野中受検組合講習会・懇親会~猛暑お見舞い申し上げます~

e0317698_16555789.jpg


e0317698_16561842.jpg



 猛暑お見舞い申し上げます。 暑過ぎますね。 暑さが痛いです。 皆さん、無理はせずに、あきらめる時はあきらめて自然と仲良くしましょう。  熱中症に気をつけてお過ごし下さい。 盆過ぎまでです。多分、、、

 昨日(8月3日)は私の集落(醍醐野中)の受検組合の講習会・懇親会を大森町のさくら荘で行いました。さくら荘はもとより、周辺施設は夏休みと日曜日が重なった日にちであったこともあり、相変わらずの賑わいでした。あの猛暑の中、私たちは先ずは温泉に入り、エアコンの効いた部屋でじっくりと講習を受けて、その後親睦を深めました。 すみません。 最高でした。

 受検組合とは、農協に米を出荷する際に検査を受けますが、その際に「刺米」といって米袋(今は30、5キロ紙袋)に独特の道具でサンプルを取ります。一袋からはわずかなサンプル量ですが、受検組合という組織では、かなりの量になります。これを農協が「刺米代金」として組合の通帳に振り込みます。最近は米の値段が安くなったために、振り込まれる金額もわずかになり、今回は10年以上前に開催して以来の久しぶりのことでした。

 農作業の受委託が進み、メンバーも10年前の半分ほどになっています。それでもみなさん真剣に農協の技術指導員の話を聞いて、今後の稲作りのポイントをしっかりとらえたようでした。

 昨日(8月3日)が出穂期となったようで、例年より早まり、カメ虫防除の適期はその10日後、お盆辺りからのようです。私は毎年無人ヘリの防除担当が13日、14日ですが、まさに今年は適期のど真ん中の担当になりました。気合を入れて頑張ります! カメ虫は昨年の10倍の発生見込みとのこと、本田に雑草がある時は出穂25日後、なので、28日頃に2回目の防除が必要とのことでした。

 
 昨年平鹿町管内でのカメ虫被害等による落等(格落ち)の経済的損失(コメの値段が下がったこと)は、
2055万だそうです。(横手市管内では、大変な損失額となります。) 皆さん、頑張って一等米を作りましょう!! これからも消費者に求められる米を作りましょう!!

 その後の懇親会のビールの美味さといったら、、、もう、、、 最高でした。  ハ~~~ ええんしな。また頑張ろう!!です。


by masahirogenki | 2014-08-04 17:32 | 活動報告
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line