カテゴリ:活動報告( 234 )


総務文教常任委員会~管内視察~

 今日は常任委員会の三日目、管内視察をしてきました。議案審査は委嘱された部分については全て原案可決でありました。 質疑や意見は多くありました。私も発言をいたしました。 「市民の幸せのため」という当局側との共通の目的、認識のもと原案に賛成いたしました。 ただしもろ手を挙げて賛成したのではない、ということは理解して頂き、早期に体制を整えて一枚岩の組織運営をして頂きたいと願っています。

e0317698_19275598.jpg
山内新庁舎1階窓口サービスコーナー 奥のシャッターがある場所が金融機関が入る予定場所

 今月24日から業務開始となる山内新庁舎を視察してきました。
 ここの庁舎は多目的な施設で、行政サービスの他、図書室、公民館、消防分署、金融機関を兼ね備えた施設でした。また、災害時には現地対策本部、避難所となるような機能もあり、まさにこれからの時代に合った施設でした。 バリアフリーはもちろんエレベーターもありお年寄りに優しく、トイレは清潔感があり、オストメイトも完備されておりました。さらには授乳室があり、たくさんの方々が利用して頂ければと思います。

 
e0317698_20355584.jpg
2階にあるステージ

e0317698_19364593.jpg
太陽光パネルを用いた蓄電池 向かい側には非常用電源設備もありました

 現地に向かう途中ぶどう棚やリンゴの木、ハウスなどの雪害状況も視察してきました。ここ何日かの降雪で、雪の量がやっぱり山内だなと思わずにはいられないくらいの多さで、被害の深刻さを実感してきました。
 

次に4月から稼働する横手給食センターを視察しました。4500食を提供する施設ですが、稼働すると、一般人は入られない領域を見てきました。汚染されないように作業員の流れ、動線を作り、じゃがいもや野菜は滅菌領域の外で機械でカットして、自動で滅菌領域に入ってくる仕組みでした。

 アレルギー対応食のための場所もあり、これから求められる施設だなーと思いました。  なんとトイレは座ったままで手を洗えるようになっていました。

e0317698_19303754.jpg
最新設備の給食センター まるで工場のような食器洗い設備

e0317698_1929571.jpg
2階から中の様子 大きな鍋には水が400リットル入るそうです

e0317698_2037488.jpg
ピカピカの鍋400リットルの水、ドラム缶2本入るんだから凄い

 稼働したら、検食をさせてくれるとのことでした。楽しみです。 子供たちの教育の場としても機能するようですので、地元農産品の割合をより高めて頂きまして、安心安全な学校給食が提供されることを願っています。

by masahirogenki | 2014-03-12 20:38 | 活動報告

総会盛り(馬鞍)~年度末 卒業式など~

e0317698_20533927.jpg
 支部長表彰の様子

 今日は交通安全協会横手地区醍醐支部の総会でした。 天気が良かった(良すぎた?)影響かいつもより参加者が少なかったようですが、盛大に開催されました。

 無事故無違反を願い、一人一人の交通安全の意識付けのために皆さんと一緒に地道な活動を続けていこうと思いました。

 昨日の夕方は馬鞍集落の農地水環境の実績検討会に出席してきました。先日の農水省での研修内容を説明してきました。また、りんごなどの果樹災害に対する補助事業の中身を説明してきました。

 農家からは、具体的に支援のあり方などに対して質問がありましたので、当局側にお繋ぎしたいと思います。 感じたことは、「支援してもらえたらありがたい。」という、困っているはずなのにあまり求めない姿勢です。

 「なんとしてもやっていく!」という気持ち、静かな闘志は伝わりました。私のように政策慣れしている稲作農家とは違い、自己責任で経営をしてきた果樹農家とは心構えが違うのかもと思いました。

 また雪が新たに降りましたが、気持ちが折れることなく、作業を続けて頂くようにできるだけの行政の支援を期待するものです。秋田県一の果樹産地なのですから。また、明日からの産経委員会の活発な議論が農林部設置の弾みとなるように期待しています。

 また、昨日は市内中学校の卒業式が一斉に行われました。私は平鹿中学校に出席してきましたが、今回も感動してきました。素晴らしい卒業式でした。特に合唱、本当に素晴らしかったです。  8市町村で合併した横手市ですが、現在中学校の数は7校になりました。 少子化は深刻です。


by masahirogenki | 2014-03-09 21:57 | 活動報告

会派代表質問~んんん、、、まぁこんなもんでしょう~

 昨日の暗さから抜け切れなかったのかな、、、

 んんんん、、、  今ある力を精一杯出しました。

 代表質問と、一般質問の違いは、、、んんんん    分かりません。

 当局には聞かれなかったから出さない。 聞かれたことしか出さない。ということが、無いようにして頂きたいです。ただし、それには議会側の紳士協定も当然求められることだと思います。 信頼関係が必要ですね。

