「とかげのしっぽ切りにするな。」

e0317698_08570559.jpg
 今朝(3月24日付)の魁新聞に、秋田県知事選挙のニュースが大きく1面にありました。(ですよね~)
 横手市は静かな幕開けとなっていて、話題の中心は、国会の証人喚問の一日であったのでは、と思います。
 籠池氏の新たな証言で、昭恵夫人が関わっていたのでは、と感じられるお付きの職員が送ったファックスの存在が明らかになりました。
 籠池氏は、私だけを、「とかげのしっぽ切りにするな。」と発言しました。

 この言葉は、3月14日、横手市の3月定例会会期中であった、「厚生常任委員会」で、高橋和樹委員(議員)から、全く同じ言葉の発言がありました。
 この場面、末端の一職員だけの責任とするな。誰の指示で不適切な行政執行が成されたのか、という思いが伝わってきました。
 高橋和樹委員は、質疑の最後の言葉を、「とかげのしっぽ切りにするな。」の意見で閉めたのです。→議事録にあります。 全く同感であります。
 中身は、高橋和樹議員の一般質問において5件のコンプライアンス問題中、このうち厚生常任委員会所管についての報告を求めたものです。
 具体的には、「障害者就労継続支援訓練等給付金の支払遅延」です。
 この問題と、「スポーツ施設の売上金等の一時紛失」の2件については、市長側の説明が不十分であったので、「なお調査が必要」なことから、議会から「監査請求を求める」動議を出しました。
 動議は、12対11で、ぎりぎり可決となり、今後議長から正式に代表監査委員に、監査を要請することになります。6月定例会には、監査結果が出るものと思います。
 東京都議会では、「100条委員会」を設置して、石原前都知事を証人喚問しました。
 議会は住民の代表、代弁者です。「議会が持つ権限」を理解して、「やる時はやらなければなりません。」
 
 横手市の組織体制が心機一転、4月から「風通しが良く、一人一人の職員が持っている力を最大限発揮する組織になる。」ように願ってやみません。
 議会の思いが市長に伝わるように願っております。



by masahirogenki | 2017-03-24 09:54 | 思うこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line