民意と議会

 今年もあと2週間となりました。今年の1月臨時議会には、当初予算の10億円の除雪費が底を着きそうとのことで、5億の補正予算となりましたが、その後あまり降らなかったな~と、思い出しておりました。

 さて、我々市議会議員は「どれだけ民意を把握しきれているでしょうか?」自問自答しております。
 行政が行おうとする投資は、「住民サービスの向上、福祉の充実に結びつくことだ。」としておりますが、本当にそうなのか、「ひとりよがりのわがまま、住民への背信行為」となっていないのか、自信がありません。

 新しい体制になって、最初は「様子見」、そして今年度は「人事」「予算」「組織」に期待しておりました。

 我々議員は、「民意をくみ取り、また、多くの若い職員たちの迷いや疑問に対して、市長と対決してきたのか?」 「我々議員が仕事をしてこなかったから、今のような体制となってしまったんじゃないのか。」、自信を無くしております。

 「議会は仲良しクラブではありません。」 
 もの分かりの良かった私は、責任を当局に転嫁しただけのただの愚か者、怠け者です。
 もう一度自分が「なぜ議員になったのか。」原点(議員が自分の仕事をすることで、より良い行政に結びつく。)に立ち返り、「当局側に対して感じる矛盾、合理的とは思えない点を追及して参ります。」
 「市民が望むことを行う。」当たり前のことです。市民側はもはや「あれも、これも」は望んでおりません。
 「自律的な市民目線」をくみ取れるように努めます。
 
e0317698_11493193.jpg

 先週林道を探索してきました。左側の山は、金峰山を裏側からみています。醍醐財産区で、カモシカ3頭に出くわして、びっくりでした。

by masahirogenki | 2015-12-18 11:59 | 思うこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line