カテゴリ:思うこと( 144 )


住民投票~鳥取市の事例~

2012年5月20日に鳥取市で、「市庁舎整備のあり方」の住民投票が行われ、投票結果とは違う判断を市長が示した、という記事がありましたね。あり方とは、「移転新築」か「既存の建物を耐震補強して使う」ということのどちらか?ということを問う住民投票で、結果は「お金をかけずに耐震補強、、」だったのが、市長判断が「移転新築」としたということでした。(記事では耐震補強のほうがお金がかかると、後(住民投票後)で分かったとのこと。また、よく庁舎に行く人が、新築移転。たまにしか行かない人が耐震補強だったとのこと。投票率は50パーセントほど)

 この記事で、鳥取市役所職員労働組合 宮谷卓志 さんの論文、投稿も載っていました。

 問題点、ご指摘の通りだと思います。氏は深く政策決定、議員のあり方、責任、議決の重み、市民の役割、責任、制度を理解されていると思いました。

 そもそもなぜ住民投票だったのか?

 この問題の全ては、議会が「決めれない。」、「リーダーシップがなかった。」、「風をよむことしかしなかった。出来なかった。」、「議員の資質の低さ」、市民力(大衆圧力?に負けない)に対する「なぜなのか?」という説明する力が無い、覚悟が無いことが、(結局は)市民を巻き込むごたごたの原因です。

 自分は市民の声の代表である、政策決定者だという自覚がない。→議員、議会はいらなくていいですよ。

 氏の言葉の中で印象深かったのは、「市長、議員は、選挙などの結果で任期(責任)は切れるが、建物、建設費はもちろん、維持管理費がその後、市の負担となって残る。」ということです。(その市長、議員を選ぶのは市民です。)   

 私たちの責任は重いんです。→重い(重要項目)ことは住民投票→議員は必要ないでしょ。(だいたい何が重要項目?)→成熟した住民投票とは?


 議員は将来を見通して様々な視点から総合的に判断しなければならない。 住民代表の立場である、が、だからこそ議員として(説明責任をはたして)政策決定をしなければならない。 信頼関係を築かなければならない。

 
 だから、選挙に出るんでしょ? 議員になって何をやるの? 何をやりたいの? なぜ議員になったんですか。  なぜ人の代表になったんですか。 (経験が)長いだけでいいのか。


自らを律することができなくて、(二元代表制の相手で ある)市長を批判できるのか!!

あっ、ほとんど身近な横手市議会に対してです。


by masahirogenki | 2013-06-07 20:57 | 思うこと

議会のルールその2~会議のルール~

 6月定例会が10日より始まります。自治基本条例、などの条例案、財産の取得や、クリーンプラザよこてなどの契約案件、職員の給与削減案(たぶん)、一般会計補正予算や国保の確定などの予算案などが当局側より上程されます。

 さて、今回の議会のルールですが、議会内部についてです。

 議会では会議が効率よく、スムーズに、そして議論を深めるためにいろいろと工夫していています。会議規則を設けて、議員に規範を求めております。

 工夫の一つが常任委員会制です。現在横手市では、総務文教、厚生、産業経済、及び建設の4つの委員会を設置しており、議長、副議長を含めて議員すべてがどれかの委員会に所属しています。

 (そのほかに特別の目的、調査、結果を求めて、特別委員会が設置されます。)

 これは膨大な案件を効率よくそれぞれの専門分野の委員会で、詳しく、細部にわたり議論を深めてより良い結論を導き出すための設置、運営です。

 ここで重要なワードが「付託」(議案を委員会に付託する、と使います。)です。広辞苑によると、「付託」とは
1、たのみまかせること。依頼。2、議会などで、ある議案を本会議の議決に先だち委員会などの審査にゆだねること。とあります。

 ここにあるように、最終的には本会議の議決で決定されることですが、よほどのことがない限り、委員会の決定はそのまま本会議の決定となります。

 議員がお互いに「付託」していることですから。違う結果を求める時はよほどの思いで、覚悟をして、本会議に臨むことです。
 以上については市長(当局側)から出された提案に対してのことですが、「議会案」というのもあります。
 
