カテゴリ:思うこと( 128 )


アドバイザー成功例~岩手県紫波町~

 のどかな農業の町「紫波町(岩手県)」に、驚愕コンセプトの図書館誕生で、大盛況!という見出しでデイリー新潮のニュースをヤフーで先日見ました。
 紫波町というと、餅米「ヒメノモチ」の大きな産地として有名ですが、私は、種もみとして、紫波町の知り合い(所属する釣りクラブ)から、譲ってもらっておりました。
 「里山資本主義」の著者で、地域再生の専門家の藻谷浩介さんと紫波町の公民連携開発事業「オガールプロジェクト」に参画した都市再生プロデューサーの清水義次さんとのトークイベント「地域再生とまちづくりのコツ」での抜粋したニュースでした。
 図書館兼公民館みたいな建物で、親父バンドの演奏から、展示会、商品販売、たまには結婚式までやる。何でもありのスペースがあり、図書館の上にはリビングルーム的空間で、学生がたくさんいる、建物とのこと。
 さらに、隣には、「農業支援図書館」というコンセプトから、産地直売所「紫波マルシェ」の建物があり、これも成功しているとのこと。
 さらにさらに、図書館の隣には、バレーボール専門のアリーナと、ビジネスホテル兼合宿所のような建物が併設されていて、全日本を初め各大学、高校の合宿で使われているとのこと。
 以下トークイベントの一部を掲載します。

 藻谷 図書館担当と産直担当は全くかけはなれた部署にいるわけだけど、どうやって実現したんですか?
 ⇒清水 役場に公民連携室という部署横断的なセクションを新設して、その時々の必要に応じて、教育委員会の隣にしたり、都市計画課の隣にしたり、役場内でどんどん席替えをしながら、プロジェクトを進めていったんです。
 藻谷 なるほど、組織上だけではなく物理的にも人材を撹拌したわけですね。
 ⇒清水 教育委員会など「本好き」だけで図書館作りをさせたら、結局、蔵書数だけが自慢の、読書室付貸本屋が出来るだけ。でも、じつは図書館は地域で一番の情報ハブセンターですから、それだけじゃもったいない。そこでプランニング段階で、ビジネス支援図書館推進協議会というNPOに声をかけて、秋田県からその道に詳しい司書の方に臨時職員として来てもらったんです。
 以下続きます。検索して続きを是非読んで下さい。 いろいろと参考になり、思うところが出てくると思います。
 わたしは、二つのことを感じました。
 一つは、建物は、多機能なもの、複合的なもの「兼ねているもの」がこれからは求められる。
 二つ目は、「組織はオープンであり、且つ腹を割った本音を言い合える環境でなければならない。よその血、(アドバイザー)を交えて形作られていく風土が組織に必要である。」「人と人とが顔をつき合せる。」ということです。
 紫波町は近いので、行ってきます。「やるっしゃよ!」
 横手市も「やるっしゃよ!」を頼むよ。
e0317698_15245641.jpg
今日(12月17日)は樽見内営農組合で、御法川代議士の国政報告会があり、柴田県議ともども参加してきました。地域の方々には雪寄せ等で忙しい中、たくさんの方々にお集まり頂きましてありがとうございました。
 代議士には汗をかきながら、分り易くお話をして頂きました。
 「財政金融委員長」という要職、横手市には心強い存在です。
 

by masahirogenki | 2016-12-17 15:45 | 思うこと

遺族が県広域連合と和解~パワハラ自殺訴訟~

e0317698_9123228.jpg
今朝(11月30日付)のさきがけより

 今朝の魁新聞に、横手市から県高齢者医療広域連合に派遣していた職員が「上司からパワハラを受けた。」ことを悩み苦しんで自殺したことから、遺族が損害賠償を求めた裁判で広域連合と和解した、との記事がありました。
 亡くなってからこれまで3年近く、遺族の苦しみは続いていたことと思います。
 この問題は、横手市、横手市議会双方が「広域連合側の言い分に不服を覚え、第三者委員会による調査を求めました。」第三者委員会の報告は、あくまで「パワハラは無かった。」とするものでした。違和感を覚えましたが、組織による真相解明の道は閉ざされてしまい、遺族だけがこれまで孤軍で立ち向かっていたことです。
 横手市議会はその後、「ハラスメントの講習を2回行い、理解を深めたところです。」
 講師の先生によると、
 「本人がハラスメントと感じれば、それはハラスメントである。」とのことです。
 遺族の話にあるように、「上司の経験不足が一因」であると私も同感です。
 管理職はコミュニケーション力、総合的な人間力を養うべきであり、そのような方が管理職にならなければなりません。このようなことは二度とあってはなりません。
 遺族の方々には、「是非とも今後心穏やかにお過ごし頂くことをお祈りしております。」
 ご冥福をお祈りいたします。



