胸糞悪い!舛添会見!!

 なんだ、あの人を馬鹿にしている会見は!!
 たった46.14%、過去3番目の低さの投票率で当選した都知事です。
 あのような人を馬鹿にしている発言は見かたを変えれば、当然なのかもしれません。
 ちょっと顔が売れて、組織票があれば当選してしまう仕組みがあのような発言を生み出すのです。
 (自分は)選挙で選ばれた人ですから。⇒ 法に則った知事であり、皆さんの選択です。
 「有権者のレベル以上の政治は出来ない。」と言われています。

 筋書通りの結論でした。⇒ 法に触れてはいないという識見者(顧問弁護士)の報告を受けて、「今後は襟を正す。」と平謝り。
 最も吐き気が出そうなのは、この後の筋書、過半数を占める都議会与党議員の対応の想像です。「マスコミの方が厳しい的確な質問をしているんじゃないの。」 
 都議会議員として、人としてプライドを持って、都民の代弁者になって頂きたい。 
 パフォーマンスでごまかすなよ!!
 都議会で「政治資金規正法違反」はもとより「詐欺罪、偽証罪」を視野に入れて、自ら調査特別委員会の設置は当たり前のことです。「仮に法には触れていない、という結論になっても、都知事としてあるまじき行為であり、品位、資質に欠けていることを議会で明白にするべき。」ことです。⇒新興国一国の予算より東京都の予算規模は大きいんですよ。余りにこまいでしょ。 情けない!
 「辞職勧告決議案、不信任案」、当然あってしかるべきです。⇒与党は何故反対であるのか、反対の理由を的確に有権者に説明する義務があります。議員生命をかけて、覚悟を持って、党に隠れないで、「個人」として表明するべきだ!
 
 「政治的配慮よりも政治への信頼、期待を取り戻す。」ことが今の日本には必要でしょ。
  国会議員、各首長、議員に有利な法律は改めるべきです。
 甘利大臣も立件されませんでしたね。⇒後出し、訂正、自腹を出す(返す)と、単なる勘違い?解釈の違い?  
 今回の舛添都知事、完全にアウトでしょ、政治家として。⇒信頼を無くしたんだから。
 よく厚顔厚くして、都知事の椅子に座っていられるものですよ。⇒良心、道義的責任は感じないのか?!
 世論がなめられないようにしたいものです。
 選んだ最高責任者として有権者の行動も問われることです。
 誰に最も責任があるのか。  
 一番無責任なのは、果たして誰なのか?

 


by masahirogenki | 2016-06-06 18:50 | 思うこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line