 議会案はその通り議会側からの提案です。今議会の最終日に3月議会で議会改革特別委員会(議長からの設置要請)委員長から最終報告があった議員定数条例改正案が議会案として提案されます。 委員長報告を受けて、議会運営委員会が提案する段取りのようですが。


 委員会に自分たちの身分についてのことを付託して、皆さん方の意見も頂いて、きちんとしかるべき段取りを踏んで委員長が最終報告をしたわけですから、全会一致(全員賛成)であること以外は本来はありえません。 議員が自分たちから出す議案(しかも身分、議員定数に関すること)を覆すようなことがあったら、横手市議会は市民からの信頼を維持できるでしょうか。 よほどの覚悟をもって臨むことです。 

    議員一人一人のリーダーシップが求められます!

  自らを律することができなくて、市長(当局側)を批判できるのか!! 


by masahirogenki | 2013-06-06 08:37 | 思うこと

議会のルール~紳士協定~

 やっと田植えが終わりました。周りの田んぼでも今週初めはどうなるんだろうってくらい田植えが進んでいませんでしたが、ほとんど終わったようです。明日、明後日(土、日)が、この周辺では最後だと思います。天気が良かったので、雑草も早いんじゃないかと思い、除草剤は今日散布しました。やれやれです。
e0317698_19182488.jpg


 さて、今日の秋田さきがけ、 県議会では「6月補正が始まる前に各会派に内容を説明した」とありました。

 これは、議会がスムーズに動くため、議員がしっかり勉強して中身がよくわかったうえで本番(本会議)に臨む、議論を深めるために行っていることです。

 横手市議会も、意図は同様で、議案説明会、行政課題説明会、全員協議会、各常任委員会、→公式(議事録をとる)、場合によっては全員協議会懇談会、常任委員会懇談会、各地域出身議員説明会など、→非公式(議事録をとらない、記録はとりますよ、いつでも。)の機会を設けて、議員に(当局側から)情報を流す仕組みをとっております。 もちろん議員個人でも普段から活動して様々な方法、手段で情報を得ています。当たり前のことです。


 県や市の当局側主催の各会派への内示や、議案説明会、行政課題説明会などは、議会に対するいわば「段取り」です。

 「段取り8分」とは昔から言われておりますが、物事がうまくいくためには「段取り」が大切です。農家では、「苗8分」が沁みついていて、物事の最初の段取りには気配りをします。

 横手市では「風疹予防接種費を全額、対象者(23歳~45歳男女)に補助する。」そうです。秋田さきがけによれば。

 大変良いことだと思います。前から市の対応はどうするのか、注目していましたので「中身は良かった」と思っています。

 残念なのは「紳士協定が守られなかった」ことです。 よもや事務局がくれる「政策会議」の資料で十分と判断したとは、、、思いたくありません。  紳士でいたいので。

  「パフォーマンスだけのリーダー」を自ら選択してしまったのか、、、  
                「 残念!!!!!」

by masahirogenki | 2013-05-31 20:16 | 思うこと

人材育成~競争に勝つ~

 田植えの真っ最中です。三浦雄一郎さんには到底敵いませんが、日焼けして、人相がそれなり 「農家だぜ!」(自慢!!)になっています。普段から深爪にしているので、爪は余り黒くありませんが、、、(それでも土が入って黒い、)「農家の勲章だぜ!」(自慢!!)  この時期、スーツを着なければならない時もいつも通りあり、スーツを着た方と接する時には申し訳ない気持ちにもなります。(でも、農家同士での飲み会でのやりとりは、お互いに頑張っているなー、と絆を感じます。)仲間として見てくれているような、ホッとした安心感があります。

e0317698_21151641.jpg
  あいさつされているのは横手市出身(横手高校出身)の石川耳鼻咽喉科教授  右隣りが澤田医学部長


 さて、先日は横手高校出身で秋田大学医学部に入学した父母で作る後援会、名前は青雲会(あおくもかい)に出席してきました。今年で39回目で、秋田大学に医学部ができて間もなくからの後援会(PTAのようなもの)のようです。秋田高校にも類似の組織はなく、県内では唯一の地域の後援会です。私は入会するまで、この組織の存在を知りませんでした。 今年の横手高校は4人が入学しました。
e0317698_19384530.jpg
   説明してもらっているのは羽後町出身(横手高校出身)の小児科教授の高橋勉先生