by masahirogenki | 2016-11-30 09:49 | 思うこと

社会保障と税の一体改革

e0317698_10413113.jpg
今朝(11月24日付)の魁の一面から 7月の参院選前に選挙対策で、安倍首相はそれまでの自身の公約を破棄して、「消費税10%への増税を再延期しました。」
 「消費税はすべて社会保障に使います。」との公約でしたから、増税分の財源が無くなった影響が来年度予算に出てきました。低年金者、低所得者向け対策が不可能となったことです。また、多くの子育て世代や若者も非正規社員との格差で、「夢も描けない生活を強いられています。」が、これにも今まで通り予算は期待できません。奨学金もしかり。
 国が負担増を求めてくるのは、事実上の増税で、しかも「富む者は増々富み」、格差の拡大が世代を引き継いで続くこととなります。
 国の制度改正は、必ず地方行政にも負担増を求めてきます。限られた予算内では、「必ずやらなければならない扶助費」の増加が見込まれて、「市民が求めるインフラ整備等の投資的予算確保が厳しくなります。」  先日の都市計画審議会の席上で、「計画的に事業を進めるためには、基金の創設が必要なのではないか。」と発言いたしました。
 地方行政は国の都合で振り回されてばかりです。 最近は県も。横手市の「未来づくりプロジェクト」、どうなるんでしょうね。

 トランプ次期大統領誕生効果で、アメリカはドル高、金利高、株高と好影響が出ているようですね。日本も、円安、株高と今のところは良いようです。この先はどうなっていくのでしょう。アメリカしだいか。
 経済評論家で、分かり易く解説してくれる三橋貴明氏は、著書の「日本が国債破綻しない24の理由」では、「目からうろこ」のことばかりです。
 氏が指摘する、「マスコミは世論を扇動するように動いているのか。」
 私は細川内閣の時、食管法を廃止して、米の輸入を認めるようにした際には、「大手新聞社などマスコミの扇動を強く覚え、怒りさえ感じました。」 
 今現在も「農家を過保護に守っている。」と多くの国民が誤解しています。
 日本の農業予算の大部分は、土木事業、すなわち公共事業予算です。農家は、「自分の土地ということで、公共事業にもかかわらず、自己負担を求められているのです。」
 世界で一番農業保護予算(直接所得補償)を行っているのはアメリカです。⇒TPPの話題初期の頃は、全米精米協会は、TPP参加を指示していませんでしたからね。日本は減反補助金制度が来年度で廃止です。

 事の裏側を知ることはどんな時も必要です。
 大多数は、目の前の見聞きしたことのみを信じますから。

⇒なぜこうも横手市の政策の推進は体たらくになってしまったのか?
            「動機が不純」 見え過ぎて嫌になりますよ!!



