日本百名山ひと筆書き3~御嶽山噴火・農作業~

e0317698_18315090.jpg
陽希君からの葉書 陽希君も御嶽山の噴火災害に対して意見を述べています。
e0317698_18321187.jpg
実家の富良野の景色(葉書の裏面)。

e0317698_18323067.jpg
鳥海山をバックに稲刈り。

e0317698_1833391.jpg
乾燥機へ。

e0317698_18333352.jpg
農協へ(1俵、(写真では2個60キロで)8500円の)米の出荷。 「市議会議員なえやっているなだ!!」との行き場所の無い怒りをもらっています。怒りのうちに「国にとって、日本の農業のありよう」を分かる人たちで議論して頂いて、経済価値では推し量られない「日本人の根幹、文化、国土保全」をよくよく理解して頂きたいものです。「何が一番重要なことか。」開眼して頂きたい!!

 この度の御嶽山の噴火によって、怪我をされた方々、亡くなられた方々、今なお行方、生死が分からぬ人たちがたくさんいることに、心が締め付けられます。ましてやご家族、知人にとってはどんな思いでおられるかと思うと、いくら自然災害といえども、あまりに「なぜ、どうして。」と思ってしまいます。  自然災害です、予期せぬことが起こったことです。そうなんだけど、余りにタイミングが悪過ぎます。 「なぜ、どうして今だったんだ?!!」
 御嶽山は私は登ったことはありませんが、3000メートルを超えている山としてはリフトがあったり、登山道が整備されて、山小屋もいくつもあって、かなり登りやすい山だし、霊山で古くからの信仰の山だし、土曜日で、お昼頃の山頂、紅葉まっさかり。普段山登りしていなくても行ってみたくなる真っ最中ではないですか。
 なぜこの時の噴火か。と神様に恨みたくなります。
 楽しみの登山で、突然の自然現象で亡くなられた方々には、未だ言葉が見つかりません。 
 今回ブログを更新しようかなと思ったのは、「日本百名山ひと筆書」の田中陽希君から絵葉書をもらったからです。 この絵葉書で私は前に進めました。  陽希君は今日(9月30日)は1週間富良野の実家で、足の養生をして、明日再び出発の予定です。
 昔からの知り合いの整骨院の先生から筋挫傷の診断を受けたようです。明日からの「日本百名山ひと筆書」の過酷な日程が心配です。残り少しでも、北海道だから、広くて、移動が多くて、山は真冬になるかもです。一番気をつけないといけないのが、移動中の交通事故です。 (私も今平鹿整骨院で毎日足の打撲の治療でお世話になっております。 親身な処置、本当にありがとうございます。)
 100座目の利尻山の無事登頂、下山を祈っております。
 「がんばれ!がんばれ!陽希!!」
PS・ 今日(10月1日)は、もう一日休むことにしたそうです。プロがいろいろ考えた結果のことでしょう。



by masahirogenki | 2014-09-30 19:42 | 思うこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line