なぜなったのか?~政治理念~

 昨日(9月8日)で会派代表質問、一般質問が終わりました。区別、境目がよく分からなくなってきたように感じています。
 おじさん、立派な評論家にはなりたく無いですが、「言いっぱなし、パフォーマンスだけの議員のレベルを上げていかなければ、「税金泥棒」になってしまう。呼ばれてしまう。」「期待されなくなってしまう。」「失望されてしまう。」「無視されてしまう。」と思います。
 「茶飲み話は勘弁して下さい。」

 「なぜ議員になったのか?」
 事ある度に自分に問いかけ、深呼吸して、「本当にこれでいいのか?」と最終判断をこれまでしてきました。
 「声無き声を聴く」⇒私の政治信条です。
 「政治は弱い立場の人のためにある。」と思います。
 「政治には希望が無くてはならない。」と思います。

 「リーダーは良くも悪くも判断をしなければならない。」⇒「判断」は「理念、思いが無ければ出来ない。」と思います。「思いが無ければ、気づけない、相手を想う優しさの心を持てない。」と思います。
 「理念、思いがあるのか?」茶飲み話からは全く感じられませんでした。
 議会は決める場です。職員、市民に「方向性」を示す場です。
 「どっちだ?!」⇒決められない⇒責任をとらない⇒従業員、民はリーダーに失望し、人心が離れていく、ことです。

 青山豊議員の今日のブロブには「いいね!」を押したいです。また、前から大注目している「卒業生」のブログにはいつも「いいね!」を押したいです。ただ、アメーバブログに登録とかという手続き、おじさん出来ません。
 「やってきたことは、お互いに良かったんじゃないのかな?」と思っております。改めて、「ありがとうございました。」
 「危機感をお互いに共有して、正常に戻していきましょう!!」 ブログ、応援しています。ファンはおじさんの周り、多いですよ。
 きっと、おじさんと同じように登録手続きが出来ないのでしょう。

 P.S 木村議員の久しぶりの一般質問を聞いて、おじさん刺激を受けて、「もう12月議会の一般質問、出来上がりました。」 なにやら我が新風の会、12月議会、何かが起こりそう、な気配です。
 それにしても、聞いている側は、「冷静にあの時はこう述べるべきだった、」と気づくものですね。第三者の自分を心がけたいものです。
 今日はこの後、地元、野中神社のお祭りです。久しぶりに焼きそば作りの係りです。晴れて良かったです。



by masahirogenki | 2016-09-09 16:05 | 思うこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line