 大学側から総会時には、澤田賢一医学部長(血液、腎臓、膠原病内科教授)   石川和夫(横手市、横手高校出身、)耳鼻咽喉科教授   高橋勉(羽後町、横手高校出身)小児科教授   学務課課長(小松一幸さん)にご来賓としてご出席をいただいております。

 先生方からは、秋田県内からの医学部入学を期待している、そして将来の県内医療を担う人材を育成したい、さらには教授候補を育てたいとの熱いメッセージ、県内医療にかける思い、秋田大学医学部の発展を願う気持ちを伺いました。今年で秋田大学出身の教授が51人誕生したそうです。

 指導体制の充実(屋根瓦方式、オーベン、先輩医師、研修医2年目、1年目、学生(5年生、スチューデントドクター、私の娘は5年生です。)屋根瓦のような積み重ねのチーム)、は感心しました。さらには、学生をどの講座が最もよく教育したかを表彰する制度の創設(副賞がすごい!本気度が伝わります。)、最も驚いたのは、学生が教授陣を評価して、順位をつけるシステムです。 
 教授は「民間では当たり前でしょ、順位が下がったら気にして、もっと(教育を)工夫しなければならないと気づかされる。」とのことでした。

 秋田大学医学部、すごいです。(ちなみに、25年度医師国家試験合格率96,9パーセント、国立大学6位)

 ただ、問題は、入るのに難関だ、ということです。国立の医学部には全国の有名な進学校から受験してきます。(私立も多いです。)地域枠も設けておりますが、いかに卒業後に(医師が)県内に残るのか、が問題です。現在は県外出身の2割が残ってくれるようですが、、、  せっかくの秋田大学医学部ですからね。

 難関を突破する土台作り、 競争に勝つ意識づけ、、、情報提供、  早いほうがいいと思います。自分自身の反省からは、小学校の3年生あたりから準備しておけばよかったと思っています。

 中学校から公立(県内はほとんど公立ですから)でも、医学部進学コースなどの選択を設けることが必要である、検討すべきであります。
 
 公立だからこそ、親の負担軽減が図られる。


 英会話だってそう、英語で本気で(外国人)相手と喧嘩できるくらいの英会話力が欲しい。本物です。

 なぜ医師が地方に定着しないのか。それは、子供の教育環境の充実がないから、が大きな理由だと、都会に住む医師から伺ったことがあります。国際教養大学の活用次第では、秋田県の大きな発展に結びつくことが期待できます。



 ちなみに今年度(25年度)初めて中高一貫校の横手清陵から秋田大学医学部に3名入学しました。

 秋田さきがけの月曜論壇に横手市出身の前教育長の根岸均さんの「分野を絞り人材育成を」は、私にはまさにタイムリーな記事でした。 「公と個を対立的にとらえることなく、公の要請に応える中で、個を磨いていく仕組みを構築することが肝要と考える。」   拍手です。
現実的には、氏のご提案されている奨学金制度の導入をして、塾や交通費、場合によっては下宿代の負担軽減を早急に取り組むべきと思います。


e0317698_20591740.jpg


by masahirogenki | 2013-05-29 22:30 | 思うこと

住民投票~東京都小平市~

 先日は、ブログを更新しようとして結構がんばった(タイトルは、農業所得倍増?~アベノミクス~)がパソコンの操作を誤ったみたいで、消えてしまいました。ショックから立ち直り、、、

 どうか失敗しないようにです。

 小平市の住民投票は50年前の都の計画道路見直し、(作るか、作らないかを問う)、住民発意の住民投票のようですが、投票率が50パーセントを下回ったら開票しないというルールで、話題になっています。

 住民投票って?

