カテゴリ:活動報告( 211 )


政務活動報告~「財政」と「公共施設再編」の研修~

e0317698_09454833.jpg
 2月15日~16日、東京で研修をしてきました。テーマは、「あなたの自治体の財政の確認」と「公共施設の再編問題とコンパクトシティ」の2コマです。今回は各論、一つ一つを例にとっての具体的な講義で、実践的なものでした。図は「決算カード」と呼ばれているもので、総務省ホームページから誰でも見ることが出来て、参加している議員の自治体の決算カードが事前に配布されていました。
 「類似団体と比較してみて、我が横手市を客観的に、多方面から見ることができて、議員の目を養うことで、分析ができます。これにより当局との議論を深める、指摘することができます。」今回の研修資料もおよそ100ページありますが、デジタルデータ化して、各議員の皆さんに配布したいと思います。

e0317698_09452712.jpg
 相模原市は、「立派な計画書は作りましたが、そこまでどまり」、さいたま市は、「住民参加型ワークショップ方式を取り入れたが、そもそも参加人数が少なく、住民を代表する声なのか疑問、また、意見をどれだけ実際に行政が取り入れられるのか不明、結果によっては住民に失礼、失望感を生む。」秦野市は、「まちづくり」をベースに考えて、自治会長研修会でFM計画について何度も説明し、理解する。市街化区域公共施設の土地を社会福祉法人に貸し出して、福祉のまちづくりを進める。」
 浜松市は、総論よりも個別具体的に「施設評価」を行い、先に削減ありきで進める。強いリーダーシップを発揮。所管課が「対象施設の廃止が不可能と意見した時は強い説明責任を求める。」
 飯田市は、「地域の課題は地域で解決」という基本方針で、行政は、基本的な政策方向のみを市民に提示して、公共施設の検討そのものを市民に委ねる。」時間がかかるが、市民が納得できる。

e0317698_09451461.jpg
 どの市のやり方でも、「良い点」、「悪い点」があることですが、最も大事なことは、市長が、「まちづくりをどうしていくのか。という視点を土台とすること」、であると思います。そして当たり前のことですが、その視点が「ぶれないこと」です。

e0317698_09453789.jpg
 阪南市では、市長が突然「幼保一体の600人の施設を作る。有利な財源を今しかないから、使う。」と、住民にほとんど説明無しに強引に進めた。昨年の「よこてアリーナ」と同じです。
 この市長は選挙で、いろいろな憶測(=支持者の土地を買うために、多くの利用者がいる場所から離れた不便で危険な場所を選定したなど。)で信任を得られず、建設反対の新人に敗れた。事業が実施出来なくなったことから、教育長以下、教育委員が全員辞職するという事態になっているとのことです。

e0317698_09461836.jpg
 先日の横手南庁舎の一部を「行政の(市長の政治的な)都合で強引に公共財産から普通財産に変えて、特定の企業に便宜を図った、ことが不適切な執行である。」と、改めて思いました。→1月臨時議会 討論で指摘済み。

e0317698_09460675.jpg
 「普遍的な思い、行動が、リーダー、行政には求められます。」→1月臨時議会 討論で指摘済み。
 今回の研修では「地方自治体運営は市長によってこんなにも違う(=住民が幸せになれるのか、どうか)結果、組織となるものか、と愕然としました。」→データに基づいた比較、分析が必須であり、正しい選択をしていかなくてはならない!

 「「深い会話」が、最も人が幸せになれることなのではないか。」、と最後に講師の先生が強く訴えました。その場が「公共施設」であるとも。
 横手市は、公共温泉施設の統廃合を進めています。
 「財政問題は避けては通れません。しかし、市民の幸せを考慮するとき、「税金の投入額がどのくらいなら、維持が可能なのか、公平性が保てるのか。」
 また、「財政負担の限度を示しつつ、まちづくりを推進するためには、公共施設として残すべき施設があるのではないか。とする議論が必須である」と思います。が、
 このような政策は全く無く、プロセスが安易であり、「市長の思い」「責任」を感じられず、「(まんが美術館改築のような)その時のご都合、選挙対策だけが専行している。」と判断しております。
 今回の各論の講義では、各自治体職員の「がんばり度合い」がよく分かります。横手市は他自治体と比較して、どの位置にいるのか、各職員は自己採点するべきです。「研修に行ければ一番ですが、今はネットでほとんどの情報が入ります。」
 「甘んじていてはなりません。」「持っている力を最大限発揮して下さい!」

