醍醐小学校学習発表会~創立140周年~

e0317698_20263771.jpg


e0317698_1914951.jpg
1年生のあいさつ

e0317698_19145968.jpg
5年生のパフォーマンス 一輪車も見事でした。

e0317698_19154740.jpg
2年生のスイミー たくさんの方々が来場しました。

e0317698_19191373.jpg
3年生のよさこい

e0317698_1920445.jpg
音楽部の演奏

 今日(9月13日)は醍醐小学校の学習発表会でした。醍醐小学校も創立140周年を迎えるそうです。これまで1万2千人を超える卒業生を出したとのことで、私もその中の一人です。
 今日は天気が良く、体育館いっぱいにご家族、地域の方々がたくさんご来場してくれました。どの学年の子供たちも発表が素晴らしく、本当に子どもたちは地域の宝だと感じました。

 この子供たちがこの地域を繋いでいってくれるように我々は今を頑張らなければなりません。 

 今日発表となった米の概算金「1俵8500円」は、下落を予想していても、やはりショックでした。 現実の経費からは、とても利益が出てくる価格ではありません。 自由に米を作って自由に売る。 市場原理主義を取り入れる。
 何も分かっていない(目に見える範囲でしか物事を見れない、判断できない)お金を食って激太っている経団連、財界からのごり押しに屈した農政にしか映りません。この先をどう見ているのでしょう。 米以外の作物の導入は今までも取り組んできて、ほとんどその場限りでした。何も先を示さないまま、メタボ経団連、財界主導の市場原理主義で農家を切り捨てる。 古い体質の中でぬくぬくしていた農協中央会はその必要性を外部から問われている。(当たり前だ。)
 「なぜ最後の責任をいつも農家が全て取らなければならないのか!」
 「日本人のための、日本国の政治をして頂きたい!」




by masahirogenki | 2014-09-13 19:54 | 活動報告
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line