カテゴリ:思うこと( 144 )


平鹿音楽祭~元気づくり~

e0317698_2072885.jpg
 吉田小学校のスクールバンドから始まった第3回平鹿音楽祭

 今年から会場を体育館から、生涯学習センターのホールに移しての開催でした。

 冷房が効いているはずですが、会場に入りきらない大勢の入場者で、熱気が勝り、汗だくの音楽祭でした。

 もし体育館だったら、演奏するほうも聞くほうも暑さで大変だったと思います。 とにかく会場の熱気がすごか

ったということです。 スタッフの皆さん、大変難儀をおかけしました。 大成功でしたね!

e0317698_20144396.jpg
 平鹿中学校の演奏です。

e0317698_20264959.jpg
 平成高校の演奏です。

e0317698_20281537.jpg
 吉田小学校、平鹿中学校、平成高校の合同演奏です。

e0317698_20293861.jpg
 横手市出身のプロのサクソフォーン奏者 成田徹氏による演奏です。 ピアノは、清水洋子さんです。

 
e0317698_20325787.jpg
 成田徹氏と秋田県で一番の歴史を誇る横手吹奏楽団による合同演奏です。

 最後には、出演者全員による大合奏で、しめくくり、曲目の横手市民歌を会場の皆さんと歌い、感動したフィ

ナーレでした。

 先週頃から地域のお祭りが各地で開催されており、小さな単位で地域の元気づくり、コミュニケーションづく

りが行われています。この行事も毎年ぜひ続けてもらいたいものです。

 人は誰かと交流することで、なにかしらお互いが元気になれるような気がします。 お盆は絶好の機会です。

 この暑い夏が過ぎれば、まもなく稲刈りですね。  

 なんかあっという間の気がします。遅い春でしたから、、、

 そして、稲刈りがほぼ終るころ、10月13日告示、20日選挙の横手市長選、市議選の同日選挙があります。

 皆さんの関心が高まって、投票率が上がることを期待しています。

 立候補予定者は私自身を含めて、自らの資質をより高めて、有権者に自らの政策を具体的に打ち出し、分

かりやすく訴えて、関心を高めてもらうようにしなければなりません。

 特に現職はなぜ引き続き選挙に出るのか、引き続き何をしたいのか、具体的に、分かりやすく有権者に訴えていきましょう。

 それが投票率向上に結びつくはずです!

by masahirogenki | 2013-08-17 20:52 | 思うこと

猛暑~無人ヘリ防除、大議員いよいよ~

e0317698_20413739.jpg


 1週間前くらいから、無人ヘリコプターによる、カメ虫、いもち病予防の農薬散布が始まっています。

 今年は、ここの地域は、天気に恵まれて、順調に作業が進んでいます。

e0317698_20452422.jpg


 連日の猛暑の中、1等米比率を高めるべく、早朝から作業員には、毎日難儀をおかけしています。

 私自身もメンバーで、毎年お盆要員になっていて、13日、14日は、出番です。 暑くてクラクラしました。

 
e0317698_20505118.jpg


 後2日で終了の予定ですが、天気の急変がないことと、事故が無いことを願っています。

 年々依頼される面積が増えてきてありがたいことですが、その分オペレーターをはじめとした作業員の負担

も増してきており、オペレーター養成が急務となっています。


  高橋大議員が12日付で議員辞職をされたのを、議会のホームページで、さっき知りました。

 大議員、覚悟を決めて、いよいよです。

 私は応援しています。

 限られた応援になるかもですが、(私自身も定数が減った中での選挙で、大変厳しい選挙ですので。)

 自身の政策、思いを市民の皆さんに広めていって下さい。

 ほとんどの市民、県民は、横手市長選挙が無投票にならなくてよかったと思っているはずです。

 なにしろ横手市議会議員で、最年少議員の市長選立候補ですから!

