東北都市監査委員会定期総会・研修会~弘前~

 
e0317698_2144415.jpg
総会の様子

 
e0317698_2151562.jpg
会場での物産販売コーナー
 
e0317698_2153620.jpg
会場で振る舞われた葉とらずりんごジュース

 
e0317698_2165094.jpg
休憩時のアップルパイ
 
 
e0317698_2171243.jpg
講師紹介その1

 
e0317698_2173324.jpg
講師紹介その2

  昨日(29日)から今日(30日)まで、弘前市で行われた表題の会議に出席してきました。東北各地から200名を超える監査委員、および事務局職員が参加しての会でした。

 弘前市長、議長も来賓でみえられ、「桜とリンゴのまち弘前へようこそ。たっぷりと弘前を堪能して頂きまして、弘前へお金を落としていって下さい。」と弘前の営業本部長のような素晴らしいあいさつがありました。

 総会は全議案可決となり、その後は研修会となりました。 来年は秋田県の由利本荘市で開催されることが決定しました。
 樹木医の小林勝氏から、弘前公園の桜の管理に関する講演がありました。今年は近年では特に素晴らしい花が咲き、230万人の観光客が訪れたとのことでした。今年からは3人の樹木医で「チーム桜守」を結成し、総勢44人の職員が直営で管理を続けるそうです。 氏はNHKのクローズアップ現代とプロフェッショナル仕事の流儀に出演された方で、こうした方のプロの仕事があって初めてあのような見事な花が咲き、毎年ゴールデンウィークの人出で、全国トップ3に必ず入るんだなと思いました。

 今日(30日)は、研修2日目で、弘前観光コンベンション協会の事務局長坂本崇(たかし)氏による楽しい講演がありました。まち歩きガイドで観光客を呼び込もうと頑張っておられましたが、地元で暮らす住民の方々も参加することで元気になる、自らも楽しんでいる、また、街の魅力を再発見できる実践をお話し頂きました。  同じ城下町として、横手市も参考になることが多いのではないのかと思いました。

 次に25年度の東北管内の住民監査請求の状況報告と、一関市においての事例報告がありました。

交流会では、議選の方々のテーブルでした。福島市議からは、普段報道では取りあげないので分からない住民の方々の気持ちを教えて頂きました。 原発事故がもたらした影響は本当に大きいと改めて感じました。
 大船渡市議からは復興が進んで、今年やっと牡蠣が出荷できると元気な声で話をされ、地域のリーダーだなと感じました。 秋に牡蠣を送ってくれるとのことでしたので、私も気合をいれて美味しいあきたこまちを作って送りたいと思います。 
  










 

 

by masahirogenki | 2014-05-30 21:15 | 活動報告
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line