厚生常任委員会視察~横手市は選ばれる市か~

e0317698_10495959.jpg
 4月12日~14日の日程で、三重県津市、並びに志摩市で、厚生常任員会の行政視察を行ってきました。
 志摩市役所、ホテルのご厚意で、伊勢志摩サミットが行われた会場(志摩観光ホテル)を特別に案内して頂きました。(高額なホテルなので、我々の予算ではとても泊まれません。)

e0317698_11434241.jpg
e0317698_11400253.jpg
e0317698_11401885.jpg

 津市では、「三重県障がい者就農促進協議会」を視察し、テーマは「農福連携」の取り組みについてです。 数年前まで、三重県は、障がい者雇用率が全国最低ラインであったことから、知事がこの不名誉を挽回するために、取り組んだ事業とのこと。平成28年度は、全国19位になったとのこと。「農業ジョブトレーナー」の存在、養成がこの事業の要です。

e0317698_10581890.jpg
e0317698_10580356.jpg
 実際に従業員21名中11名の障がい者を雇用している会社(イシイナーセリー)を訪問し、社長と、奥様から説明を受けました。「タマリュウ」という芝生のような植物の生産量日本一の会社で、「賃金は、健常者と同等支払っている」とのことで、「増々雇用して、事業を拡大したい」とのことでした。「お日様に出て働く農業は、障がい者の方に合っていて、皆さんが生き生きしています。」奥様の言葉が印象に残りました。

e0317698_10494172.jpg
 志摩市役所では、「志摩市あんしん見守りネットワーク」ついて他2点、認知症対策について研修しました。
 横手市、どこの自治体でも認知症対策は、大きな課題です。
 志摩市では、個人情報保護の問題、市民の認識、協力がまだまだ足りない、当初からの協力員が地区役員の交代や高齢を理由に辞退している等、様々課題がありましたが、横手市でも同様です。
 志摩市が新たな取り組みとして、認知症の方にQRコードを配布して、仮に徘徊した時には、このQRコードを読み取り、家族に連絡するシステムを構築する、とのこと。これは、QRコードを読み取ると、掲示板にいき、個人情報は保護されている、とのことで、横手市でも可能なのではないかと思いました。

e0317698_10501533.jpg
e0317698_10504618.jpg
 みえエコくるセンターの視察では、生ごみ、食品残さの堆肥化工程と施設の運営について研修しました。この事業所でも、障がい者の方を雇用しております。
 レストラン、スーパー、給食センターから出る残さをここに集めて、約6カ月かけて完熟たい肥を生産、販売しています。ここでは床材として、「落ち葉(微生物)、米ぬか、もみ殻」を使用しており、有償な菌を買うことはしておらず、コストを抑えています。
 独自の技術により、混ぜ合わせる1、パン、惣菜2、野菜くず3、肉、魚くずの配合を組み合わせることによって堆肥を製造しております。このことにより、1㎥(写真の1袋)3,000円の価格で販売し、近くの農家はもちろん、遠方の顧客もたくさんいるとのことでした。
 「生ごみを燃やしてしまうことは、もったいないことです。資源として活用することは、基幹産業が農業の横手市にとっては、目指すべきことと思います。エコであり、環境に優しく、材料がほとんどただで、付加価値の高い有機農業が出来るのですから。」
 「福祉と農業」の連携、今回の視察でのキーワードです。
 「発想の転換」は、言われてはおりますが、私たちの日常は当たり前、前例に捉われて、「気づく」ことができず、「思考停止状態」に陥って、「自らの問題を問題としていない」のではないでしょうか。
 先進地では、トップの適確なリーダーシップで、既に様々な角度から問題を克服すべく取り組んでおり、その都度新たに発生した問題を克服しながら、確実に前に進んでいるのです。
 見習って皆さんで良い仕事をしていきましょう!


 P,S 研修に行っている間に魁新聞に、増田地域局のカフェからテナントが撤退したニュースがありましたね。貸事務所は未だに借り手無し。職員のコメントは他人事のようでした。
 「この事業、補助金ありき、が先で、内部でどこが責任を持って事業展開するのか決まっていない、「お粗末」なお役所事業で、議会でかなりもめた案件でした。」→「これを否決すると、今後の国の補助事業に横手市に対して影響が出る恐れがある」とのことから、苦渋の選択をした経緯があります。その後、「説明無しでエレベーターの設置場所の変更」で議会がまた裏切られた思いでした。
 市長の思いつきの政策展開の始まりがこの増田庁舎のリノベーション事業であり、その後、大雄振興公社、横手アリーナ、誘致企業のための南庁舎改築と「唐突、発言に責任をとらない、説明不足、隠す。」ことが続いていました。
 先進地では、リーダーの適確な指示の元、「大学等への職員の派遣」を積極的に行い、人材を育成し、「シンクタンクを重要視しています。」
 横手市は、足らない点を改めて、良い所は真似る、見習うべきです。
 「横手市は「選んでもらえる市」になっているのか、危機的な状況が続いている」 
 と私は思います。選挙の際、現体制に協力した責任を感じております。



by masahirogenki | 2017-04-15 12:55 | 活動報告
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line