ねんりんピック卓球交流大会・横手市体育館

e0317698_20073211.jpg
 今日(9月10日)は、横手市体育館で行われているねんりんピックの卓球会場に行ってきました。
 私も中学から高校、大学と卓球をやっていました。
 この大会には、秋田県Aチームに高校、大学の先輩が選手として出場していて、応援の目的がありました。
 会場は賑やかで、多くの職員の方々が頑張っていて、運営は、鈴木前副市長はじめ、職員OBの方々が中心でした。
 地元高校の卓球部の皆さんが審判を担当し、のれん会の方々がよこて焼きそばを振る舞い、多くの市民の方々が協力して大会を支えておりました。



e0317698_20071945.jpg
 ちょうどよいタイミングで先輩の試合を応援することができました。結果はハラハラした試合でしたが、勝って、秋田県Aチームは明日の2次リーグへ進みました。
 2階の観覧席から応援していましたが、隣の方々が同じく先輩を応援していたらしく、一緒の応援となりました。日頃の卓球の練習仲間のようで、今度一緒に練習することになりました。
 卓球ブームのようですが、ねんりんピックに参加されている選手、応援団は若い時からの卓球部が多いようです。
 ラージボールの玉の動きを初めて見ましたが、打ってからの玉のスピードが遅く、タイミングに慣れが必要かも、打つ瞬間にも、です。一発の決め球の切れ味は、ちゃんとあり、面白そうです。
 問題は、体が動くか?です。へたをすると、怪我をするかもです。私は、前陣速攻だったので、、、体重を落とさないと、、、目が追いつくのか、、、まあ、落ち着いたらですが、、、
「いつまでも、いくつになってもスポーツを続ける。続ける気力、趣味を持つ。続けられる体を保つ。生き生きと生きる。」素晴らしい人生です!


by masahirogenki | 2017-09-10 21:13 | 思うこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line