 p、s 加藤議員も同じ先生の講義を受けていたようですね。今回の日程では、4コマ(1コマ15,000円)の講義が有りましたが、予算の都合で私は2コマでした。加藤議員とは、今回は別の講義だったようです。後で、情報交換します。




by masahirogenki | 2017-02-17 11:03 | 活動報告

醍醐ミニバス女子玉納め会&全県報告会


e0317698_11050684.jpg
 昨日(2月11日)は、醍醐小学校ミニバス女子の玉納め会並びに全県報告会に、例のバスケット大好きおじさん達(シュートクラブ)と出席してきました。皆さん方から心のこもったおもてなしを頂きまして、ありがとうございました。
 今年の戦績は78勝27敗1引き分け、勝率0,736(106試合)という圧倒的な強さを誇るチームです。6年生は8人で、今年卒業すると、3人のメンバーになるとのこと。新たなメンバーの入団を期待しております。
 さて、スポ小は子供たちが学校を終えてからの活動で、負担が大きいことですが、家族、監督、コーチも毎日指導や送り迎えをすることで、また、お金がかかることでも大変なことです。
 子供たちは地域の人たちに指導され、勝負の喜び、悔しさを体験することで、心身共に大きく成長します。また、選手の家族同士、監督、コーチの絆も強くなる、ということを実感した日でした。全県大会のDVDを見た時は、感動して、涙が出ました。皆さん、お疲れ様でした。今後も子供たちと一緒に頑張って下さい。行政は、今後も応援していかなくてはなりません。

e0317698_11045272.jpg
 ずらりと並んだ賞状、トロフィー 素晴らしいです。

e0317698_11055834.jpg
 おじさん達(シュートクラブ)が贈った歴史ある応援幕

e0317698_11054574.jpg
 監督、コーチ陣への感謝の記念品を選手、保護者が贈呈


e0317698_11052607.jpg
 特別なお酒、凄いです! まんさくの花(日の丸) 純米大吟醸 玉納め記念酒(
紙は十文字和紙)です。
 いや~いい酒です。



by masahirogenki | 2017-02-12 11:48 | 活動報告

部落総会の一日~野中・三島・馬鞍~

e0317698_09001193.jpg

 1月8日(日)は、部落総会の一日でした。午前9時半から地元、野中です。天気が良すぎて?カーテンを引いています。「天気えして、えな。」が皆さん方との最初の会話でした。ほんと、ポカポカで、ありがたい天気です。

e0317698_08592636.jpg

 午後1時半からは、三島です。87軒ですが、ほとんどの家が参加されているのでは、と思います。女性が約半数出席していて、特徴的なことで、他の部落総会も見習って頂ければ、と思います。
 挨拶させて頂き、FM計画、「ゆっぷる」について、を中心に市勢報告を致しました。
 総会は、2時間びっしり、いつものことですが、様々なことを「合議の上で、決定していく。」「執行部が丁寧な説明をして、皆さんが理解する。」ことが二つ目の特徴的なことです。これにより、皆さんが関わっている、「自分たちが決定したことだ。」との一体感、責任感が生まれているのではないか、と思います。
 野中でもありましたが、「ごみの分別、出し方がまだ理解されていない方もおり、引き続き、協力を求めておりました。」
 退職された市職員の方が歴代の会長を務められていることの影響もあると思います。これまでの経験、実績を活かして、退職後も地元のために活躍されていることは、素晴らしいことです。

e0317698_09005842.jpg


 3時半からは、馬鞍です。今年も総会は終了していて、なんとか懇親会の「乾杯」前に到着できました。
 懇親会に参加しないで帰った人が多数いても、馬鞍は平鹿町最大の部落、かつては町議会議員を2名出していた部落です。たくさんの方々と懇親を深めてきました。
 やっぱり「酒の席」では、本音の声が聴けて、いいですよ。農業の行く末を心配されている方々の声が多くありました。
 
