敬老会~平鹿地域~

e0317698_1933490.jpg


e0317698_19272047.jpg


e0317698_2055677.jpg


e0317698_19274139.jpg
藤本副市長が長寿(米寿)祝金を贈呈

e0317698_1928377.jpg
吉田保育所ひまわり組さんのあいさつ

e0317698_19281630.jpg
元気な踊り

 今日(9月18日)は、平鹿地域の敬老会でした。今日から3日間の日程で開催されますが、今日は、吉田地区でした。20日には浅舞地区、21日には醍醐地区の予定です。

 平鹿地域で今年度米寿を迎える方々は、119名だそうです。 ちょっと前までは米寿のお祝いは珍しく、鳩杖や金杯を贈呈していたように記憶しておりますが、今ではごく普通になりました。本当に幸せなことです。
 今日ご出席の方々(75歳以上)は、足腰が丈夫で自分のことは自分で出来る幸せな方々です。「健康寿命」という言葉が藤本副市長の挨拶のなかにありました。「健康」を保って長生きをしてもらいたいです。 
 高齢化社会の良きモデルとなるような横手市の取り組みを進めて行かなければなりません。 「医療と介護」の問題は、推進する国と実際の現場では大きな乖離があります。現場の声を横手市は問題視して、行き場のないお年寄りを作らないように、先進的な政策を進めなければならないと思います。
 横手市が国に先駆けた見本になれれば!と思います。  

 明日は9月定例会最終日の本会議です。 決算議会とも言われる9月定例会、25年度を総括した議論が当局側と深まったことです。これを踏まえて来年度の政策がより良くなることを期待しております。真っ新の高橋大市長の人事、予算、政策は来年度です。来年度が正念場だ! そのためにも職員の皆さん方に発破を掛けて、今をさらに充実させて頂きたいと思います。








by masahirogenki | 2014-09-18 20:16 | 活動報告
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line