カテゴリ:思うこと( 164 )


リーダーの資質~組織の判断、意志決定~

 最近、毎日「またか!」、「日本どうしたんだ?!」という事件ばっかりですね。

 みずほ銀行(日本有数の銀行でしょ。)の暴力団への融資を知りえる立場(知っていたはずです。)の3人の歴代頭取が事実を隠してきた。 

 組織ぐるみで、隠ぺいを続けてきたということでした。

 組織には立派なコンプラ委員会があったのにもかかわらず、トップがこれを無視したら、なんの意味もありま

せんよね。金融庁から「書類の提出を求められなかったから、出さなかった。」とても組織のトップの言葉とは思えません。

 銀行のお金は、自分たちのお金だと思っているのか?

 様々な人がお金を借りにくるから、一定の貸し出しルールを決めているんでしょ?

 基本中の基本がこの巨大な組織には欠落していたんですね。

 リーダーの資質、判断で、組織はいとも簡単に信用を失い、陥落していく。 怖いことですね。

 きっと、風通しの悪い組織なのでしょうね。

    リーダーの力量が改めて問われます。



 どんな組織、行政だって同じことです。 「銀行のお金」を「税金」に変えたら、、、

      「聞かれなかったから、(情報を)出さなかった。」

       「聞かれたことしか、(情報を)出さない。」

  横手市議会と当局側で、よく話題になった言葉でした。



 
 それにしても、最近の日本、変です。

 JR北海道、東京電力、プロ野球コミッショナーの飛び過ぎボール、カネボー化粧品、オリンパスの粉飾決算、、、

 ちょっと思い出すだけで、こんなに出てきます。 まだまだあったような気がします。


 何を信じればいいのか、、、   良識はあるはずなのに。

 
      強いリーダーシップを持つ人の出現を期待しています。


 台風24号が間もなく温帯低気圧になるようですが、強い雨と風に注意だそうです。

 
      リンゴや、梨、などの果樹の災害がないことを祈っております。




 

by masahirogenki | 2013-10-09 11:00 | 思うこと

公約を守れないのか?!政府自民党!

 勝ち過ぎは良くなかったのか。

 農家をだまし、国民をだまし、選挙に勝つために、うそをついた。  詐欺行為だ!

 先の衆院選では、

「聖域なき関税撤廃を前提にする限り交渉参加に反対」という自民党の公約でした。

 参院選でも同様の公約でした。

 自民党TPP対策委員長の西川議員の今の話によると、「貿易自由化率を目標通りに高めるためには」、

 「重要5品目を全て守ると、目標に達しない」ということでした。

 そんなことは最初から、交渉参加前からあんた方は分かっていたことでしょう?!

 選挙前に国民には何も知らせないで、今になって、事務交渉をこのままでは進められないなんて、

 とんでもない人だ。立派な詐欺師ですよ。

 安倍政権、勝ち過ぎて、アクセルを踏みっぱなしの大暴走を始めたのか?

 
 今後の行方を注目していきましょう。  最初から実は、「聖域なんかなく関税撤廃を前提に交渉参加」していたんだから、

 選挙のやり直しだってありうることだと思います。

       交渉からは、即時撤退、中止して頂きたいです。

   (ほんのちょっと昔なら、)「腹を切れ。」ですよ。 日本人の名誉だけは守らないといけない。

 (官僚じゃなく、選挙で選ばれた国会議員が委員長で、日本の「代表」で交渉しているんだから。)  

    覚悟が必要でしょ。 あるの?


 

  台風24号の進路が気になります。風が強くて速度が速いという特徴のようです。

 新規就農したばっかりの時の台風19号を思い起こします。


 
 何とかそれて欲しい。

 りんご農家、施設園芸農家、皆さん祈っていることだろうと思います。

        何とかそれて下さい。

by masahirogenki | 2013-10-07 13:38 | 思うこと

消費税増税8%~社会保障費にいくら回るのか~

 先ほどの首相の記者会見を見ていました。 「消費税を8%にする。」との決定です。世界的には、低い

水準の消費税ですが、日本では馴染みがまだなく、目的税だからということで、少しずつ理解が進んでいると思います。

 今日の話では、1、デフレ脱却、経済再生を確実にするために5兆円のお金を企業の投資に回す。回して、

企業の業績を良くして、結果税収が上がって、財政を健全化する。

 (5兆円の財源はどこからなのでしょう。消費税増税分、3パーセント分は8,1兆円という試算だったような、、、) また、復興特別法人税の廃止による財源は?

