カテゴリ:未分類( 15 )


3月定例会開会中

 昨日(2月24日)から3月定例会が開会しています。今日は2日目でした。

 さて、昨日は条例案、27年度補正予算案まででしたが、本会議で補正予算(白寿苑)案に対して久しぶりに荒げました。寿松木孝議員と青山豊議員のブログには話題にして頂き、ありがとうございます。
 ご協力頂いた皆様方にも、ありがとうございました。

 「私は公人(市議会議員)です。報酬も貴重な税金の中から頂いております。なので、プロです。公人、市議会議員としてプロでなければいけません。」いつも自分に言い聞かせております。当たり前のことを述べているだけのこと、なのですが、

 議場では、「人対人」のやりとり。公人として知り合った仲でも、一緒に楽しく酒を飲んで熱い会話もします。

 どんな場面でも「これで本当に良かったんだろうか?」と迷ってばかりですが、「公人である限り、公人の立場でなければ。」と思います。 言い聞かせますよ~!!

 市議会議員の思い、考えを(市長のように)タイムリーになかなか世論に伝えきれない現状にあり、
「議会がなんでそのような判断をしたのか?」という市民の問いにタイムリーに応えきれないでいますが、
「議員の権限(調査権、議決権)」を自覚し、義務を果たして、議員活動を全うしたいと思います。
 二元的代表制の制度の良さを出さなければなりません。

 そのことが、さらなる市勢発展、さらなる市民サービスの向上に結びつくことを願っています。

 「市長には、最高責任者として、全てのことが最終的に自分の責任として返ってくる。」ということを今一度自覚して頂きたい、と思います。
 「誰かのせいでは無く、全て自分の責任」、「組織を良くも悪くもするのは全て自分の責任」
 「責任転嫁無く」、手本を示して頂きたい、ものです。
 

 

 

by masahirogenki | 2016-02-25 20:37

天の戸祭り2016

e0317698_10211071.jpg
今年は3回に分けての開催。私は最終の午後2時から。続々と並び初めてます。

e0317698_10212860.jpg
蔵の中は身動きが取れないほどの酒好きな人、人、人。

e0317698_10214381.jpg
平鹿町のイベントにはやっぱりこの人です。いいぞ、可奈子!最高!!お隣は、湯沢の「河童の川太郎」のマスター。毎年ボランティア参加ありがとうございます。

e0317698_1022080.jpg
自宅飲み用のお土産。品評会向けの普段は非売品の貴重な1本です。

 昨日(2月7日)は平鹿町の酒蔵「天の戸」の蔵開き、「天の戸まつり」がありました。今年もチケットを購入してもらい、2年連続の参加でした。
 いや~今年も良かったですね。年々訪れる人が増えて、ファンが地元を初め、遠くの方から来て頂いているようです。 私は、ここでしか合わない人もたくさんいます。

 人を惹きつける力、お見事です。
 様々な努力を蔵のメンバー、組織が力を結集してこのようなパワーを生み出しているのでしょう。
 地域活性化のヒントがたくさんあるように思います。


by masahirogenki | 2016-02-09 12:26

せいご議員参上~菌床運び~・アリーナより先に

e0317698_19214297.jpg
菌床センターから運びます。

e0317698_19221098.jpg
ハウスに運び入れて、空コンを積んで菌床センターへ。

e0317698_19223343.jpg


 助っ人せいご議員に手伝ってもらい、ハウスへ今年の秋に発生させる椎茸の菌床を運び入れました。助っ人は他にりんご農家、花農家、山登りの師匠の方がたに手伝ってもらい、順調に終えました。
 皆さん、いつもありがとうございます。
 地域の中で、モノ、人、お金が動く仕組み。小さい規模でも行政、民間、金融機関がモノ、人、お金を動かすことが地域の活性化に結びつきます。「エコノミックガーディニング」を実現したいものです。

 2月5日に横手アリーナについて「予算の中身の詳しい説明がありました。」
 昨年の9月議会で関連予算が否決となった後、市長が「リベンジしたい。」という発言後、これまで議会に対して説明や協議が非公開も含めて何もありませんでした。なので、「市民の方々はほとんど何も分からない状況なのでは?」と思います。にもかかわず、商工会議所、商工会から既に建設を推進するように要望書が出されているのは合点がいく反面、違和感を感じます。
 建設費用が90億円という大事業(ex、横手駅前再開発が約80億)、維持管理費が大まかな見込みで年間1億2千万が、市民の間で全く議論されていない中で、「合併特例債の期限内で建設する必要がある。」という、「先ず建設!」という、本末転倒(目的(地域活性化、まちづくりを行うソフト事業)を達成するための道具、「ツールであるはずの体育館(建設)」がいつの間にか目的になってしまった。)なことがいろんな決裁を経て、登場してきました。(ex、ごみ焼却場建設で、市民への説明にどのくらい時間を費やしたことか。)

