よこてfun通信~交流情報誌~

e0317698_11315014.jpg
 皆さん、「よこてfun通信」ご存知ですか。今回で8回目の発行ですが、表紙の写真に知り合いが載っておりましたので、ご紹介します。
 先ず、この方は雄物川在住で、「寿司・割烹いろは」の4代目で日本料理の職人であり、「アームレスラー」の松田智喜さんです。
 彼とは、セントラルスポーツのジムで、15年前位に知り合いになりました。今ではお互いに別々のジムに通っております。当時から体がムキムキで胸板が厚く、怪力で、ベンチプレスの重りが足りないほどでした。
 アームレスラーとして全日本チャンピオンとなり、無差別級で世界大会上位入賞を目指している方で、日々トレーニングに励んでいます。夜は職人として腕を振るっています。


e0317698_11345786.jpg
 さて、この「よこてfun通信」、発行部数は、4,500部。定期好読者(申し込みした人)、横手市応援市民登録者(ふるさと納税の際に登録した人)、ふるさと会会員等に届けられています。
 今回の記事は、「私たち、ハマリスト」、「がんばる横手人」、「横手のチカラ」、「おらの元気のもと」、「横手市のイベント情報」、「街ものがたり」、「ふるさと納税」、「こちら首都圏ふるさと会」、「よこてのうめもの」等盛りだくさんの内容です。
 この交流情報誌8ページフルカラー、B4サイズで、見やすく、目を引きます。→今日は午前中議会だよりの広報分科会がありましたので、「誌面のでき」が特に気になります。
 内容も、ここに住んでいる我々(市民)が知らない、気づいていないこともあるのではないのか、「もったいないな」と思うような取材もあるのではないのか、と思います。
 横手市の「応援人口を増やす」ことに大いに役立ってほしい、と思います。
 また、この交流情報誌の中身は、「ここに現に住んでいる横手市民」にも伝われば、より素晴らしいこと、と思います。



by masahirogenki | 2017-06-08 12:14 | 思うこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line