 4月からの新体制、支持を待っているのではない組織を期待しております。 最後は市長が責任を取る、と覚悟を示しているのですから、「部下を育てる組織」を目指して頂きたいです。

 
 市長の思い、「議会側からの高度な提案を求める姿勢、その提案よりさらに上をいける職員のレベルアップを期待する姿勢」

 望ましい姿であると思います。    お互いに「切磋琢磨しましょう!」

 それにしても、副市長人事、悩ましいことです。  青い鳥はどこにいるのでしょう。

 選挙に出て、当選でき、再び登壇できて、感無量でした。 次こそはです。  今日も反省! お疲れ!


by masahirogenki | 2014-03-04 22:21 | 活動報告

横手黒毛和牛を食す会~すきやき~

e0317698_14351346.jpg
実行委員長のあいさつ、すでに周りは練習をしていています。

e0317698_14353394.jpg
見事なお肉です。副議長が鍋奉行です。

 昨日の夜は第9回横手黒毛和牛を食す会がプラザホテルで開催されました。140人を超える人たちで大いににぎわいました。

 昨日は3時まで会派代表者質問、一般質問の通告締め切りでした。私は今回「新風の会」の会派代表者質問を行います。順番は4日火曜日午後1時15分前後です。

 職員の方々との聞き取り調査を終えて、ほっとしていたところ、議長から、「おめ、今日この後予定あるか?」と声をかけられ、議長命令?で、黒毛和牛を食す会に出席してきました。(仕方ねぇっしべった。)
 すきやきがメインで、いや~美味しかったですね。口の中でとろけましたよ。 とっても幸せな気持ちになりました。

 ほとんどの人たちに当たるプレゼントタイムでは、大変な熱気で、会場が熱く盛り上がりました。

 通告を終えたご褒美をもらったようなひと時でした。 秋のイベントも議会で大いに盛り上げましょう!

 さて、これから原稿書きを頑張ります。 今回は、たくさんの人たちが質問をしますが、重なっている質問も多く、切り口を変える工夫をしなければならないようです。新市長との政策論議、有意義なものにしたいですね。


by masahirogenki | 2014-02-27 14:55 | 活動報告

冬季防災訓練(孤立集落を救え)   醍醐公民館まつり

e0317698_16141423.jpg
 現地災害対策本部ではリアルタイムで、映像が映し出される仕組みでした。

e0317698_16145282.jpg
 大きくは二元中継、左の映像ではさらに4分割された映像が同時に流されておりました。

 今日は午前中「冬季防災訓練」が増田町の狙半内地区で行われました。 真昼断層による強い内陸地震が厳冬期の午前2時に発生して、狙半内地区の一部の集落が孤立してしまったという想定でした。消防、警察、自衛隊、地域の防災組織が連携して現地災害対策本部を立ち上げて、既に集落に設置してある衛星携帯電話を使い情報の把握をして、自衛隊が負傷者の救援活動を現地まで雪原を歩いて行うという、実践に即した訓練でした。携帯電話会社さんのご協力もいただきながら緊迫感ある訓練で、いざという時に今日の訓練を活かせるように総括していただきたいと思います。今もなお山梨県では集落が孤立しているということからも、「ありうる想定」なので、今日の訓練は有意義であったと思います。自衛隊の皆さん方は頼もしいですね。 今日の想定の派遣は通常のことですが、自衛隊の派遣が災害が起きてしまってからではなく、基礎的自治体が「もう手に負えない。」と判断した時点で、直接基礎的自治体からの要請で災害が起こる前にきてもらえる仕組みづくりを検討していただきたいと改めて思いました。県との災害対策連携は対策が後手に回り、まだまだ問題点が多過ぎると感じております。


e0317698_16153894.jpg
 観客と一体化しているマジックショー

e0317698_18524648.jpg
第二部大正琴の皆さんの発表会  他にも盛りだくさんでした。

 お昼からは、第15回醍醐公民館まつりでした。地区会議からのご協力(予算)で、今年は第一部が「ブラボー中谷のマジックショー」でした。たくさんの方々が集まり、大いに笑い、大変盛り上がりました。第二部は交流会で、楽しく過ごしてきました。ブラボーさんは、トークが上手で、さらに本業?のマジックはお見事でした。
 近隣(美郷町、千畑)出身ということを自慢したくなるような素晴らしいショーでした。