 顔だって、アナウンサーのようなイケメンだし。

 「がんばってよ!大ちゃん!!}

 「新しい風」をぜひ吹き込んで、横手市を活性化する政策を打ち出して下さい。

 応援しています。


by masahirogenki | 2013-08-14 21:14 | 思うこと

投票率~55.46パーセント~横手市

 参議院選挙が終わりましたね。

 やはり、投票率が下がりました。 横手市は、55.46パーセントでした。 当日の有権者数は、82681人、

 投票した人は、45852人です。

 6年前、次は大臣ポストが確実視されていた現職が落選し、押せ押せムードの風が吹いた新人が当選し、

今回は風向きが変わり、落選した。


 健全な証し、と言えるのかもしれませんが、参議院の6年間、どのような実績だったのか、ほとんどの新人議

員は、現職中、選挙区で実績を訴える機会がなかったのではないかと思います。

 参議院新人議員が政策を打ち出して、法律に関することができるのか。官僚を動かすことができるのか。

 選挙区の問題を解決する予算、政策を打ち出せるのか。→その時の当選した議員はおそらくは与党です。

風がバックですから。


 あまりに、その時の風に影響される。   新人は、その時の一番の旬の人物が出てくる。

 やっぱり健全といえば健全なのかな、、、

 それにしても、投票率の低さ、  参議院選挙だから?

 きっと違いますね。  何かが足りないんです。 まだ政治に必要なもっと根本的な、人を動かす、大事な何

かが足りない。  

 一方国民、主権者は権利よりも責任を先ずは果たすべきであります。

 「選挙でしか世の中の仕組みを変えていくことはできない。」ということを覚悟をして、自分の責

任として、係わることが肝要なのではないでしょうか。

 そうすれば、決められたこと、新たな仕組みを自らの責任として受け止めることができるのではないでしょう

か。 国の大きな力になるものと思います。

 

 

by masahirogenki | 2013-07-22 20:23 | 思うこと

政治力~変える力~

 ずいぶん重いタイトルにしてしまいましたが、要は、時代に合った法律に変えていかなくては、変えて欲しいということです。

 
e0317698_205010100.jpg

 昨日は、炎天下、平鹿町の消防訓練大会でした。日頃の訓練の成果を発揮する大会でしたが、今年も(何年連続か、凄いことです。)規律も小型ポンプ操法も、いつもの部(第1分団第6部)が第1位でした。あの暑さの中、倒れる人もなく、無事に終了できて、何よりです。各部では反省会を盛大に行なったことと思います。(私も昨日は泊まりでしたが、すぐにつぶれてしまいました、、、)

 さて、表記の件、今日のさきがけの月曜論壇、「ルールと自己裁量」、とても難しい、重い、それぞれの自己に再考させられるテーマです。

 「なんでこんなにタイミングがいいの?」ですが、、、

 今日の根岸前県教育長の話は、北海道で、父親が娘に覆いかぶさり、娘の命を守り、自分は凍死した痛ましい事故を例にして、

 それぞれ自分のおかれた立場での、「通常でない時の対応はいかに?」という問いかけでした。

 「想像力、想定できる力」、「心がけ」、「日頃からの訓練」、「人間力」が求められている。

 「責任」は? 氏が言われる通り「組織におけるルールと個人の「独自」の判断との線引きは難しい。」

 氏は危機管理対策を例にして、それぞれの立場での「独自」の判断の的確性を高めていきましょう、ということでした。発展させて、
 
 「行政においては、基本的にサービス業である。」ということを忘れないでいて欲しいと思います。

 「職員は、市民目線で相手の立場を的確に想像できて、仕事を進めて欲しいです。」

 しかしながら、「行政が、法を自ら犯すことはできない。」(当たり前ですが、、、)→優秀な担当職員は葛藤しつつ、市民の個々の事情は十分分かっているけど、どうしようもないことに苦しんでいることが度々だと思います。 現場でおこっていることと、市民サービスについて合わないときは、職員は、「法に矛盾を感じて仕事をしてほしい。」

 法が時代にそぐわなくなってきているのであれば、国会は時代を見据え、「政治力」で変えていってほしい。

 なんもない、ただ、自分の樹園地に家を建てることが、「第1種農地」だから、「農地転用ができない」=農地法。 →国は食糧自給率向上の点から優良農地を確保、さらに耕作放棄地、放任園を元に戻す政策をしている。
 一方では、TPP参加で、守られてきた環境の保護、規制を無くす方向で進んでいる。

 

         おかしくない?!!!