「デフレからの脱却」、「世界情勢が変わったことへの適切な対応」すなわち、
 「公共投資を切れ目無く行い、需要(内需)を作る。」「リストラで経営改善を行う企業には重税を課す。」「日本人意識を強く持つ。」などを政府が行うことが必要です。それが地方の活性化になります。
 「自己責任ではなく、国の責任だ!」
 横手市においては、「農業の衰退が地域の衰退となります。」市はさらに、もっとJA等と連携を強めることが必要です。
 誘致企業も必要ですが、今ある地元企業を応援する、大きくしていく、起業を支援する、地元志向がもっと必要であり、第1とするべきです。
 今改めて、「産業支援センター」の設立が、市の発展に必要と思います。市役所の範囲では、様々な政策の推進には限界を感じます。



by masahirogenki | 2017-01-09 10:59 | 活動報告

平鹿消防出初式~平成29年~

e0317698_19511846.jpg
横手市平鹿消防出初式の観閲 昨日(1月4日)は、穏やかな天気に恵まれて、コートがいらない観閲でした。
消防団員はきびきびした動きで、清々しい出初式でした。無火災、災害の無いことをお祈りいたします。
e0317698_08594838.jpg

分列行進を見守ります。総務文教常任委員長の高橋せいご議員も参加いたしました。
 出初式、懇親会には平鹿分署の職員の方々が参加し、自己紹介の場面があり、とても良かったです。皆さん若い人たちで、明るく、元気でした。普段接する機会がありませんので、皆さんが大いに盛り上がりました。
 今年10月頃には新しい消防分署と地域局が竣工します。環境整備が整うと、横手市消防の中心的な位置づけとなります。どうか、事故無く、頑張って下さい。
 団長や幹部からは、消防団員の確保にむけて、団員の処遇改善の話が多くありました。
 消防団員は、火災、行方不明者の捜索以外にも「いざという時に直ぐに活動できる組織です。」横手市のまちづくり、地域活動には絶対に必要な組織です。
 市長の判断で可能な団員の処遇改善、会社を休んで活動する消防団員に対して、横手市の姿勢を示すべきです。



by masahirogenki | 2017-01-05 11:55 | 活動報告

部落総会案内~新年に向けて~

e0317698_1049557.jpg
 馬鞍部落から総会開催の案内が届きました。来年は、日曜日が元旦であることから、総会を次の週、8日(日曜日)に開催する部落が多いようです。
 この日(8日)は、9時半から野中、午後1時半から三島、午後3時から馬鞍です。呼んで頂いてありがとうございます。
 さて、話題、「何を話そう?」です。
 前市長の時は、10月頃から来年度事業、大まかな予算を協議しておりました。ので、話題に事欠くことなく、「横手市の方向性」、「市長がなにをやりたいのか、やろうとしているのかを知ることが出来ました。」⇒   これが普通であり、「前市長の政策がきちっとあったからです。」

 「さてさて、、、最近の議会の話題というと、方向が定まっていない条例、えがおの丘、まんが美術館、誘致企業、、、」新年から批判的な話になるな~。
 「平鹿地域局建設、消防分署計画は、いいかな。」
 組織機構改革、今になっても何も無いので、このままなんだろうな。人事もどうなるんでしょう。
 「市長がなにをやりたいのか、さっぱり分かりません。」⇒困った市勢報告になりそうです。
e0317698_11154260.jpg
 年末新しい椎茸培養棟から、来年使用する菌床を自分のハウスへ搬入しました。これで仕事納めでした。

e0317698_11155633.jpg
 地下水を利用した暖房システムです。クリーンでエコで、菌床の仕上がりもバッチリでした。地下水が豊富であることは、大きな財産です。