 身近そうであまり身近ではないですよね。

 住民投票には、1、憲法、法律に基づくもの(具体的には議会の解散や首長のリコールなど、これは有権者の3分の1の同意で成立、結果が過半数だと解散成立。地方自治法76条、78条)→議会や首長の判断する余地なし。他に合併特例法によるものと、  2、条例に基づくもの(身近では、合併前の岩城町が秋田市と合併するか、本荘市と合併するかを全国初となる18歳以上の住民に問うた。)→議会や首長は結果に拘束されず、判断材料とする。乱暴な言い方だとアンケートのようなもの。)があります。

 少し固くなってしまいましたが、基本知識として参考にして頂いて、今回の小平市。住民からは、「多額の費用をかけて実施するのに、50パーセント以下だと開票しないということであれば行かない。」とか、〇鹿な記者が「市長選挙は37パーセントの投票率だったが、今回はなぜ50パーセントという基準であったのか。」とかいろいろあったようですが、、、

 「ええかげんにせんかい! 自分たちの政治参加、直接的なせっかくの機会を放棄して。(行かないことが、リーダーに対する自分の意思表示かもですが。) しかも住民側からの住民投票で。」

 そうかな?

 なんか短絡的過ぎでない? 算数のように明確に直ぐに回答が一つしか出せない、ようなものなの?

 結果を直ぐに求める。 自己主張は立派です。 

  でも、責任は?

  薄っぺらいんだな。

 マスコミ、社会がその時その時に機械的に動いてしまっている。→ 人も社会もいちいちその情報にせわしなく動かされてしまっている。

  「もし自分だったら、、、  相手の立場であれば、、、 」

          「どうだろう?」  


         なんか気味が良くないよなー。


 アンケートレベルかもしれないけど、議員は結果を重んじますよ。もしも、んんん???って時はきちんとなぜかを説明して、(住民投票の)結果とは違うことも当然ありますが。

 そもそも我々議員は直接皆様方から選ばれた法に基づいた権限を有する皆様方の声の代表ですから。


 住民投票を行なったから、結果(住民の意志)がそうであるからと、自治体(首長)のご都合で物事が進めば、いいことよりも、悪いことのほうが多くなるのではないかと危惧いたします。(あくまで2、条例の場合ですよ。)

  裏返せば、(住民投票は)住民の力量と責任が問われている。

  さらに、

 
    
  地方議会があてにならない。議員が責任を果たしているのか疑問。議員の資質を問われている。
  信頼されていない。ことでもあります。

 
 横手市の「自治基本条例」案にも住民投票の条文があります。横手市をより良くするため、皆さんの満足度を高めるための「自治基本条例」となるように、これから議会で議論されます。
 


by masahirogenki | 2013-05-25 21:11 | 思うこと

石破幹事長ついに、、、~憲法9条~

 昨日自民党の石破幹事長が、憲法9条の改正に触れて、自衛隊の位置づけをきっちり「軍隊」としたいという旨の発言をしましたね。

 憲法が今の時代に合わなくなってきている、現実に則した日本国としての憲法に改めるべきだ、との発言でしたが、私も同様に思っていました。中身(自衛隊)は、予算から、装備、訓練まで他の国ではもう十分軍隊と呼べるレベルなのに、なぜ軍隊としないのか。自衛隊のあやふやな立場が、自衛隊員を思うとかわいそうだなと思っていました。

 いざとなると、アメリカが助けてくれる、と言いつつ、一方では独立主権国家を謳うのは、国際的な交渉の場なのでは、肝心な時に足元を見られる、ばかにされると、思っていました。

 今回の石破幹事長の発言は、参議院議員選挙にも触れ、国民に自分たちの考え方を訴え、その是非を判断してもらうということでした。選挙を行う上で当たり前のことですが、きっちりと述べられたことも良かったと感じました。投票率が上がって、国民(私たち)が、責任を負う、日本の針路を決めていく覚悟を持たなければ、持ってくれれば、と思います。