 銀行の融資も決定し、息子も東京から戻り、果樹農家になる。というのに。 なんでダメなの?

 開発行為ですか?  「法を犯すことはできないが、法がおかしい。」という声をくみ取って欲しいです。

 
 法律を変えることが出来るのは唯一国会です。「政治力」が求められている。→選ぶのは国民だ。
 

by masahirogenki | 2013-07-01 22:48 | 思うこと

一般質問が始まりました

今日から3日間の日程で、一般質問が始まりました。今回は12人が登壇予定ですが、一般質問終了後に今日は議会運営委員会、明日は議会倫理条例策定特別委員会、明後日は追加提案上程のそれぞれの予定があり、変則的な日程となりました。今日は5人、明日は4人、明後日は3人です。

 皆さん、ぜひ議場にいらして下さい。

by masahirogenki | 2013-06-17 21:17 | 思うこと

恵みの雨~通し水~

 
e0317698_119514.jpg


 昨夜は、やっと雨が降りましたね。恵みの雨です。

 「畑作物に毎日朝、晩の水やりにへとへとだ。」との声があちこちから聞こえてきておりました。
 「わもほしぇねようにな。」と、声をかけていましたが、、、
 昨夜は何度か目が覚めましたが、雨の音が心地良かったです。

 さて、「通し水」、今頃の通し水はまれですよね。私たちの住む場所は上流部なので、水には困らないのでは、と思っている方が多いようですが、最上流の水路、亀田堰は各ゲートから水が出ていくいっぽうで、それで終わり。途中から排水の水が再び入ってくることがないのです。そのため、この亀田堰の下流地域(阿弥陀田、釜ノ川)は、水に難儀している地域です。上流部で水を使ったらこまめにゲートを閉めて、下流域に流してくれるといいのですが、なかなか難しく役員さん方には調整に難儀をおかけしております。
 梅雨入りを願っています。



 
e0317698_11352444.jpg


 やっと我が地域にも待望の「光通信」が入りました。 NTTさん、待ちましたよ! ありがとうございました。(こそっと)青山議員、難儀をおかけしました。

 市では合併直後から、NTTなどの民間の投資が見込めない地域に大容量の光ケーブル設置を公共事業で行いました。その後は公共事業ではなく、NTTにお願いして順次整備してもらうという方針でした。なんとも心もとない答弁の繰り返しで、「いつか?いつか?」と思っておりましたが、やっとです。
  「今でしょ!」がもっと早く流行語になっていればな~、、、

 これで、「普通の環境」が整います。

 「普通の環境を整える、ということ」 人口が少なく民間の投資が見込めないからこそ、公共投資を進めることなのではないかと思います。以前週刊誌に「熊しか走らない高速道路、、、」などと書かれたことがありましたが、「普通の環境を整える」ことが、民間投資を呼び込み、地域の活性化には不可欠と思うのですが。

 もちろん、一昔前の地元国会議員の名前がつくような、○○道路では困りますが、、、

 同時に「1票の格差」だけを論じていては、人口が少ない地域の声は届かなくなる。→公共投資が少なくなる。→「普通の環境の維持が困難になる。」では、もっと困ります。


by masahirogenki | 2013-06-15 12:29 | 思うこと

県 認知症センター設置

 今日のさきがけのトップに表題のニュースが載っていましたね。

 秋田県ほど高齢化が進んでいる県はないのに、設置にずいぶん時間がかかったようですが、一歩前に進んで良かったと思いました。ある調査では、65歳以上の三割以上が認知症予備軍であるとのことでしたから。