      (増税が本末転倒にならなければいいのですが、、、)


2、企業に投資を進める政策をする。(税金を投入する。)→それによって、企業の収益があがったら、さらに

設備投資をさせて、雇用を生む、 賃金を上げる、(もっとも重要なことです。)ように促す。ということでした。

 果たして?!!!

 いい質問をした記者がいましたね、一番最後の日本経済新聞の記者です。「企業が適切に賃金を上げたの

かどうかをどう見極めて判断し、その企業を優遇するのか?」という主旨の質問でしたが、ちぐはぐな答弁でした。

 首相も企業が儲けたお金をこれまで従業員に分配しないで、また国内の設備投資に回さないで、内部留保

を続けてきた、といことを明言していましたね。(よく言った。拍手パチパチ)

 いつの頃からか、姿、形は一見日本人のように見えますが、日本人の心、マインドを持った企業家がいなくなりました。

 そんな人には日本から出ていってほしいです。税金も何もいらないから、二度と日本人として帰ってくるな、

というくらいの政策をしてほしいですね。

 デフレからの脱却は賃金の上昇しかない、内需が拡大し続けることによって、個人消費が続く、→企業収益

が上がる→税収が上がる→社会保障費の財源確保、賃金が上がることが保障される→結婚できる→少子

化対策→個人消費が続くの連鎖です。(終身雇用制は日本的で、見直すべきです。)


 しかし、こんなシナリオが描けるのか?
  

 いつの頃からか、ほんの一部のお金持ちに日本が動かされるようになってしまいました。




 一方で、

 年金を頼りに暮らしている人たちはたくさんいます。年金を貯蓄に回している人はほとんどいないでしょう。

同居の親族などの生活費の一部にもなっていることでしょう。

 このお金は、横手市のような地方の経済活動にも大変役だっています。地方では、年金は、地元の貴重な

内需に役だっています。

 このお金を減らそうとしています。  中央で政権を担っている人たちは、地方という現場を分かっているのか?!!

 
  「データに基づいた効率的なことばっかりやっていると、いつか酷いしっぺ返しにあいます。」



  

 今日のテレビで先天性風疹症候群は、ワクチン接種さえしていれば、防げる病気だそうです。ワクチン費用

をなぜ国で出さないんでしょう。     子供は国の宝なのに。

 なぜ、みんな、黙っているんでしょう。  変なことは変となぜ、みんなが声を上げないのでしょう。



       「誰かがやってくれるまで待っているのか。」


 待っている間に、ほんの一部の自分たちさえよければいい人たちが、権力をつかわさせて、自分たちだけが

良くなるようにとさせてしまいます。大きいくくりでも、小さいくくりでも、、、


    (世の中を変えることができるのは選挙だ。 一人一人ができる政治参加です。)


   消費税増税分は、社会保障費と財政再建の原資だったはずだ!(お金に色はないからと詭弁を言わないで欲しい。)  失礼、詭弁にならないようにして頂きたいです。

by masahirogenki | 2013-10-01 20:16 | 思うこと

デマンド交通~皆さん知っていますか?~ 

e0317698_2035472.jpg
e0317698_2036890.jpg

  吉田保育所年少さんのお披露目です。

e0317698_20364044.jpg


 今日は平鹿地域の敬老会最終日でした。3日間連続で出演して頂きました「山内唄おう踊ろう会」の方がたには感謝申し上げます。楽しく愉快に過ごさせていただきました。

 メンバーのほとんどの方々が、敬老会参加資格者(75歳以上)、たぶん平均年齢はもっと上ですね、昨日

山内地域で米寿のお祝いをもらってきた人がおりましたから。(写真左から2人め)大変元気で、とても米寿の方には見えませんでした。

さて、昨日今日は、鈴木信好副市長がご挨拶に出席されました。その中で、デマンド交通の話題をされました。

皆さん、デマンド交通、聞いたことがありますか?利用された方は?、、、

 「公共交通機関がなくなって不便だ、足がなくなって、買い物や病院に行くのも大変だ。」という人たちが、お年寄りを特に横手市では増えています。

 試験的な試みを経て、間もなく、「10月1日」から本格的な運行が始まります。ぜひ利用して下さい。

 タクシーで割安(通常の半額以下)で決められた範囲(範囲を超えるごとに料金が加算です。)で利用できま

す。当たり前ですが、誰かと一緒(タクシーだから4人まで。)の利用でしたら、その分割り勘です。



 昨日でしたか、さきがけに井川町の循環バスのことが載っていました。手をあげると止まってくれる、まるで

タクシーのようなバスが町を循環していて、料金は無料とのことでした。

 私には、「合併しなくて、かえって思い切った政策ができるんだよ、どうだ横手市!」とたたきつけられたような記事でした。

 井川町の取り組みは素晴らしいと思います。 循環バスがどの範囲で運行しているのかは知りえませんが、利用者の多さが素晴らしいと思います。

 横手市のデマンド交通、  バス会社との協議が成功のカギを握っていると思います。

 今のスタイルが最もいいとは思えません。  今でもバス会社に対して赤字分の補助金を出しています。

(国の政策なので、全国共通です。横手市だけではありません。)