 (いくら時代が変わっても、変わってはいけないことはあります。)

  変えること、改革することは、勇気と信念が必要です。今までしてきたこと、別に問題もなくそれでよかったこと(環境)に慣れてしまっている(長い)人たちは居心地の良さを持続しようとします。

  いつも「これでいいのか?」と組織の中でお互いに疑問を感じて、切磋琢磨したいものです。

 それにしても、石破さん、笑うとちゃめっけがあり、かわいいおじさんという一面と、昨日のように怖い、怪しい、きてる顔、でも分かりやすい説明、さすがです。なかなかいいですね。


by masahirogenki | 2013-04-30 11:09 | 思うこと

ゴールデンウイーク~民族大移動~

 今日はまた特別寒いですね。各地の観桜会が始まり、公園のぼんぼりと電球が取り付けられましたが、、、ちょっとよいでないですね。

 ゴールデンウイークといえば、世のサラリーマン族、お勤めの方々のお楽しみです。

 約30年前サラリーマンとして社会人のスタートを切った私もゴールデンウイークは、もうずっと前から楽しみで、旅行の計画や釣りの計画をしていました。外資系製薬メーカーに勤めていましたが、完全週休二日制で、有給を2~3日とると、いつも大型連休になりました。世の中景気も良かったですからね。

 脱サラして、しばらくはゴールデンウイークという言葉が恨めしく、みじめな気持にもなりました。「農家だってゴールデンウイークを楽しみたい、子供をつれてどっかに行きたい。」と思いましたが、農作業に追われて、期間は過ぎていきました。(ただ人と同じことをしたい、と思っていただけだ、と後で気づきました。)

 今の若い農家も、似たような環境におかれていることでしょう。

 しかし、農家、自営業だからこその贅沢、楽しみ方もあります。

 ゴールデンウイークで、どこに行くにも渋滞、やっと着いたらどこも大混雑、長時間の順番待ち、泊まると特別料金(割高設定)。終わったらただ疲れただけ、、、(実は私もそうでした。)ということに比べたら、

 平日どこに行くにもスイスイ、ゆっくり、じっくり見物、人気のある乗り物なんかも平日割引料金で乗り放題、泊まりも割引、ゆっくり過ごせて、リフレッシュ休暇を満喫できます。

 いつでも遊びに出かけられるように、今は種まき、農作物の準備、お金儲けの段取りをしっかりしておきましょう!!


by masahirogenki | 2013-04-27 14:41 | 思うこと

一国民として

 ブログにはまってしまったのか、 立場を関係なくして、一国民として、申し上げたい。

 一つ目、  毎年のことだけど、閣僚、国会議員が靖国神社を参拝すると、中国や韓国などの外国が必ず批判すること、それをまた必ず(日本の)マスコミがあたかも日本のほうが悪いというような批判的な報道を繰り返すこと。

 神社を参拝して、何が悪いんだ。 戦争で亡くなった人たちを祀る神社を日本人の気持ちとして建て、申し訳ない、ありがとう、あなた方の犠牲を無駄にはしない、決して二度と戦争は自分のほうからは起こさない。どうか安らかに眠って下さい、と皆さん祈っているのに、何が悪いんだろう。

 靖国神社や知覧の特攻隊基地を参拝すると、身が引き締まる思いがします。 今の日本があるのはこの人たちの犠牲があったからだと思います。忘れてはならないことです。 なぜ(日本の)マスコミが日本を批判するのか、いつも不思議です。もっとも最近はあまりテレビはNHK以外見ませんが。テレビは全部有料にして、つまらないテレビ局はなくなればいいとも思っています。(つまらん番組の時はスポンサーを見ることが常になりました。)

二つ目、 国会、 衆議院と参議院って。  ねじれだかなんだか、そんなことは今の国民は結果が最初から全部わかっているって。  この制度って必要なのか、よくわかりません。

 ただ、衆議院も、参議院も、議員を選挙で選んだのは、私たちです。私たちが選んだ責任を負わなければなりません。 何やってんだ!って思っても、選んだのは私たち国民です。失敗しないように選ばないと。