 認知症を早期に発見でき、タイプを診断できれば、社会的損失が減り、患者の負担が減り、何よりも介護する近親者、家族、介護職従事者の負担軽減が図られます。

 誰でもが認知症になる可能性があることですが、記事にもあったように、「専門医が少ない。」ことが早期発見、早期治療できない大きな要因です。

 以前、さきがけの投稿欄(5月18日付)に「認知症対策 集団検診を」という記事が載りました。 私はたまたま秋田大学医学部部長や、教授、事務局職員の方々と会う機会がありましたので、その記事を持っていき、伝えました。(私の以前のブログ、競争に勝つを参照して下さい。)後に知り合いの県議にも伝えましたが。そのことと今回の県の決定が直接結びついたとは思いませんが、投稿された方と一緒に今回の一歩前に進んだ政策を喜びあいたいと思います。(もし、結びついたのであれば、お願いした関係者の方々に感謝いたします。)

 私のお気に入りで、いつも参考にさせていただいて、勉強になっているメルマガを紹介します。

 認知症(アルツハイマー型)の母親の介護をする息子さんのお話、状況で、実践されているからこその様々な悩み、工夫、ご提案を載せられております。

 是非、認知症の家族の介護で、やるせなさを感じたり、悩みのある方や、行政、介護職の方々に見ていただきたいです。

 メルマガは、↓下をクリック!
  「認知症介護の知恵と工夫 ~ 手探りの介護生活」 

 です。

by masahirogenki | 2013-06-14 11:00 | 思うこと

一般質問~独占の時間~

 今日も暑かったですね。6月中旬で、この暑さ、参ります。今日は夕方になっても、風はありますが、全然涼しくなりませんね。

 体調管理と、火の用心です。

 さて、一般質問、横手市議会では、1、当局側の答弁時間を含めて60分以内。 2、質問は1問1答方式、制限時間以内であれば、(再)質問回数に制限を設けない。 3、(議会基本条例の制定で、)市長側からの質問に応じる。というルールで行われます。その時間は当事者議員一人が独占できる時間で、議会の中では大変重みのある時間です。市議会では3日間の日程を設けております。

 私の今回の一般質問の日程は、6月19日(水)の午前11時頃からです。

 質問の要旨は、

1.平成24年度産業経済部農業政策課所属職員による補助金申請事務の遅延処理について

1) 一連の経過報告を求める。

2) なぜ自分たちのお金を出さなかったのか。処理について誰の指示、決裁、職務権限で、税金(一般財源)で穴埋めをして、なおかつ補助金交付要綱を一部改正したのか。

3) なぜ政策会議にかけなかったのか。担当部署だけで、密室で秘密裏に処理されたように感じる。

4) 処分における量定の妥当性について。横手市職員懲戒分限審査委員会からの報告で、市長の判断はどうであったのか。

5) 再発防止策について伺う。

です。


 先日のプロ野球のボール問題でふれましたが、1.なぜ組織の一部だけで問題を情報開示せずに処理したのか? 2.市民目線とは?、という視点からです。

 今日の報道では、コミッショナー、最高責任者の立場である人が知らなかった、そうです。  ???!!! 