 しかしながら、横手市に合うスタイルには、もっと議論が必要です。地元の民間(十文字のラッキー)では、す

でに買い物支援の独自の送迎をしています。

 また、合併前から旧平鹿町では「ふれあいバス」(市直営、無料)を循環させて、「ゆっぷる」と結んでいます。

 今のデマンド交通は、ほとんどの利用者が平鹿病院に行くためのようです。

 ならば、中継点を(市は200円で市内を循環バスを走らせるようですが。これも必要だと思います。)平鹿病

院の所有するバスで送迎、(温泉施設が送迎する青ナンバーバスのイメージ)を運行して、デマンド交通

の利便性を高めたらいいのではないかと思います。



 ほかの民間施設も利便性を高めるために、お客さんにきてもらうために中継点を送迎するバスを運行したら

いいと思います。中継点にいろいろな送迎バスが止まることで、利便性がより一層高まると思います。

             「どちらの視点で施策をするのか?」   

  
 

by masahirogenki | 2013-09-26 22:36 | 思うこと

投票所の削減~効率だけでいいのか?合併効果って、、、?~

 前回、4年前の、市長選、市議選から、投票所を減らしました。

 あの時も投票率を高めるために?という視点で、一般質問をしました。

 合併以降、「効率」が全面に出て、投票所の数を減らすことも、「効率」のために行われました。

             「正しかったのか?!!!」

 選挙という唯一自分の意志が反映される機会の場所、投票所を「効率」のために減らしたことが正しかった

ことなのか、、、   はなはだ自分自身で、疑問でありました。


  ずっと自分の中で、問いかけていました。  間違った判断をしてしまったのではないか、、、 


    今日の敬老会で、やっぱり自分の判断は間違っていたとほぼ確信しました。
 
 

前回の時に、お年寄りから、「投票所が遠くなって、選挙に行かなかった。」という声をたくさん聞きました。



 これだけお年寄りが現役でがんばっている世の中です。この力、影響力をを頼りにしなければなりません。


            「投票所を減らすべきではない!!!」


 「期日前投票所があるから、いいでしょ。」は、「選挙がはたす根本的な役割」と、「効率」をはきちがえている。

  「行政効率とは?と、等しい市民サービスとは?のバランス」は、基礎的自治体のテーマであり、最後は

首長の政治判断です。

 議会、議員は、もう一方の目から議論し、よりよい政治判断としなければなりません。


 私は誤った判断をしてしまったのではないかと思います。



 なんとか、投票所を以前の場所、さらには、人口増の場所などを鑑みて、全体的に今よりも増やす方向に次

回(いつの選挙かな?)の選挙から再度検討していただきたい。 循環バスよりはいいと思います。 



        誰もが等しく選挙を行える環境を整える,担保するべきであります。


  税金を、選挙では、期待と投資、責任の観点から、投入しなければならないことである。

  と思います。


   「選挙でしか世の中を変えることはできない!唯一の意志表明の機会、政治参加なんだから!」


  皆さん、投票率が上がれば、世の中どうなるのか? 想像してみてください。


 
    
        