 お茶会は毎年楽しみにしていて、今年は2回目の開催になんとか間に合いました。お着物を着た女性からの本格的なお茶会は、いつもこの次までには作法を身に着けなければ、と参加した時は思って(反省して)いるのですが、一年に一回の無作法なお茶会です。 屏風や掛け軸、置き物?花など「おもてなし」の心が伝わり、ありがたく思い、美味しいお茶を隣の人のまねをして飲んでいます。 本当に美味しいんです。高揚しますね。  この時期に春らしいお着物を着た素敵な女性を見ているだけでも、今日の天気のように春が来たと感じてウキウキしております。      


by masahirogenki | 2014-02-23 16:43 | 活動報告

新たな農業、農村政策勉強会、会派視察研修~農林水産省、首相官邸~

 一昨日から、さきがけ会派の皆さんと合同で、我々新風の会の視察研修を1泊2日の日程で行ってきました。

 さきがけ会派の皆さん方には、何から何まで、全てお世話になり、おかげさまで実りある研修ができたと思っております。

 農林水産省では、生産局農林部穀物課の鈴木課長より、直接説明を受けました。制度を作っている方からのお話なので、分かりやすく臨場感あふれる中での研修でした。  しかしながら、ここ横手市の生産現場の声、現状からはまだまだこの新たな制度は問題点が多いなと感じました。制度を進める中で、よりいいものとするためにいろいろな視野から検討を続けて頂きたい。現場の声を重視して頂きたい、一部の(資本力のある)人たちのためではなく、多くの(やる気のある)農家、後継者が取り組める仕組みづくりにして頂きたいと思いました。

 「農業の衰退は、そのまま地域の衰退になってしまう。」という危機感を持って、今後も横手市の農業政策に取り組んで参ります。農水省では、予定の時間をだいぶオーバーしてしまい、課長にはご迷惑をおかけしました。 まだまだ質問をしたかったのですが、次の機会もあると思いますので、さらに具体的な問題点を共有できれば、です。 途中で大臣官房審議官の櫻庭さん(秋田県出身)とも面会ができ、依頼されていたことを伝えることができて良かったです。

 次の日には首相官邸でした。 私自身は初めての訪問であり、厳重なチェックに何度も引っかかりながらも、感動した訪問でした。  あきらめていた菅内閣官房長官に面会ができ、
 
 「湯沢高校29期生です。」と自己紹介したら、にっこりと笑ってくれて、名刺を頂き、握手をしてくれました。

 いや~湯沢高校出身でよかったな~と、心底感動しておりました。  菅内閣官房長官の方から、横手市の大雪被害について触れられ、「特別交付金はもちろんだが、農業被害についても、やるから。」とのことでした。

 その後、秘書の方から、官邸を案内していただき、感動の連続でした。

 御法川代議士には、大変お世話になりました。中泉代議士とも親しくさせて頂きました。
 皆様方、秘書の方々には大変お世話になりました。ありがとうございました。

 会派の意見が集約され、結束が強まりました。 以上、会派視察研修、ご報告申し上げます。

 来週からは、いよいよ3月定例会、気を引き締めて臨みます


by masahirogenki | 2014-02-22 11:14 | 活動報告

3月定例会議案書~26年度当初予算他~

 今日の午前中、3月定例会の議案書が届きました。来週24日から始まります。3月定例会はいつも案件が多いのですが、今回は諮問案件、報告案件の他、議案が87件と、かなりのボリュームです。 

 新しい市長の政策、その裏付けとなる当初予算なので、活発な議会となるように努めます。

 明日の議案説明会で詳しい内容の説明があると思いますが、(まだざっと目を通した段階でですが、)気になった点がありました。

 副市長の同意案件がなかったこと。合併後最大の予算規模とのことですが、歳入では市債の大幅な伸び、対して歳出の公債費の減。大型の建設事業が始まることではありますが、これまで市債残高を減らすために、公債費以上の市債発行は行わない、という財政ルールがあったことですが、大きな政策転換なのか。

 均衡ある発展の具体的な政策、予算は? マーケテング推進課の相変わらずの調査研究のためと称するソフト事業費のオンパレード。スピード感が全くない。具体的な販売会社の設立、委託などの責任ある仕事の推進にシフトすべきではないのか。むしろ新たな地域価値創造戦略室に一本化すべきではないのか。(行政の仕事としてすっきりする。)農林部を作り特化したのなら、特色ある事業展開を期待しています。 その他、人事配置、職務権限(特に地域局長)など気になります。

 市民は(市長が変わったことで、)横手市がどう変わるのか注目して、期待しております。3月定例会、みなさん頑張りましょう!