 皆さん、今年1年間大変お世話になりました。
 「批判から、(できるだけ)明るい建設的な意見提案の年へ、を自分に課していきたいです。」
 「国から予算を頂き、インフラ整備を進める、公共投資を充分継続する、ことはデフレ脱却、地元(地方)経済を良く循環することから、必須であると、訴えていきます。」
 国の予算が突然下りてきた時にいつでも対応出来るように、引き出しをたくさん用意しておいて下さい。
 国も地方も責任を持った覚悟が必要です。
 来年もよろしくお願いします。良いお年をお迎えください。



by masahirogenki | 2016-12-31 11:29 | 活動報告

時津風親方歓迎会・力斗 将豊竜激励会

e0317698_1050508.jpg
 挨拶される時津風親方 
 今年から「横手市時津風部屋後援会」が発足し、いつもの年よりたくさんの方々が出席いたしました。
 力斗は欠席でしたが、三段目となった将豊竜が出席しました。増々の出世をお祈りしております。
 親の会の方々、子供たちから、心のこもったおもてなしをして頂きました。ありがとうございます。
e0317698_105144.jpg
平成高校相撲部の今年の活躍ぶりの報告会 すばらしい結果でした。卒業後は大学進学が決まっているとのことです。

 「平鹿中学、平成高校、大学進学した先輩たちが地元に戻ってきて、指導者として頑張っている」、と開会挨拶をされた、丹要蔵さんからありました。指導者の幅が広がり、今後の子供たちの活躍が期待されます。
 「相撲は国技」です。相撲をやりたい、相撲をやれば強くなる子供たちを発掘しなければなりません。
 大相撲での活躍は、地元の子供たちに夢を与え、支える大人たちも元気をもらえます。
 時津風部屋の増々のご隆盛と、力斗、将豊竜の出世をお祈りします。

 「湯沢翔北女子1回戦勝利」のニュースがありましたね。バスケットボール、ウインターカップが東京体育館で始まりました。
 平成は今日(12月24日)の午後から1回戦です。今頃、例のバスケットボール大好きおじさん達は新幹線の中です。盛り上がったまま、会場に向かうことでしょう。勝利を信じて、2泊3日の日程と伺っております。
 平成、翔北、ガンバレ!!



by masahirogenki | 2016-12-24 11:47 | 活動報告

アウトローな横手市~異常が通常に~

 昨日(12月14日)で、12月定例会が閉会しました。
 条例が1本、否決となりました。その他にも一般質問の答弁が二転三転し、これに対して、未だに市長は、公式の場で「まぎらわしい発言を分かり易く市民に説明しておりません。」

 公務員の仕事、「お役所仕事」と批判が多いことですが、それは、「間違いがあってはならない。」「人が変わっても、誰の判断でも同じ結論が出る仕組みを構築しなければならない。」ことからであると思います。

 だから、条例を作り、要綱を作り、規則を作って、「これに則って(住民サービス充実のための)仕事を行う。」ことです。
 このことが「平等性」「公平性」が保たれることであり、信頼される公務員の「当たり前の行政執行機関の姿」であります。

 今の横手市の執行機関は、我々議員に提案する案件を、この当たり前の手続きを経る事無く、
 「政治的都合」が突然、唐突に出てくる組織へとなりました。
 表現を変えると、「政策が無い。」その場限りの「思いつき」が連続で出てくる組織だ。
 担当部署が、「正式な庁議を経る事無く、市長、副市長のみの判断で、議会に提案してくる。」
 いつから横手市は、旧町村時代のように、「担当が直接助役に相談して物事を進める隠密、閉鎖的組織になったのでしょうか。」

 「横手市庁議規程」による「政策会議」、「部局長会議」、及び「まちづくり調整会議」のそれぞれが形骸化しているのか、機能しているのかどうかは知り得ませんが、高橋市長がこの「横手市庁議規程」をないがしろにしていることが果たして許されることなのか。
 少なくとも規程を変更するとか、無くすとかの手続きが行われないと。
 例えば今の実態に合わせて、
 「これからは、三役で物事を決めて行くので、担当部署は直接窓口である副市長に直談判すること。」(←これでは駄策ばっかりになってしまうことは、現状が証明しておりますが、)と、「規程」を改めるか、
 現在有る「組織運営のための庁議規程を市長が遵守する。」←(当たり前のこと、だけのこと)を行わない限り、
 私には、「アウトローな〇策市長としか映りません。」
 優秀な職員の誰がそんな市長について行くことでしょう!
 監視役の議員が「優しいおじさん」になっていることも、「当たり前の組織に戻す」には大いに懸念されることです。 (泣けるぜ!)