by masahirogenki | 2016-11-24 11:49 | 思うこと

今日(11月7日)の魁新聞から~枝豆、椎茸、楽輪会~

e0317698_19143577.jpg
 先ずは、「農林漁業と食」の特集面(5面)から、その1 枝豆日本一の記事です。なぜ県が枝豆にこだわったのか、よく分かりませんが、枝豆は私も思い入れがあります。
 私が脱サラした理由の一つが「美味い枝豆を作って儲ける」でした。⇒しっかり平鹿町農協枝豆部会と一緒に儲けて、「秋田県アグリチャンピオンシップ」で部会は第2位(副賞300万円)、私は「新規就農者部門で第1位(副賞50万円)」になりました。
 旧平鹿町農協時、枝豆部会の機械の導入(県の夢プラン)による面積拡大のきっかけは「私の(部会員外)による機械もぎによる大規模作付」でした。
 独自機械導入1年後に直接部会長から勧誘があり、部会員と役員同時加入でした。町と一緒になり、枝豆作付を飛躍的に伸ばして、農家が納得する単価で取引を行いましたよ。
 当時私は平鹿町農協枝豆部会の「品評会に出すためのような規格が厳しい枝豆」には思いを異にして、部会に入らず、自分で情報を入手して機械を導入し、(補助金無し、当時農業に補助金があることを知りませんでした。)十文字の小田島青果(ばあちゃんにお世話になりました)と直接大量に相対取引をしていました。
 消費者の皆さん方は、ある程度の規格であって、味が良ければ機械もぎの枝豆で十分でした。私は当時から今までも自家製堆肥を大量に施しています。(今は枝豆ではなく、大豆ですが。)
 今の枝豆機械もぎ、大規模作付の先駆者と自負しています。
 県は、「枝豆出荷量日本一」を目指したのか、それとも今は「戦略的に出荷量」にしたのか。
 市場評価を得るには「量は」必要なことですが、 
 「量」だけでは、生産者がついてこれず、あきらめて、結局は出荷量も減り、市場から見放されて、元通りになってしまいます。
 農家には「単価」が一番です。⇒魁さん「単価がキーワード」だ。農家の責任は当然だが、引っ張ってきた県の、「高単価」=「農家の手取り、うま味」の戦略の失敗を明らかにして、「高単価」の戦略を打ち出さなければならない。 
 官民連携の記事ではねぇ、、、せっかくの話題がねぇ、、、 こんなんじゃ「ほじつがねっべしゃ!」
 「定量出荷、均一規格」は市場からは当たり前の要望であり、だからこそ「高単価」になることです。
 行政が「高単価となる戦略を作れるのか、今が正念場です。売るのが下手な秋田県と言われているなか、秋田県の政策に期待して、注目して参ります。
e0317698_19151966.jpg
その2 椎茸煎餅 同じ5面にあります。「しいたけの規格外品に付加価値をつけて、お金にする。」まさに今の私の課題です。寝ても覚めても頭に残っています。「風味」はもちろんですが、「健康、病気予防」の高付加価値商品の開発、がもっかの課題です。
e0317698_1916761.jpg
その3 特養待機者の記事は社会面(25面) 
 全国では待機者が減少しているが、秋田県は高齢化率が高いことから、増加とのこと。
 横手市の待機者は約200人、1年待ちと説明されています。
 横手市直営の「白寿園」は、臨時職員が足りないために、「空ベット」がたくさんあります。民間と待遇が違うために、募集しても来てくれません。
 待機者は多いのに。 
 税金で施設を増床したのに。経営赤字(特別会計です。一般会計とは別にして、経営を明らかにしているのですが、)が出たら、それも税金で補てんです。
 市長はどのような政策支持を出しているのか?担当厚生常任委員会(議員)ではずっと前から指摘していますが、全く、さっぱりです。⇒「お役所仕事としか見えんぞ!!」「やしめで!!ば〇やろ〇!!」

e0317698_19163159.jpg
 おまけ 横手楽輪会、秋の交通安全に協力です。下田会長以下8名が「秋の交通安全週間」の初日にパレードした時の写真が会報の表紙になっていました。 「やるっしゃよ!ええんしな!!横手楽輪会」 

 今日(11月7日)の魁、どうしたの?というくらい今日はえがったんし。いつもこのくらい読むところが多いといいのに。
 1面はTPPに関してでしたが、「国会での議論は期待していませんので、スルーです。」
 ただ、アメリカへのリーダーシップを発揮なんて、「どちらも国民に評価されていないよいでね大統領候補だから、後にも先にも今だけかもですが」、それがTPP法案早期成立の大きな理由なんだからね。
 「農業者としてはなえっでが!〇か〇〇う!!」だ。



by masahirogenki | 2016-11-07 20:27 | 思うこと

TPP法案、特別委強行可決⇒こんなんでいいの?!

