研修報告~行政評価・地域での課題解決&見える化~

e0317698_10473433.jpg

e0317698_10253689.jpg

e0317698_10552884.jpg

e0317698_10414937.jpg

e0317698_1043568.jpg

e0317698_10485037.jpg

e0317698_1045563.jpg

e0317698_10455681.jpg

 「改革、政策、施策、事務事業が、本当に住民が望んでいることなのか?」 このことを学んだ有意義な研修でした。
 1. 補助金による事業の課題や市民参加による地域での課題解決の事例などで、地域を見る目、事業を見る視点についての講義。
 2. 自治体の行政評価やさまざまなデータや調査結果をどう見ればよいのか。行政の取り組みや評価視点を見るポイント、事業の現状分析のやり方の講義。
 以上の研修でした。
 
 表題の件で、研修をしてきました。横手市だけでなく、地方が抱える問題(国の問題)の解決の研修でした。
 大きくは日本を変えること、それは「国と地方のあり方」、「地域住民と行政・議会のあり方」を見直ししていくことであり、変えざるをえない、変えなければならないことを改めて確信した研修でした。

 いけいけどんどんの時代は終わり、成熟期(塾れ過ぎ?)に入った日本国は今や借金だらけ、お金がありません。また、国民ニーズは多様化しており、「生き方」が選択できる時代となっています。反面、「格差」が大きくなり、選択肢そのものがせばめられて、世代を超えて貧困が継続する世の中となってしまいました。情報は誰もが直ぐに手に入り、メディアの発達は(いろいろな他の要素もありますが、)政府の信頼性を低下させています。労働力は減り、消費も減り、自国経済は停滞を続けています。

 このような「構造的課題」に対しての「改革」をどう進めていけばいいのか、それも「地方から」。日本は地方から改革するしかないと思います。それは住民の最も身近な存在が「地方自治体」であり、我々「地方市町村議員」であるからです。
 行政も一生懸命住民サービス向上のために努力をしておりますが、それについていく能力、同調、批判できる、意見を述べられる能力を我々議員は身につけなければなりません。我々の存在はそこにあると言っても今の時代、過言ではないと思います。

 そして既に住民レベルでは「自分たちのことは自分たちでやっていこう!」という動きがたくさん見られるようになってきました。横手市の多数の共助組織の立ち上がりは全国の地方自治体に誇れることです。

 様々な改革を前に進めている横手市、「それが本当に住民の声なのか?自分たちのひとりよがりではないのか?職員の声は聞いているのか?目標を組織が一つになって達成しようと仕事をしているのか?」 常に見直しをしなければなりません。

 我々議員は「住民の声を聞き、近づいているのか?日々問題意識を持って改革をしよう、世の中のおかしなことを変えようと努力しているのか?国にお願いしなければなんともならないことを仕分けして社会問題にしようとしているのか?国会議員につなぎ、危機感を訴えているのか?そもそも住民に信頼されているのか?」 「住民からの手応えの無さ」に落ち込むことはしばしばですが、「変えていくこと」が我々議員の使命です。

 住民の声をどれだけ聞けたか。それを政策・施策に反映させるように行政と進めたか。そのためには何が問題で、解決するためにはどうすればよいのか、様々な事例を検証しながら具体的な成功例、失敗例を聴けた研修でした。現在横手市で進めている政策、施策、具体的な補助事業、FM計画、総合計画、28年度からの行政評価システムの導入などへの知識、対応準備を得た研修でありました。 他の議員の方々へ勉強会等でより具体的にお伝えしたいと思います。
 以上ご報告いたします。




 
 

by masahirogenki | 2015-10-31 12:22 | 活動報告
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line