第18回醍醐公民館まつり

e0317698_10504319.jpg
 昨日(2月19日)は、醍醐公民館まつりがあり、参加してきました。毎年春の訪れを感じる事業です。
 予定では、4月から「醍醐地区交流センター」となりますので、「醍醐公民館」としては最後となることです。(予定では)
 年に1回、私の唯一のお茶席への参加は緊張感の中にも、お着物姿の美しい女性方の華やいだ立ち振る舞いに見とれながら、「お茶もいいな。」とありがたく思っているしだいです。

e0317698_10500121.jpg
 秋田に住みます芸人三代目の桂 三河さんの落語は、会場に100人以上の参加者があり、皆さん大いに笑って、「免疫力を高められた」ことと思います。三河さんは、秋田に住み始めて半年、今回で24回目の地域巡りとのことで、1回目は増田の内蔵で落語を行ったそうです。
 「横手市にもっと来て、落語の楽しみを広め、皆さんの免疫力を高め、幸せになる。」ようにさせて頂きたいです。

e0317698_10491745.jpg
 交流会では、それぞれのサークルの日頃の練習の成果をお披露目頂きました。大正琴の皆さんです。
 地域の皆さん方とゆっくりお話を伺う機会が余り無い中、昨日は多くの方々のお話を聴けて良かったです。
e0317698_12111020.jpg
 今週(今日)から3月定例会に向けて、毎日議員活動があります。
 多くの「事業計画を策定し、裏づけとなる予算をつけて、事業が実行される」ことですが、「指針」、「目指すまちづくり」を明確にしなければなりません。
 「ぶれないこと」は当たり前のことですが、「結果が全て」です。
 「結果を検証し」、「計画の軌道修正を加えながら」、「事業効果が最大限でる。」
 二元代表制である議員は、上記の目的を達成するために「多方面からチェックしなければなりません。」その為の「調査活動は議員として必須です。」





by masahirogenki | 2017-02-20 11:41 | 活動報告
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line