 今日の寿松木孝議員のブログにありましたが、「超いいね!」です。全くその通りです。
 私は国を信頼していません。
 「国民に対して全く説明無し、どうなるのか分からないまま、「強引に政治力を発揮するさま」は先の「横手市のアリーナ建設の進め方」とだぶり、「あり得ないやり方」です。
 「選挙制度」
 国(国会議員)は議員内閣制、「数の力でなんとでもなる制度」です。
 だからこそ、少数派、野党が「ブレーキをかけて、議論を重ねて、「日本人に一番利益をもたらす政治、良い制度、仕組みを作る」ことが国会(議員)の責任です。⇒TPPは日本人全体に利益をもたらすのか?
 国(財界人)の言い分は、日本は資源の無い国⇒原料を輸入して付加価値(車)を作り、輸出し易い制度(TPP)にして儲ける⇒儲けたお金で貧乏人(農業者)を救う。という三段論法は、本当にこれからの世の中に通用するの? 食料の安全保障って、国の一番の仕事じゃないの?
 ⇒与党を誰が応援しているのでしょうか?「自分の利益を確保しようとしている財界人、経営者、団体、そして外国人(日本人以外)のお金持ちの政治力です。」
 「与党が数の力で押し切る世の中、投票率が50パーセントそこらで、組織力で勝ち取る選挙の仕組み。」
 「だまされた。」後でよく聞く大多数の(選挙にも行かなかった)一般有権者の言葉です。
 こんな投票率、組織票で、「国民の声だ。」と堂々とまっとうに、強引に進める与党勝組政治、これに手も足も出せない野党負組。 「理性、モラルはもはや死語になってしまったのか。」

 「すごい国になってきたもんだ!」

 本当にこんなんでいいの?

 皆さん、自分の意志を示しましょう! 世の中、あきらめてはいけません。 投票率が上がれば、必ず世の中が、日本が変わっていきます。

 「強い立場の者(政治家?政治屋)が、「勘違いして」、一部の強いもの言う立場の者(企業、経済人、外国人)のために「政治力を発揮する世の中を変えていきましょう!!」⇒「政治は弱い人たちのためにある。」⇒「だから、今の世の中に意志を示しましょう!」
 こんなことが、「二元代表制(首長と議員が別々の選挙で、独立している)の地方政治(横手市)でも、未だに横行している現実。」  
 「地方政治(横手市)、選挙には、与党も野党も無いんです。」
 「是々非々」が地方議員(横手市議会議員)の当たり前の姿だ!!
 
「確信犯、もしくは勘違いしているヒマワリ議員は、「議会改革」を語るな!!」

 最も身近な議員がこんなだから、国の(法に守られた)横暴が強行されて、「後から弱い立場の人たちが泣きをみて、「こんはずじゃなかった。だまされた。」と悔やむことが昔から連続の世の中だ。」
 でも、野党も情けないから、選ぶ人がいないもんな。これも現実の日本国だ。 
 横手市も以下同文。
「変えられるのは、選挙だけだ!」⇒もう悔むことをやめましょう。 
 ⇒「有権者の資質以上の政治は出来ない。」これも真なり。





by masahirogenki | 2016-11-04 18:51 | 思うこと

祝!平成ウィンターカップ優勝!!

 今しがた、平鹿町バスケットボール協会会長の伊藤勇一会長から連絡が入り、
 「平成が優勝して次は東京だ。」と興奮が伝わる連絡が入りました。
 バスケット大好きおじさん達は、きっとまた東京に応援に行くことを段取りしながら、上機嫌で大館から帰っていることでしょう。

 改めて、「平成男子バスケットボール、全国高校バスケット選抜優勝大会(ウインターカップ)の優勝おめでとうございます。秋田県高校バスケットボールの平成時代がこれから築かれていくことをお祈りしながら、応援していきます。」
 「スポーツ立市よこて」を全国に先駆けて表明した横手市、スポーツによるまちづくりを進めていって欲しいです。活躍する子供たちを応援し、支える家族を応援し、指導者を育成し、応援する市民を応援し、訪れる方々を横手市の応援者とするための全市の「おもてなし」を育てる。
 全国に誇れるものがたくさんある横手市、まだまだ、いろいろと「やれること・やるべきこと」があります。



by masahirogenki | 2016-10-30 18:24 | 思うこと

全員協議会って?停滞は議会側にも責任があるのでは。

e0317698_12275296.jpg
先日厚生常任委員会で視察した加賀市は議会改革でも先進地です。加賀市は横手市と同じく平成17年10月1日に合併して誕生した現在の人口が69,000人の市です。議員定数は20人ですが、現員数は17名とのこと。常任委員会は予算決算委員会を含めて、4つ、特別委員会を現在4つ設置しており、各議員はほぼ常勤状態なのではと思います。

e0317698_1226137.jpg
注目すべきは、各常任委員会を毎月1回以上開催していること、全員協議会も毎月1回(平成27年度は13回)開催していることです。