by masahirogenki | 2014-02-17 13:58 | 活動報告

大橋部落総会~市政報告会~

 今日は、大橋の部落総会に呼んでいただき出席してきました。

 今日は天気が良く、穏やかな日和の中での総会(午後1時半開会)で出席者も多く、緊張しながらも議会の様子をお伝えする機会が持ててよかったなと思っています。

 大橋の総会は初めての出席でしたが、新市長に対する期待、公約に対して関心が高いなと感じてきました。

 3月定例会が始まること、新市長の予算が組まれることなどを報告してきました。質問は、新市長の公約(均衡ある発展)についてのほか、雪対策にもたくさんありました。

 3月定例会、具体的な話をしなければ、と気を引き締めました。

 市当局の大勢を整えて頂き、新市長色を具体的に出して頂きたいと思います。 

 新市長には大きな期待を寄せられておりますが、我々議員も同時に期待されて市民から選ばれたことだと思います。

 お互いの立場で、市民の満足度をより高めるために、その目的のためにより高度な議論が展開される議会となるようにこの3月定例会、気合を入れて臨みます。


by masahirogenki | 2014-02-11 19:26 | 活動報告

交通安全祈願祭~平鹿町5支部連絡協議会~

 今日は、毎年恒例の平鹿町5支部連絡協議会合同交通安全祈願祭が浅舞八幡神社で行われて、出席してきました。

 毎年今の時期で、ストーブをガンガン燃やしてもらっておりますが、冷凍庫の吹き出し口からと思うような冷気が容赦なく足先、ひざ下を襲い、毎回覚悟をしていますが、よいでないです。冷たさを通り越して痛いです。 しびれてもきます。 

  神様のご加護を役員さんともどもせつに願います。

 今年も大雪で道幅も狭くなっており、くれぐれも慎重に運転していただきたいです。 少しぐらい遅れても事故防止のためには、あきらめも必要です。評価が下がろうとしょうがない、あきらめて我慢しましょう。

 「事故は起こさない!」  普段の倍の時間がかかると、前もって準備するしかありません。

 また、雪よせ、雪下し後は、ひとり言でぼやいて、ぐちって、今日の疲れは忘れて、明日また雪に立ち向かうしかありません。

 もちろん行政などの手助けが必要な方々には、支援をしなければいけないし、体制を整えているはずです。

 皆さん一生懸命なんです。ただ自然が勝り、追いつかない状況です。道路の除排雪に従事されている人たちは自分の家の雪下ろしをできないでいるし、りんご畑などにも行けていません。  その前に休日がありません。過酷な状況です。

 毎日午前2時起きです。ダンプ屋さん達は深夜1時頃まで排雪をしています。

 難儀をおかけいたしております。本当にありがとうございます。

 みんな、雪対策のために、頑張って、そして疲れています。 お互いを思いやってこの大雪をなんとかのりきりましょう!!!

 雪下ろし等は、あったか灯油事業のように対象者の基準を合理的にして、建物倒壊などの災害発生前に、県などと連携して自衛隊の派遣要請を検討すべきではないかと思っています。明日以降今日の気温の緩みで雪がかなり重くなったのではないかと思います。

       今こそ皆さん、お互いを思いやりましょう!


by masahirogenki | 2014-01-18 20:04 | 活動報告

市政報告会~三島自治会~

 今日は、醍醐三島自治会の総会に呼んで頂きまして、市政報告会をしてきました。

 分かりやすく伝えられたのか?反省を重ねて、「身近に感じてもらえる議会」を目指して今後も活動していきたいと思います。 呼んで頂ければ参ります。遠慮しないで、ぜひお誘い下さい。

 普段は懇親会に参加して、結局最後まで残っているのがパターンですが、この大雪が心配で、早めにおいとまを頂きました。総会の参加人数は、私は多いなと感じましたが、いつもより少ないとのことでした。皆さん、屋根の雪おろしで忙しかったようです。

 三島集落の道は、車の交差が出来ないほどの雪でした。あまりの大雪で、排雪までには時間がかかるのでしょう。おそらくおおかたの道路(幹線道路ではない道路)がこのような状況であろうと思います。 除雪作業員の方々には連日ご苦労様です。事故や体に気をつけて作業していただくようにお願いいたします。 今週からは小中学校が始まります。通学路を優先的に除排雪するでしょうが、交通事故に皆さんで気をつけて、お互いに思いやって、この大雪をのりこえましょう!  「ならぬものはならぬのです。」


by masahirogenki | 2014-01-12 16:52 | 活動報告
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line