責任逃れ・「税金は市民からの預り金だ!」~一般質問~

 昨日(3月8日)で、一般質問が終了しました。私は、ブログにも載せていましたが、初日に行いました。

 全くの私の力不足、で、不甲斐無い一般質問となってしまい、市民の皆様には大変申し訳なく思っております、とともに恥ずかしい限りです。
 「解釈の違いなどとする言い訳、詭弁で堂々巡りの一般質問にならない。」ことを期待しておりましたが、制限時間ぎりぎりまで全くかみ合わずに終わってしまいました。
 「議会のルールを守って事前通告していたにもかかわらず、市長は最初の答弁から、肝心の部分についての答弁が全くなく、カァッーとなってしまいました。」反省しております。
 このままでは納得がいかないので、責任を追及して参ります。

 市役所という巨大組織のNO1(高橋市長)とNO2(石山副市長)が自らの責任を認めようとせず、責任逃れを露呈したことで、組織の求心力は地に落ちてしまったのではないのかと危惧しております。

 高橋市政になってからのこの2年間、議会側から「責任者は誰だ。」とする質問が幾度となくされました。また、「政策が未成熟で、唐突であり、説明不足である。」という指摘も何度となくありました。
 このことの原因は、「市長、副市長が自ら責任を取る姿勢を組織に対してとっていなかったからではないのか。」と、思わざるを得ない態度、姿勢です。

 「税金(公金)は、市民の皆様方からの預かったお金である。」「その預かったお金を有効に投資して、市民サービスの満足度を高める。」ことが行政の目的、仕事です。
 今の横手市にはこの当たり前のことが理解出来ているのか。
 「未熟な市長の夢」を満足させるためだけの組織となっているのではないのかと思います。
 「イエスマンが役割」と副市長の勘違いが続くようであれば、横手市政の憂いはこの先も続くことであろうと思います。
 健全な組織とさせるために、これからも「二元的代表制」の議員として、プロ意識を高めて、市政を監視して参ります。
 寿松木孝議員、青山豊議員にはブログに取り上げて頂き、ありがとうございました。寿松木孝議員、立身万千子議員の一般質問、素晴らしかったですよ。皆さん、録画中継を見て下さい。議会がなぜアリーナ建設に疑問であるのか、理解して頂けるのではないかと思います。 
 「無いよりは、あった方が良い。」議員だってあればいいと思っています。しかし、議員(プロ)としての建設に対する疑問、懸念(利用頻度、集客力、経済効果、維持管理費などの財政負担、10年後も持続可能な財政見通しなど)に対して市長の同じ答弁の繰り返しでは、見通しの甘さを増々露呈するだけで、全く払拭されておりません。
 「自分の発言に対して責任を取らない組織のトップの言葉を誰が信じるのでしょうか!!」

 「身の丈に合った市政運営を行う。」ことが合併の最終目標なのです。 (建てたい方々の気持ちは理解していますよ。) 「議会の良識」をご理解下さい。
 何よりも一番の問題は、「市長自ら市民への説明を全くしていない。」ことです。
 「市民不在」では、議論そのものにならないと訴えても、どうも呑み込めていないようです。市長の義務であるのに。⇒「責任を感じないから、義務の気持ちが無い。」んんんんん、ぴったりはまりましたよ。んんんん、、、
 


   


by masahirogenki | 2016-03-09 07:05 | 活動報告
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line