 世の中、不思議なことが起こるものです。 

  案外いろいろな組織でこのようなことが現実に起こっているのかもしれませんね。


by masahirogenki | 2013-06-13 19:06 | 思うこと

誰の判断~プロ野球のボール~

 今朝のNHKのニュースで、日本野球機構がこれまでの説明を覆して、「ボールの反発力を今シーズンから高めていた。」と選手会に伝えたとありました。

 私は野球のことは何も知りませんから、ボールの反発力が及ぼす影響については、分かりません。

 問題なのは、「なぜ、誰の判断、決裁で、箝口令を敷くことになったのか。」ということです。

 長年の人事の硬直化か、メーカーとのやり取りか、なぜ民間やマスコミ、雑誌は報道しなかったのか。タブーがあったのかな?、、、

 いろいろな憶測をよぶことになりそうですね。

 私は今、一般質問を準備していて、「なぜ情報を共有化しなかったのか、できなかったのか。隠ぺい体質にある。」という思いがありましたので、朝一番のニュースに、「なぜ?」と思い、ブログに書き込みました。

 今日の11時が一般質問の届け出の締め切りです。テーマ、質問内容が公表できるようになったら、改めてお伝えします。

 今日はその後、JA秋田ふるさとの雄物川カントリーエレベーターの竣工式に出席、午後からは醍醐財産区の「山見会」に参加します。

 一般質問の原稿は、これからで、いつも通りぎりぎりの完成の見込みです。

 一般質問も、任期中今回を入れてあと2回です。現職の議員として、役割、責任をはたしたいと思います。

 一般質問は「生で、ライブで舞台?を見るのが一番だと思いますよ。」議場の緊張感、息づかいが伝わります。是非議場にいらして下さい。


by masahirogenki | 2013-06-12 08:03 | 思うこと

平成高校バスケットボール部応援団~平鹿シュートクラブ~

e0317698_131678.jpg


 今日は地元の平成高校バスケットボール部支援米の田植えでした。これは、平鹿シュートクラブという、勝手連的な、バスケットボール大好きおじさん達(スポ少から、中学、高校、大学、社会人まで全て、県内のことであれば、スポ少から全県の子供たちを見ているので、どこの中学に入ったとか、大学のことまで、本当に詳しいです。)による、今年から始まった事業です。(私もメンバーです。)

 平成高校バスケットボール部の監督は、佐々木信吾先生(醍醐中学校→能代工業→日体大で活躍した先生、シュートクラブのおじさん達は先生が子供の時から知っている。)であり、今年で平成高校6年目です。

 とにかく指導者として素晴らしく、バスケットボールはもちろんですが、学習面、生活面の指導もしっかりしていて(先生から~軌跡~という通信を定期的に頂いております。)、子供たちが礼儀正しいです。今日も、返事や行動がテキパキしていて、気持ち良かったです。

 現在平成高校バスケットボール部は部員数が31人で、全県はもちろん北海道からも選手が下宿(下宿者数は11名)して、着実に強くなってきております。

 5月の県南地区大会において初優勝し、今回の全県大会では惜しくも3位でしたが、東北大会出場をはたしました。宮城県利府町での東北大会ではシュートクラブの面々は応援に行く予定のようでした。今日も午後から増田体育館での平鹿カップを見に行くようでした。(私がメンバーに入れてもらえたきっかけは数年前に平鹿中学校の女子が新潟で全国大会(ベスト16)に参加する時に、ホテルや飲み屋さんの段取りが良かった、との評価で加入を許されました。)
e0317698_13365313.jpg
e0317698_13372127.jpg


 どの子供たちも田植えが初めてで、戸惑いながらも楽しんでいて、作業は真面目に取り組んでいました。

 本当に接していて、気持ちが良かったです。
 
 作業終了後、一緒におにぎりをこれも気持ちがいいくらいよく食べて(約200個、6升、他に餅、トン汁など)、きちんと後片づけをして、午後からの練習に向かいました。

平鹿バスケットボール会長が、会場の出入り口のスリッパがきちんと揃えられていたのを見て、感動したとのことでした。 平成高校バスケットボール部を通じて、子供たちの教育が、礼儀正しさが教えられている、と感じた、とのことでした。

 いい指導者に恵まれて、また地域の人たちとも接することができて、幸せな子供たちです。

 今後の活躍を期待しております。

by masahirogenki | 2013-06-08 14:07 | 思うこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line