 「税金」は魔物です。
 私が自己資金で行うのであれば、余りに無謀な投資(ソフトが未熟でほとんど無い投資=思いつき、後づけ投資)で、あきらめます。
 それより先にやることがある。優先順位を考えます。このことは私のみでは無く、「魔物」に憑りつかれていない、「自分のお金だったら」、と思う普通の人たちは普通にそう思う(あきらめる、優先順位を考える。)のではないでしょうか。
 
 新体制になってからずっともやもやした違和感を感じてきて、これはなんだろう?と思ってきました。
 先日議員間で、「政策が無いからだ!今回も政策ではないだろう。」という話になり、
 「もやもやがスッキリしました。」 そう、政策が無い、あっても直ぐに行き詰まる未熟なものばかりだ。
 
 各段階で決裁されて、最終的に政策会議をなぜ通ってきているのか。
 答えは容易に想像できますが、余りなことなので、書けません。
 世間では弾道ミサイル発射を誰の声にも耳をかさず、断行しようとしている困った国への対応に苦慮しているようですね。
 巨人が勝てなかったり、弱いチームが、何かが変わったら優勝します。 
 「組織」は怖いです。 意志で、どのようにもなるのですから。
 議会は良識の場で、正す場です。 仲良しクラブではありません。我々は仕事をしなければなりません。
 一つ一つ責任の所在を明らかにしていきます。
 
 


by masahirogenki | 2016-02-06 22:57

山盛りの行政課題説明会~十文字地域のまちづくりに思う~

e0317698_963532.jpg
会議の連続

e0317698_97059.jpg
筋トレで使うダンベルの変わりになるくらいの分厚く重い資料

 昨日(1月27日)は行政課題説明会がありました。当日配布の資料を含めて15の案件でした。案件中、28年度当初予算編成方針などについては未だになにも提示されません???
 時間が限られていたのかもしれませんが、意見交換を活発に行うためにはもう少し何回かに分けて説明会を開いて頂きたいですよ。集中力が続きません。それにしても当局の皆さん方は説明が上手ですよ。
 「敵を知り、己を知れば100戦危うからず。」といいますからね。

 案件中、十文字小学校統合の場所の選定については、議会側が「現十文字第一小学校周辺も検討に入れるべき、」とのことからこれまで教育委員会側と協議してきました。議会側提案の場所を含めて、先日地元の検討委員会の皆さん方への説明を行い、その場で出された意見の報告がありました。

 意見の内容について、この場では省きます。
 今回我々議会側は多くの課題を残し、反省しなければならないと感じます。
 それは、 「議員が自ら情報を得る努力をし、先を見通せる能力を身につけなければならない。一人一人が横手市全体の議員となる。関わり。」ということです。今回我々議員の思いは後手後手になりました。
 議会側は、「児童たちの安全、教育環境の良さ」はもちろんですが、「十文字地域の発展、賑わいの創出」「まちづくり」、「新たな用地取得費用が不要、資産(市有地)の有効活用」という観点からの提案でした。
 なので、 「もう何年も前から、十文字地域発展のためのまちづくりはどうあるべきか。」ということを、議会側が当局と「行政課題」として関わり、協議をしてこなければならなかったことです。
 「道の駅周辺の開発」という観点から、「庁舎改築の問題」、「文化センターの問題」、「統合小学校の問題」、「駐車場の問題」、「道路の付け替え」、「用地の問題」、「建設方法」などを何年も前から協議する必要があった、と思います。

 「地元の問題は地元で。」というこれまでの考えを、議会側、当局側双方改める必要があります。処理能力以上のことを地元、地域局に求めるには無理があります。出してきた結果を「(都合よく)そのまま尊重する。」ことは、本課の責任転嫁であり、無責任です。「難題は地域局。」という中枢部の悪習を改めるべきです。
 さらに、部局横断です。今回教育委員会側の説明は、範囲内で概ね適切であったことです。我々の提案は、「児童の安全、教育環境の良さ」はもちろんのことですが、「まちづくり」、「資産(市有地)の有効活用」ということからの発想ですので、教育委員会所管を超えてしまいます。
 総合的な司令塔のような組織づくり、部署づくりは責任転嫁が横行する(責任の所在がはっきりしない。)ような組織では相変わらず難しいのでしょう。

