会派研修&秋田県市議会研修会

e0317698_23631.jpg
 11月8日から10日まで会派研修を行ってきました。初日(8日)は東京ビッグサイトで「地方自治情報化推進フェア2016」で研修です。今やシステム無しに自治体事務運営管理は不可能な時代です。経費も莫大になっております。今回の研修では、普段当局側からは話を聞けない部分を知ることが出来て有意義でした。多くのブースがある中で、興味がある所を回りました。その1

e0317698_2362842.jpg
 その2

e0317698_2364818.jpg
 9日は、パシフィコ横浜で「第18回図書館総合展」での研修です。こちらも普段職員からはほとんど説明を受けない部分の研修です。珍しい、こだわった事ばかりを扱う出版社の本や、「到底自分では買わないだろうな。」という辞典など、図書館だからこそ「置くべき本」があるな~と各ブースを回りました。あるブースでは、熊本地震で、「棚から本が落ちないという想定だった書架」が想定外で本が落ちて大きな被害が発生したことから、改良した棚の展示もあり、説明を受けました。

e0317698_237788.jpg
 10日は高級住宅街の代官山に出来た「秋田県神岡町の若いコメ農家が経営しているおにぎりや Ichigo」を視察です。若い経営者ははつらつとしていました。握ってもらいましたが、手が大きいので、食べ応えがあり、美味しい「あきたこまち」であり、「海苔」でした。170グラム(コンビニは120グラム前後)で、値段は170円前後で、上々の売り上げとのこと。視察中にもセレブ奥様が「お土産用に2合のあきたこまち」を注文してました。少量が主流なんですね。今後の発展をお祈りしています。その1

e0317698_2372627.jpg
 その2

e0317698_2374520.jpg
 若者のまち原宿にあるおにぎりや「Gyu!」こちらは創作おにぎりです。普通のおにぎりもありますが、「お菓子のような、おやつに食べるようなおにぎり」がお洒落にならんでいます。「ミツビシの高級お釜」と提携して、炊き立てのご飯を使って、こだわっているとのこと。お米はミルキークインでした。「六本木のおにぎりやは一日600個売れる。」とのこと。なにやら、お洒落に敏感な街では、「ごはん回帰」が起こっているのかな?米もまだまだ可能性があるのでは、と期待した視察でした。
e0317698_238613.jpg
 今日(11日)は、秋田市で秋田県市議会議員研修会があり、出席してきました。講師は超人ネイガーの海老名 保氏で、演題は、「秋田から世界に発信!正義の味方の挑戦」というテーマで、熱い思いのご講演でした。「小さい時からの自身の夢を実現してきた経験を活かして、今度は秋田の子供たちのみではなく、世界の子供たちに「正義のヒーロー」の姿を見せて、子供たちに夢や希望、世界平和の心を持たせたい。そのことを秋田県にかほ市から発信していきたい、とのことです。私は母から「よく月光仮面のかっこうして遊んでいたもんだ。」ということを思い出しておりました。「自分の中のヒーローは、おじさんになっても常に持ちたいものです。」

e0317698_2382094.jpg
 秋田市から戻り、菅原恵悦副議長の「秋田県自治功労授彰祝賀会」に参加してきました。20年以上の実績を評価されてのことで、横手市議会では8人目だそうです。今後も長い経験を活かしてご活躍をお祈りいたします。また今後ともご指導をよろしくお願いします。

 今週は、移動が多く、あわただしい週でしたが、この間、アメリカでは、「大どんでん返し」、トランプ候補が大統領選挙に勝ちましたね。今は驚きですが、徐々にこれを受け入れて、日本も「気づく、気づかなければならない局面」が出てくるものと思います。「親離れ、子離れ。一人立ちは必要なことです。」


by masahirogenki | 2016-11-12 00:22 | 活動報告
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line