写真)

e0317698_16353747.jpg
和賀岳山頂でのお昼、眺めはあんまり、、、

e0317698_16355395.jpg
和賀岳山頂を少し下ったところの感動的なニッコウキスゲの大群落

 7月12日は、大仙市太田支所主催の「和賀岳ニッコウキスゲを見る会」の登山がありました。30人の定員に対して、募集開始3時間で締め切りとなった人気の登山です。 遠くは長野県からの人や、県内では大館や秋田市からという人もおりました。

 私は、和賀岳は2回目ですが、前回は秋の登山で、日が短いために、縦走を途中であきらめて戻りました。今回は、初めての和賀岳山頂で期待しておりましたが、超大型の台風8号が接近してきていたため、ほとんど登山の開催そのものをあきらめていました。

 くらさん(太田町在住で、真昼山地の県立自然公園の管理をしながらガイドをされている方。「真昼山地山模様」というブログはお勧めです。)の最終的な判断で開催されました。 いたれりつくせりの親切な配慮で、ゆっくりなペース、適度な休憩で、本当に楽に楽しく登ることができました。 プロの配慮でした。
 (くらさんの)予想よりも天気が悪く、あいにく眺めはあまりよくありませんでしたが、あこがれのくらさんとじっくり話を伺いながらの登山でしたので、「雨もええがよ。」の気分でした。 元々雨はそんなに気になりません。  自然の中でのことなので、当たり前のことと受け止めています。余計な力が抜けるまでには時間はかかりましたが、、、

 「日本の山は数あれども、1400メートルを超える山頂に花が咲いているのは和賀岳くらいだ。」との言葉が印象強く残りました。」

 自然の中に身を置いて一人自分とじっくり向き合える登山、いいです。 今度は天気の良い時に登ります。


by masahirogenki | 2014-07-14 17:03 | 趣味のこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line