 「十文字文化センターの改築」、市民からあれだけ要望が強いのに。まちづくりの役割、賑わいの創出にも大いに期待されるのに。十文字庁舎改築も合わせて行えるのに。
 ある程度の予算(合併特例債)で可能なのに。将来にわたり期待される投資なのに、なぜ前向きではないのか。
 一方で、市民がどれだけ利用できるのか分からないような、大多数の市民のメリットが感じられないようなアリーナ建設に「もうこれ以上は借金(投資)出来ない位のリスクを抱えて」、「交流人口(市民以外の人)を増やすために=市民以外の施設利用者のために」90億もの「市民サービス向上の税金」をなぜつぎ込もうとしているのか。
 「アリーナ建設事業、交流人口増の経済効果はどれほど大多数の市民に還元されるのか。」

 大多数の市民の願いを優先すべきことがリーダーの資質なのではないでしょうか。

 これからの人口減少の世の中、財政規模が大幅に縮小する中にあっては、
 「施設を利用しない大多数の市民」からの視点、「投資の選択」の視点が必要です。
 これまで行政は、
 「利用する市民」の立場、目線を重要視し、また、もの言う財界人の影響を受けてきましたが、
 これからは
 1.「公平性ある税金の使い方」の観点、←施設を利用しない市民から見れば不公平です。それが大多数であるならば、愚策。
 2、「身の丈に合った資産の保有」の観点からの政策は必須です。
 


by masahirogenki | 2016-01-28 10:33

県広域連合第三者委員会報告・改良区総代会・監査委員事務局送別会

e0317698_10541251.jpg
3月31日付さきがけ新聞
e0317698_10551386.jpg
平鹿町土地改良区総代会 終了後市政報告を行いました。
e0317698_10555173.jpg
総代会議案書
e0317698_10561757.jpg
平成28年4月合併に向けて合併勉強会資料
e0317698_10564480.jpg
監査員事務局の滑川さん、お世話になりました。 ミミズ入りの堆肥を届けます。野菜づくり楽しんで下さい。

 昨日(3月30日)は、県後期高齢者医療広域連合で、臨時会全員協議会が開かれ第三者委員会から「パワハラはなかった。」とする報告がなされたようです。 まだ、さきがけ新聞の記事による情報だけの段階ですが、報告は1、自殺した職員は精神的苦痛を感じていた。2、上司の指示は業務上不合理だったとはいえない。3、上司の言動は自殺の原因の一つではあるが、それだけが主要な要因とはいえない。 大きくこの3点から「パワハラはなかった」と結論づけられたようです。
 先日(2月10日)の議会で開いたハラスメントの勉強会(議員研修&総務文教協議会2月11日付ブログ)では、 「行為者に意図があろうとなかろうと、受けた本人が不快感を感じれば、それはパワハラであり、セクハラである。」 とのことでした。 このことから、2点目の報告について、勉強会講師の群馬県立女子大学の佐々木教授から意見を伺いたいものです。
 また、市の職員の方からは、広域連合派遣に関して精神的に全く問題はなく、本人の能力を勘案して派遣したとの説明を受けております。3点目の報告は市の人事管理も原因の一つととらえていることから、食い違っております。1点目については重要な事実の報告です。
 第三者機関に委ねたことではありますが、「別の専門家の意見、報告も同様なのか?」と現時点では感じます。何よりもご遺族の方々が少しでも前に進めるように、少しでも納得できるように「真実を明らかにする。」ことが必要なのではないかと思います。 市から詳細な説明を伺いたいと思います。

 本日でご退職される職員の皆様方、大変お世話になりました。10年前に合併した当時は係長・課長補佐クラスで、一番仕事を任せられて「新しい横手市、一つの横手市」を目指して実務では中心的に頑張ってこられたことと思います。
 今後はお体に十分留意されまして、今までやれなかったことや、新たにやりたいことに向けて、人生をより楽しみながらお過ごし下さい。長年、ご苦労さまでした。 ありがとうございました。
 

 

 

by masahirogenki | 2015-03-31 12:04
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line