第20回平鹿バスケットボール交流会~水路工事~

e0317698_810035.jpg
 伊藤勇一横手市平鹿バスケットボール協会会長あいさつ

e0317698_8102946.jpg
 佐藤良明平鹿中学校バスケットボール女子監督

e0317698_8105130.jpg
 懇親会の様子

e0317698_8181349.jpg
 組み合わせ

 昨日は、表題の懇親会に、シュートクラブの一員として参加してきました。 平成高校の全県総体優勝を願い応援にかけつけるために新しいポロシャツを作ったということで、私は早速このなかなかかっこいいポロシャツを着て参加いたしました。

 この大会がもう20回目ということで、たくさんの方々のご協力で続けられてきたことは、地域の財産であると思います。  遠くからこの大会に参加して子供たちに良い経験をさせてあげたいという親の共通の願いが(お互いにあることで、)勝ち負けにこだわりつつも懇親会を大いに盛り上げさせるのだと思います。

 また、平鹿中が強いこと、大会のレベルが高いこと、おじさん達の変わらぬバスケットボールを応援する気持ちも多くのチームを集めるのだと思います。ミニバスから始まっている交流会なので、監督、コーチは皆さん顔なじみのようで情報交換が盛んでした。 今後も回を重ねて頂きたいと思います。

 「スポーツ立市」を宣言している横手市、スポーツからのまちづくりをどんどん進めて頂きたいですね。


e0317698_8111077.jpg
 力を出し合っての水路工事

e0317698_8112686.jpg
 完成した水路




 集落の排水路に側溝が入っていないために悪臭が漂い、なんとかしようと両隣3件で協力しあって、自分たちで側溝をいれる工事をしました。 側溝は中古品を譲り受け、重機をリースして、なんとか完成しました。

 だんだんコツがつかめてきて、水平器の使い方もさまになってきたんじゃないのかなと自画自賛してました。

 建設業の人たちの仕事の大変さ、技術力の凄さを、自分が実践してみて初めて知りました。

 「自分たちでできることは自分たちでする。自分たちで住みやすくする。お互いに協力し、汗や知恵を出す。」

 良い経験をしました。「俺もやればできるんだ。」です。今晩は「できあがり」の飲み会です。 きっと盛り上がることでしょう。


by masahirogenki | 2014-06-08 09:17 | 思うこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line