今日(11月7日)の魁新聞から~枝豆、椎茸、楽輪会~

e0317698_19143577.jpg
 先ずは、「農林漁業と食」の特集面(5面)から、その1 枝豆日本一の記事です。なぜ県が枝豆にこだわったのか、よく分かりませんが、枝豆は私も思い入れがあります。
 私が脱サラした理由の一つが「美味い枝豆を作って儲ける」でした。⇒しっかり平鹿町農協枝豆部会と一緒に儲けて、「秋田県アグリチャンピオンシップ」で部会は第2位(副賞300万円)、私は「新規就農者部門で第1位(副賞50万円)」になりました。
 旧平鹿町農協時、枝豆部会の機械の導入(県の夢プラン)による面積拡大のきっかけは「私の(部会員外)による機械もぎによる大規模作付」でした。
 独自機械導入1年後に直接部会長から勧誘があり、部会員と役員同時加入でした。町と一緒になり、枝豆作付を飛躍的に伸ばして、農家が納得する単価で取引を行いましたよ。
 当時私は平鹿町農協枝豆部会の「品評会に出すためのような規格が厳しい枝豆」には思いを異にして、部会に入らず、自分で情報を入手して機械を導入し、(補助金無し、当時農業に補助金があることを知りませんでした。)十文字の小田島青果(ばあちゃんにお世話になりました)と直接大量に相対取引をしていました。
 消費者の皆さん方は、ある程度の規格であって、味が良ければ機械もぎの枝豆で十分でした。私は当時から今までも自家製堆肥を大量に施しています。(今は枝豆ではなく、大豆ですが。)
 今の枝豆機械もぎ、大規模作付の先駆者と自負しています。
 県は、「枝豆出荷量日本一」を目指したのか、それとも今は「戦略的に出荷量」にしたのか。
 市場評価を得るには「量は」必要なことですが、 
 「量」だけでは、生産者がついてこれず、あきらめて、結局は出荷量も減り、市場から見放されて、元通りになってしまいます。
 農家には「単価」が一番です。⇒魁さん「単価がキーワード」だ。農家の責任は当然だが、引っ張ってきた県の、「高単価」=「農家の手取り、うま味」の戦略の失敗を明らかにして、「高単価」の戦略を打ち出さなければならない。 
 官民連携の記事ではねぇ、、、せっかくの話題がねぇ、、、 こんなんじゃ「ほじつがねっべしゃ!」
 「定量出荷、均一規格」は市場からは当たり前の要望であり、だからこそ「高単価」になることです。
 行政が「高単価となる戦略を作れるのか、今が正念場です。売るのが下手な秋田県と言われているなか、秋田県の政策に期待して、注目して参ります。
e0317698_19151966.jpg
その2 椎茸煎餅 同じ5面にあります。「しいたけの規格外品に付加価値をつけて、お金にする。」まさに今の私の課題です。寝ても覚めても頭に残っています。「風味」はもちろんですが、「健康、病気予防」の高付加価値商品の開発、がもっかの課題です。
e0317698_1916761.jpg
その3 特養待機者の記事は社会面(25面) 
 全国では待機者が減少しているが、秋田県は高齢化率が高いことから、増加とのこと。
 横手市の待機者は約200人、1年待ちと説明されています。
 横手市直営の「白寿園」は、臨時職員が足りないために、「空ベット」がたくさんあります。民間と待遇が違うために、募集しても来てくれません。
 待機者は多いのに。 
 税金で施設を増床したのに。経営赤字(特別会計です。一般会計とは別にして、経営を明らかにしているのですが、)が出たら、それも税金で補てんです。
 市長はどのような政策支持を出しているのか?担当厚生常任委員会(議員)ではずっと前から指摘していますが、全く、さっぱりです。⇒「お役所仕事としか見えんぞ!!」「やしめで!!ば〇やろ〇!!」

e0317698_19163159.jpg
 おまけ 横手楽輪会、秋の交通安全に協力です。下田会長以下8名が「秋の交通安全週間」の初日にパレードした時の写真が会報の表紙になっていました。 「やるっしゃよ!ええんしな!!横手楽輪会」 

 今日(11月7日)の魁、どうしたの?というくらい今日はえがったんし。いつもこのくらい読むところが多いといいのに。
 1面はTPPに関してでしたが、「国会での議論は期待していませんので、スルーです。」
 ただ、アメリカへのリーダーシップを発揮なんて、「どちらも国民に評価されていないよいでね大統領候補だから、後にも先にも今だけかもですが」、それがTPP法案早期成立の大きな理由なんだからね。
 「農業者としてはなえっでが!〇か〇〇う!!」だ。



by masahirogenki | 2016-11-07 20:27 | 思うこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line