あやめ杯民謡大会~第25回記念~

e0317698_20534330.jpg
パンフレット 今回初めて後援に「横手市議会」が載りました。(毎年載せれればな~、、、ね、議長)

e0317698_20542037.jpg
結果発表前の小田島会スタッフ(美人ぞろい、秋田だよな~)による見事な唄。

e0317698_20544038.jpg
豪華な共演によるかけ唄、ぶっつけ本番なのにあまりに見事で感動です。

e0317698_20545523.jpg
記念大会の優勝者は北海道から初めて参加の三谷早苗さん。横手市議会議長杯を持って、にっこり。

 今日(7月20日)、海の日は毎年「あやめ杯民謡大会」が平鹿町で開催されます。今年は25回目の記念大会で、市長にも初めて来て頂き、会場がほぼ満杯となり大いに盛り上がりました。今年は、いつもの実行委員会長賞のほかに「観光協会長賞」、「横手市長賞」、「横手市議会議長賞」を設けて、記念大会を盛り上げました。

 伊藤隆志(民謡歌手)実行委員長のあいさつでは、「まちのにぎわいづくりと元気づくりのために続けてきた。」「初めて市長が来てくれた。」という言葉には、25年間も続けてきた中では、継続が困難な時期があったことで、重みのある言葉でした。
 
 大会直前、後ろから「今年も静岡から参加しました。」と声をかけられました。昨年最も遠くから参加して頂いた方は静岡からだったとブログに書いたことを見て頂いたらしく、ご丁寧にあいさつをしてもらいました。
 今年も最も遠くからの参加で、「遠方者賞」を受賞しました。 是非来年も参加して下さい。お待ちしております。

 今年は新たに「77歳以上の部」を設けて11名が参加されて最高齢者は87歳でした。皆さん背筋がピンとしていて、声に張りがあり、お若いです。民謡は健康づくりにも寄与していると思います。

 優勝者は、北海道からの美人さんで、「秋田おはら節」での受賞でした。「今後も秋田に来て、もっと秋田民謡を勉強する。」という言葉はありがたかったです。、、、移住しない?」 来年もお待ちしております。

 市民レベルでは、趣味や人生そのもので、まちづくり、にぎわいづくりの芽がもう既に普通にできていることがそこかしこにあるのではないのか、と改めて思ったひと時でした。
 
 まちの元気づくりの原点は、このような「主体的な方々の手作りの熱い思い」と「その思いに賛同し協力してくれるその道の本物のプロのボランテァ協力、参加」、「総合的な行政の補完」の大きく3つの観点からなのではないでしょうか。 終了後みんな笑って満足しているもの。 続けていきたいです!!

 参加者の皆さん、関係者の皆さんありがとうございました。お疲れ様でした。来年も海の日7月20日に熱く燃えましょう!!


by masahirogenki | 2015-07-20 21:54 | 活動報告
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line