by masahirogenki | 2013-09-24 21:22 | 思うこと

十五夜~豆名月~

 今夜の豆名月、素晴らしいですね。 「なんでこんなに綺麗なの?」  神々しく思います。

 秋の澄みきった夜空に浮かぶ月、、、、  日本酒が一段とおいしく感じます。 人恋しくなりますね。


 豆名月といえば、いつもこの時期、小田島青果のばあちゃんを思い出します。

 私の脱サラのきっかけの一つが家に帰って美味しい枝豆を作って、一儲けしたい、ということがありました。

 買って食べる身にとっては、たいして美味しくもないのに、値段は高級でした。  ならば!と脱サラしたわけ

ですが、帰って始めてみると、当時は手もぎが主流で、枝豆は、高級品で、品評会に出すような、自主検査が

厳しく、その代りブランド品で、値段が高いというのが、平鹿町農協の枝豆でした。

 当時私は品評会スタイルに馴染めず、いち早く機械によるもぎ取り、選別が自分のスタイルにあっていると

思い、独自で機械を導入して、今では当たり前の、相対取引で、十文字の小田島青果に枝豆を納めていました。

  豆名月の少し前になると、ばあちゃんが高く買ってくれて、また、十文字のお祭りの時は、出荷の時にアルコール抜きの接待をしてくれました。

 いつも、この時期に思いだします。 私自身も周りに支えられて一生懸命でした。 平鹿町農協の枝豆部会

も方向転換し、全県に先駆けて若造に刺激されて、県の夢プラン事業を使い、機械を導入して卸を通じた相

対取引で、どんどん実績を伸ばしていきました。  懐かしい思い出です。  農家のやる気がいつも満ちていました。

 今は、県が枝豆日本一を目指しています、が、農家個々の手取り、収入をいかに上げていくのかが、カギとなります。  

 面積が増えて、出荷金額が増えるだけでは、県、農協単位の話で終わってしまいます。(最近のJA、行政の実績はこればっかりだ。)

 単価を農家が意欲を増せる金額にすること、だから、品質統一、高めるという、同意がブランド

力を高め、日本一に結びつきます。  いつまでも成り行き任せは、売り方がへた、付加価値の高め方がへた、で終わってしまいます。


農家がしびれをきらして、後継者が育たず、そのうち県知事や担当者が代われば、「秋田の枝豆」の行方はわからなくなってしまうかもです。

 十五夜は豆名月です。

 間もなく最後の品種、「秘伝」は最高です。毎年楽しみです。生産者の皆さん、なにとぞ「秘伝」を作り続けて下さい。


 皆さん、「秘伝」を食べることなくて、枝豆のなんとかを語ってほしくないです。 名前もいいでしょ。「秘伝」だもの。

 まあ、食べる前から、ゆでてる段階で、「!!!!!」であろうと思います。

     ただものではない香りがプンプンですよ!(元平鹿町農協枝豆部会役員)

by masahirogenki | 2013-09-19 21:29 | 思うこと

台風18号~十文字お祭り、大相撲初金星~

 今日は大型で強い勢力の台風18号が県内を横切りました。 全国では死者、行方不明者がでていて、多く

の被害がでているようです。

県内は、県央、県北に大雨が降ったようで、いまだに避難指示、避難勧告がでているようです。

比較的この地域は、たぶん被害が少なかったのではないかと思います。  稲はさらにつぶれたようです

が、、、(私の稲も危ないと思っていたところがついにつぶれました。残念!)  リンゴなどは大丈夫だったのかな、、、
 


 今日のように連休中の職員体制、しっかりしておかないといけません。

 我々議員にも、災害時の対応マニュアルがわたされています。(実際に、交通機関が遮断された時など

に対応できるのか、、、) これまでは自主的に動いて、地域局におりましたが、いつも職員、消防団員の方々

の献身的な働きにはありがたく思っております。

 
 


 今日は十文字のお祭りの夜宮です。  台風の接近の中、準備が大変だったと思います。 主催者として

は、それ以前にどうしよう?だったことと思います。  本当にうらめしい天気です。

 

 今日の大相撲の大一番、横綱日馬富士と松鳳山の取り組み。

 今まで7連敗の松鳳山が8回目の取り組みで初金星。

 勝って、土俵上で、感極まって泣いていました。  私は思わずもらい泣きをしてしまいました。

 勝負の世界、厳しい世界なんでしょう。  ああいう勝負の結果の瞬間、 感動しますね。

  大相撲は、「日本の国技」だ。  武士道につながっている。 潔さに感動します。
 


 感動は、国籍を超える。  おとといの「ラストサムライ」の放送も感動しました。

 
 「信じた道を一途に生きる、進む。」  「日本人の誇り」を決して忘れたくないです。

by masahirogenki | 2013-09-16 19:18 | 思うこと

三島八幡神社例祭

e0317698_13252347.jpg
e0317698_13254629.jpg
e0317698_1326335.jpg
e0317698_13261958.jpg