e0317698_9502060.png


by masahirogenki | 2016-12-15 10:05 | 活動報告

「流派が違う」~一般質問~

e0317698_14395548.jpg
 「白寿園」の運営責任について市長に対して問いただしました。らちがあかない、しらばくれた市長答弁が続き、(予想通り)途中で、今後の展開へと切り口を変えて、「前向き」な質問にしました。(自分の中では)
 今回私は、奥山議員の一般質問の素晴らしさに感銘を受け、「自分もあんなように一般質問をしたいものだ。」と師匠をまねました、まねたつもりです。(自分の中では)
 ところが、
 会派の反省会の際に、全員から、「なんだ、あれは!」「迫力不足!」「全然だめ、らしくない!」「もっと怒らなければ!」「途中で電池切れだが!」等々、散々な評価を受けました。隣に座っていた師匠に「何とかして」視線を送りましたが、「流派が違う!」と一言。
 がっくりきた反省会で、その後も十分反省を続けたしだいです。率直な意見を出し合うのが我が新風の会です。今回は会派全員が一般質問を行ったことが印象に残ります。
 次回に臨みます。私には、「なんだ、〇〇〇〇〇!」というエキサイトな対決がお似合のようです。優しいおじさんにはなれないのです。「流派が違う」んだから。

e0317698_1442582.jpg
厚生常任委員会の視察。今回は県南愛児園ドリームハウスで、説明を伺いました。

e0317698_14423812.jpg


e0317698_14425356.jpg
横手病院で新たに取得する駐車場用地を視察してきました。これで患者さんが利用する駐車場の鍵付き縦列駐車が解消される見込みとのことです。

 昨日(12月8日)で、各常任委員会審査が終了しました。総務だけは今日(12月9日)は1日かけて4月から地区交流センター化予定の市内14カ所の各公民館を視察するようです。
 魁新聞にもあったように、総務では、条例が1本否決になりました。条例が否決なんて、よっぽどのことが無い限り、あり得ないことです。委員が苦渋の判断を下さなければならない背景を市長はどのように感じているのか。議員経験者であれば分かるはずです。
 市民の皆さん方には、市長対議員の対決で、また議員が反対した、と映るかもしれませんが、違います。
 「組織が普通で無くなっている。組織が当たり前に機能していない。」ことからです。
 具体的に一例をあげると、昨日、今日の「えがおの丘」報道です。前日の一般質問に対して、市長は今までの方針を覆し、「プールが必要との陳情が出されたことから存廃を見直す」と発言し、議員全員が「え~~!!」でした。その後の全協では、3役以外この方針転換を何も知らされていないことが判明し、次の日の産建委員会の席で市長は、報道にあったように「そんなつもりで発言したのではない。」と一般質問の答弁を自ら再び覆しました。
 担当職員がかわいそうです。何を信じて仕事を進めて行けばいいのでしょう。梯子をはずされっぱなしです。
 市長は、「来年の選挙に影響するから、温泉施設の存廃を先延ばしした。」ことは誰の目からも明らかです。
 「ご都合が突然下りてくる。」
 ぶれ過ぎです。だから「組織が組織としての体を為していない。」のです。
 条例否決なんて、、、「危なさそうだったら、その前に動くことが当たり前の組織のあり方です。」
 直近の誰も何もしない。自分の立場、責任を感じていないのでしょうか。 (副市長いねなだが!)
 まさに異常事態極めたり、です。