 はは、 立場が変われば、皆さん方に一番身近な我々市議会議員も皆さん方から選挙で選ばれますね。

 失敗した!選挙の時ばし!(いいこと言って!)と思われないように、です。

 このブログは、皆さん方の(いい、悪いの、)判断材料の一つになってくれれば、と思います。

 なので、時に立場を顧みずに思うことをお伝えしたいと思います。  皆様方にも選挙を通じて、(選挙でしか世の中を変えていこうという機会はないのですから。)責任を感じていただきたいからです。選挙後も、(当選した議員のチェックをして、)住みよい、元気な横手市のまちづくりに、様々な手法、形で一緒に参加してほしいからです。


by masahirogenki | 2013-04-23 20:28 | 思うこと

むかつく 池田信夫

 この人は何もんだ。アメリカかぶれの自分だけが優秀な人間だと思っている、自分のみワールドで生きている人か。

 地方に公共事業を進めて失敗した、だと。 都市集中を阻害して、成長率を下げた。これからは東京、大阪、名古屋に投資を集中すべき、だと。(oooo-)

  何もわかっていない。 頭でっかちだ。  

  大都市でしか暮らしたことがない、社会、自分の周りが便利なことが当たりまえ、人がたくさんいることが当たり前しか知らない人だ。

 もっと便利、もっと拡大、もっと金儲け、もっと、もっと、もっと投資、金儲け、、、  という大都市代表の人だ。


 今の世の中このままでいいと思っているのか、 今よりさらに日本人としての気持ちがすたれ、 なんでもお金、合理的、実力社会、個人主義、高額納税者のみが住みやすくなる社会を目指すべきと思っているのか。

 今大事なことは、もう一度日本人としての当たり前のこと、お互い様、思いやり、誇り、道徳心を取り戻すことだ。

 一度、田舎暮らしをして、不便な生活(でも、やっぱりいい!)をしてみて、お金以外の世界を体験してみたらいかがですか。(きっといいと思うはずです。)

 
      政治は(立場の)弱い人たちのためにある!! 


     大都会に住む人も、田舎に住む人も同じ日本人だ。
     (0000-!!)


by masahirogenki | 2013-04-22 20:08 | 思うこと

経営者目線

 昨日は、菌床しいたけの大元、菌床ブロックを作る菌床センターの共同作業がありました。以前は草刈りやらビニールの張り替えなど、すべて自分たちで行っておりましたが、最近は皆さん忙しくなって、センターの従業員の方々や業者にやってもらっていて、何年ぶりかの共同作業でした。
 雨の中、寒くて大変でしたが、原点に返ったような、皆さん生き生きと作業をしました。当初20万菌床の製造から始めましたが、いまでは200万菌床までに増え、着実に伸びています。

 終わってから、恒例の反省会を行いましたが、(ある焼肉屋さんでしたが、)「ここの従業員はずっと同じ人たちだ、それにみんな明るく、生き生きと仕事をしている。ちゃんとした給料をもらっているからだと思う。」「んだんだ、俺たちもちゃんと従業員のことを思わねばならね。」

 「税理士から、来週所得税こんきゃ納めでけれ、って言われだ。困った。(ちっとも困った顔をしていませんでしたが、)」「俺も消費税納めねばだめだ。」

  これまで様々な事業を補助金(税金)で行い、ここまできましたが、「いつか必ず税金で戻そう、みんなで儲けて税金で困るような話題で話をしよう。」と、事業を拡大してきましたが、いつの間にか、今まさに税金の話が話題になりました。

 農業でも儲かる! 仲間づくりをして、お互い励ましあって、研究しあって、前に進む気持ちを持ち続けていたら、必ず道は拓ける。夢はかなう。

  補助金(税金)で事業をしたら、必ず税金で返す。貰いっぱなしで、得をしたなどとは思わないことが、成功する経営者になれる、と思います。


by masahirogenki | 2013-04-19 10:24 | 思うこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line