e0317698_12295654.jpg
今日(10月25日)の加賀市議会のフェースブックより。議会改革進んでおります。さすがに質問項目鋭いです。

 地方議会の仕組みでは、議案審議を効率よく精査するために、常任委員会をいくつか設置し、議員がそれぞれの委員会に所属し、各常任委員会に議案審査を付託することです。
 この常任委員会の機能が十分に発揮されているからなのでしょう、
 「加賀市議会の本会議場には、マイクが2本しかありませんでした。」
 議会側には質問席に1本、当局側には登壇席に1本あるのみで、議員席はもちろん、市長席、部長席にはマイクがありませんでした。
 加賀市議会の議会運営では、質問、質疑は全て「通告性」とのこと。開会日に議案が提案されたら、その日の本会議は終了とのこと。
 「えっ!!!」 マイクが無いのに驚きましたが、「なるほど、質問が通告性なら、そうだよな。」
 部長答弁も全て登壇して行うとのこと。 
 通告性だから、議案に対する質問と一般質問は全てが「提案型の質疑で、政策に対してのみ」とのこと。
 よほど普段の常任委員会が活発に機能していないと、このようなことは出来ないのではないか、また全員協議会がうまく機能していないと、「中身が分かったうえで質問することは無理」と思います。
 実行している加賀市議会、議員の資質が素晴らしい(補佐している事務局職員を含めて)ことを証明しております。

 もう一つ頭を殴られたような説明を受けました。
 「各常任委員会では、年度当初に政策提案をいくつ出すか、「目標数値を決める。」」
 「必要なら、条例化する。」
 私は、当局側には数値目標を持つべきだ、と訴えてきましたが、自分には設けていませんでした。 
 まずい!!
 横手市の議会改革、まだまだです。
 横手市の「(招集は市長で、議長が進行役を務める)全員協議会」、「常任委員会協議会」、果たして、目的のために機能しているのだろうか?
 ただの、仕組み、通過点としての(招集は市長で、議長が進行役を務める)会議にしか映りません。
 「執行権の範囲」ということなのでしょうが、
 「それを甘んじて受けている、事務局を含めて議会側にも大きな責任があるように思います。



by masahirogenki | 2016-10-25 13:17 | 思うこと

マンパワーが足りない~農業分野~

e0317698_11563475.jpg


 今日(10月5日)付のさきがけの1面に、「農業、訪問介護に外国人」という大きな見出しの記事がありましたね。
 様々なクリアしなければならない問題はあるでしょうが、「早期に具体的に実現して頂きたい!」と思います。

 私は、今ハローワークに募集をかけていますが、ほとんど反応がありません。同業者も同じようです。
 社会的には、「失業者が少なくて、健全なこと」であるので、好ましいことですが、一事業者としては、死活問題です。
 農業にはマンパワーが必ず必要です。
 地元にマンパワーがいないのであれば、また事業の拡大は地元経済にとっても必要ですので、政府諮問会議の席上、安倍首相が「政権が掲げる地方創生を実現する上で極めて重要な提案だ。実現に向けた議論を加速する。」と話したことに期待したいです。
 大潟村の村長の、「外国人受け入れによる農業専門人材の確保」の提案、素晴らしいです。

 国においては、「特区の範囲を広げる」、「特区の要望があった地域には原則これを認める」といった配慮が欲しいです。
 横手市も特区に向けて具体的に動いて欲しいです。受け入れるための課題等、「どうすれば可能か」という視点で、組織全体で取り組んで頂きたいです。 
 高橋市長は、「農林部を特化して創設したんです。その思いを具体的に示して頂きたい!」 
 人手不足、本当に深刻です! 「今後ますます人材の確保が困難になる」、ことは容易に想像できることです。
 「事業主を(若者を中心に募集して)、育成するだけでは片手落ちです。」
 「事業主が健全に継続的に経営を営めるように環境を整えてこそ、横手市の基幹産業としての位置づけが万全となるのです。」