by masahirogenki | 2016-12-09 15:38 | 活動報告

一般質問要旨~12月定例会~

 今日(12月1日)は午前中広報分科会があり、出席してきました。テーマは主に市議会だよりの紙面の割り振りでした。
 今12月定例会の一般質問を行う議員がこれまで最高の15名(定数26名の時)となったことから、2ページ紙面を多くしての発行と決まりました。来年1月15日号ですので、皆さん是非見て下さい。
 2ページ増やしたことから、印刷屋さんとの調整を急がなければならない、ことからタイトなスケジュールとなりますので、各議員には、自身の原稿締切を守って、ご協力下さい。
e0317698_1313190.png
 ということで、一般質問の日程です。12月5日(月)から7日(水)までの3日間、毎日5人ずつ登壇します。一般質問はその時間に、その議員のみが当局側とやり取りが出来る、独占状態での「生の舞台」です。ネットでも、いつでも見れますが、時間があれば、是非生で、議場で見て頂ければ、と思います。息づかいが伝わる緊張感のなかでのやりとりを見て、市長、議員それぞれを評価して頂ければ、と思います。

e0317698_131462.png
 ということで、今回私も3日目の4番目に登壇します。テーマはこの通りですが、「市長、お役人の意思決定が遅過ぎて、全く動いていないことからの様々な問題の解決」を目指しての質問です。
 この問題は、今年の3月定例会の「平成27年度横手市特別養護老人ホーム特別会計補正予算(第3号)」で、厚生常任委員会で多くの時間を取り、問いただしたことでしたが、それから今まで具体的なアクションが全くありませんでした。9月議会時の27年度決算においても、私が一般会計を不認定とした理由の一つです。
  担当施設長の責任ではありますが、直営施設であることから、権限が及ばないところ(市長)でアクションを起こさないと、問題は解決の方向に向かいません。言い換えると、「今のような現状になってしまった全ての責任は市長にあります。」「なぜこんなにも遅れてしまったのか、、、」続きは、一般質問で。


by masahirogenki | 2016-12-01 13:27 | 活動報告

平鹿地域局情報交換会&FM収録

e0317698_13473722.jpg


e0317698_13475084.jpg


 昨日(11月24日)は、12月定例会前の「平鹿地域局職員との情報交換会」があり、出席してきました。
 今ではすっかり定着していて、係長クラスのプレゼンの場となっております。
 地域局においては、「風通しがいい職場」となっているようです。
 しかしながら、組織としては、「まちづくり推進部」の下部組織としての位置づけが鮮明となっており、前市長時代の「独立した組織」としての機能は全く無くなったように感じます。⇒デメリットばかりしか映りません。
 地域局の守備範囲は広くなって、「あれもこれも」と多くの所管が増えたにもかかわらず、「上から目線」で、「いきなり」、「説明も無く」、「いいつけが下りてくる」、というあり様です。
 このような状態のままで、普段地域住民と第一線で接しながら、「地域振興とまちづくり」、「公民館の地区交流センター化」、「地域づくり協議会のあり方」、「FM計画では、現場が責任をもつ」、「保健師の充足の問題」、「地域局予算のあり方」、「多過ぎるイベントのあり方」、等の検討しなければならない政策課題がめじろ押しです。

 前市長時代では、「地域局職員との人事交流」を目的とした人事が行われて、「お互いの立場を理解する。」ことが出来ておりました。今はどうでしょうか?
 「突然説明がほとんどないまま、「組織として交通整理が出来てないまま」、「ご都合」が「上」から下りてくる。」⇒思いやり、大人の仕事が全く出来てない組織ですよ。
 「内部情報系という便利なツール」、これは人間関係を成長させませんね。
 「人は(多種多様な多くの)人と直接会って、会話をしながら、相手の立場を理解して、自分を理解してもらう。」経験、訓練から、「人として一人前になっていくのだ。」と思います。

 「組織は、どんなに大きな組織でも、たった一人のトップの人間性が現れるものだ」、とつくづく思うこの頃です。

 今日(11月25日)は午前中、かまくらFM(77,4MHz)の収録でした。28日から始まる12月定例会の日程、概要のお知らせを行いました。皆さん、議会を生で見に来て下さい。特に一般質問は、「筋書の無い生の舞台」です。議員の息づかい、独特な緊張感を味わいに来て下さい。そしてチェックして下さい。
 一般質問は12月5日から7日の3日間です。

 


by masahirogenki | 2016-11-25 14:42 | 活動報告
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line