 今日は三島八幡神社の例祭でした。

 毎年呼んでいただいております。  たくさんの宮司さん方が笛や太鼓で、賑々しくお祭りを執り行い、めった

に見られない神楽を舞ってくれるので、参加を楽しみにしています。  今年はお祭りが日曜日になったため

か、子供みこしの参加者が多く、にぎやかなお祭りでした。

 昨夜の朝舞のお祭りは、天気に恵まれたためか、大混雑になって、迷子が出ないか心配になるほどでした。

 おそらく過去最高の人出だったのではないかと思いました。人に酔ってしまうほどで、お囃子がどの町内も

素晴らしかったです。若い人たちが多くいて、後継者が確実に育っています。いいことです。

 また、お祭りの前担当者の職員方や平鹿町出身の市役所職員の方々がたくさん出て頂き、お祭りを支えて

くれていました。これも過去最高の参加者だったのではないかと思いました。 地域のお祭りを地域出身の職

員や関わった職員が支えて、助け合う。  この姿を見ているだけで、元気をもらいました。  ありがとうございました。


 今日の山車の運行はあいにくの雨降りとなってしまいました。 うらめしい天気です。

 
 今日はまた山内の「いものこ祭り」が行われる予定です。  雨が降り続いていて、気がかりです。 

 せめて花火の時には止んで欲しいのですが、、、

 もう雨はいりません。  台風もそれてくれることを願っています。  

  神様には、収穫前に荒い雨風の無いことをお祈りいたします。

by masahirogenki | 2013-09-15 14:03 | 思うこと

一般質問通告~実りの秋に向けて~

 今日は、会派代表質問、一般質問の通告日でした。任期最後の機会ですが、積極的な質問がたくさん通告されていました。

 私自身は、今回行わないことにしましたが、今の問題点を各議員が質問を予定されていて、来週からの緊張感ある質問に期待しています。

 寿松木孝議員は、昨日の軽い飲み会で、通告の影響を心配されたようでしたが、なかなかの通告でしたの

で、当日の舞台を期待しております。 ナシナシ星人、いい表現ですね~。  議会の次の課題が浮き彫りに

なりました。決算委員会のあり方、運営の方法、準備(勉強会)のあり方、、、やることがたくさんありますね。

 次があるようにがんばりましょう! 

 朝晩、めっきり涼しくなってきました。 夕暮れも日増しに早くなってきました。

 季節においてけぼりにされてしまいそうです。

 間もなく稲刈りですね。JA農機センターには所狭しとコンバインが並んで、職員の方々が整備をしていました。 

 豊作とのことですが、自然災害、カメムシの害が無いことを願っています。

by masahirogenki | 2013-08-28 21:57 | 思うこと

集落のお祭り~今を豊かに~

 おとといから集落の秋お祭りがあちこちで開催されています。私の住む中篭田の地蔵様のお祭りも昨日ありました。

 集落の野中神社のお祭りは毎年9月9日で、青年会を中心に、くじ引き、焼き鳥、焼きそばなどを出して、お祭りを盛り上げています。

 「9日の日に出てけれ。」青年会会長からさっき電話をもらいました。「6人しかいない。」とのことでした。

 私は部落の青年会を今も続けています。昔から焼きそば担当です。(ちなみに、今も農協青年部の会員です。)

 野中部落のお祭りのイベントは、青年会がやってきています。青年会のメンバーは、PTAが主体です。

 PTAを抜けると、青年会もやめる、というスタイルが普通です。  なので、子供が少ない今、青年会メンバーが少ないという構図になっています。

 少し前までは、自分の子供がそのまま地元に残り青年会に入るので、青年会のメンバーは維持できました。

 今は子供の数に比例して減る一方です。 おそらくどこの地域でも私の集落、野中のようなことになっている

と思います。   「わがった。いぐ。」  9日は、決算委員会終了後、焼きそば係りです。 私自身も楽しみますよ。


 少子化対策、当たり前ですが大切な政治問題です。  続けていかなければならない大事な政策です。


 そのうえで、


 今、ここに住んでいる人たちが豊かな気持になることが、最も大切です。

 ここの地を好きで、ここの良さを分かり、ここの地で元気に暮らすことが何よりも大切なことです。

 ここの地で暮らす人たちが豊かになることが、子供に伝わり、子供はここの地を好きになり、豊かさに気づ

き、なんとかここで暮らす段取りを考えると思います

 地域のお祭、先ずは自分たちで楽しみましょう!


 行政は、子育て政策、働く場の確保はもちろん大切ですが、地域の元々持っていコミュニュケーション力

を今一度見直し、第2の行政、農協との連携などで、

 田舎力を発揮できる仕組みを作り、「人として豊かに生きる!」を実感できる政策を構築すべきです。
 「田舎の魅力」に磨きをかける政策を打ち出すべきです。

 ここに住んでいる人たちに、ここの良さを気づかせる、自分たちで動くこと、で、豊かさを実感できる、


   「自分たちが主体だ!」という偉大なる田舎らしい田舎にしていきましょう!


 

 明日から任期最後の議会です。

 今議会は24年度決算があります。特に責任がありますので、所属する産業経済常任委員会は、事業効

果、反省点をしっかり当局側とお互いに認識して、次の政策に活かせるように、活発な委員会、議会となるように努めます。

by masahirogenki | 2013-08-25 21:03 | 思うこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line