 台風18号、こちらに向かっていますね。「なんで日本を横ぎらなければいけないの?こんな小さい国をわざわざ横断する必要があるの?」
 前回のように(北海道では大きな被害になってしまいましたが。)避けてくれることを願っております。


by masahirogenki | 2016-10-05 12:21 | 思うこと

縮小ニッポンの衝撃~NHKスペシャル~

e0317698_12133965.jpg
昨夜(9月25日)のNHKスペシャル 人口減少問題を取り上げて、東京都豊島区、島根県雲南市、北海道夕張市のそれぞれの取り組みを取材した番組でした。最も住民と身近な基礎的自治体が強いリーダーシップのもとに、「ぶれずに」、「覚悟を持って」「責任を果たそう」としていく姿がうかがえました。

e0317698_1214080.jpg
雲南市の職員の方。地域の問題はあくまで「地域住民が主体」となって決断していくこと、と述べられました。「行政の役割とは?」を投げかけられた言葉でした。

e0317698_12141537.jpg
雲南市の「地域自主組織」の住民の方

e0317698_12143156.jpg
若き夕張市長 夕張市は「政策空家」を掲げて、「行政が主体」となって、維持管理費を削減して予算を生み出そうという施策。

 持続可能な基礎的地方自治体(区、市町村)維持のために、「雲南市、夕張市、どちらも住民に痛みを伴う決断を行っている。」ことは共通しておりました。既にこれまでのように「当たり前の行政サービス」を見直すことを決断している自治体があるのです。
 横手市は、財政にまだちょっとだけ余裕があるうちに、「あれか、これか」を選択しなければなりません。
 「ハード事業」に関しては、よくよく検討しなければなりません。
 「ソフト面」でも、どうしてもお役人がやらなければならないこと、以外はアウトソーシング、民間委託をして、人件費を抑えなければなりません。
 議会改革もその一環として、常に「これでいいのか?」の検討を自ら第三者的な目線で行うことが必要です。

 人口減少、少子高齢化、財源不足の問題等々、これまでの行政のあり方では対応できないことが日本全国で起こっています。
 雲南市の「地域住民主体」、夕張市の「行政主体」での意志決定。どちらが正解かは分かりません。それぞれの地方自治に、個性というか特徴が出されて、その地域に一番良いと思われる自治が既に行われているのです。
 今後は「行政」「住民」双方が試されます。

 特徴ある地方自治を進めるためには、
 「確かな人間力、総合的な魅力」を持ったリーダーの存在が不可欠であること。
 加えて、呼応して自分の仕事の中身を良く理解して、与えられた職務権限の中で自ら頑張る職員の存在、の2点が重要である、と思います。
 そして、総論賛成、各論反対とならない議会、議員の資質、覚悟が必要です。

 横手市は合併してから約900ある公共施設をほとんどそのまま持ち続けて現在に至っています。
 「公共施設に関する調査特別委員会」が議会に設置され、市当局側と協議を重ねる場が出来ました。私は副委員長となりましたが、「お互いの覚悟を住民に示す。反発は当然予想されますが、決断を下したら、丁寧な説明をして、理解して頂くように務めることが、これから求められる市長、議員の資質、役割である。」と思います。
 「確かな人間力、総合的な魅力」ですよ!



by masahirogenki | 2016-09-26 12:53 | 思うこと

自転車交通指導隊~横手楽輪会~

e0317698_10423043.jpg

e0317698_9322228.jpg
今日(9月22日)付のさきがけ新聞に「横手楽輪会」が横手警察署から「自転車交通指導隊」に指定された記事が載っていましたね。私と寿松木孝議員も参加を呼びかけられたのですが、「議会 決算総括質疑」の日と日程が重なり、参加できませんでした。平日でしたが、参加できるメンバーが代表して、指定を受けました。これまでも交通ルールを守ってきましたが、これからも「他の模範となるように、自転車乗りを続けたい。」と思います。なにしろ目立つラッピングユニフォームなので、「これからも皆さんよろしく」です。

e0317698_9324296.jpg
昨日(9月21日)横手市議会議員、議会事務局職員にアイパッドプロが貸与されました。以前から先進地を視察して、ペーパーレス化、ICT化の導入を進めてきて、やっと実現しました。膨大な資料、紙の山から必要な資料を直ぐに手元で見ることが出来ることから、これまでより効率よく政務活動が可能になります。議会報告会を含め、個人的な報告会の際に役立ちます。また、議員同士、事務局との情報共有がタイムリーで可能となります。高い買い物についた、とならないように活用していきたいと思います。
e0317698_9325891.jpg
自分がこれまで使っていたアイパッドエアーをどうしようかな?と迷っています。いつも二つ持ち歩いているのも、、、 しばらくは、二つ持つことでしょうが。

by masahirogenki | 2016-09-22 09:56 | 思うこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line