酒場放浪記~湯沢蔵くら~

e0317698_21545683.jpg
 十文字駅

e0317698_21553933.jpg
 くらくら(湯沢)

 今日は、飲み友達と酒場放浪記~湯沢編~をしてきました。

 十文字駅が、写真にあるように、午後6時15分に行ったら、無人駅となっていました。シャッターが下りているところが切符の自販機があるところで、オレンジ色の機械が乗車証明駅発券機です。

 この時間で無人化になっているとは、知らなかったもので、驚きでした。 誰もいない駅舎に、増田の蔵の案内やポスターを貼っていました。  これが現実なんですね。  

 会社の都合で不便を強いられる、、、  公共交通機関でもあるのに、、、  おかしいでしょ?!

 かつての資本主義国家なのに、社会主義が根底にあったのかのような(ゆとりを実感できた、活力あった)世の中を懐かしく思い出しての酒場放浪記でした。 汽車通、十文字駅、醍醐駅、湯沢駅、なぜか北高生、、、 懐かしく思い出しての酒飲みでした。   えがったね~!

 私は、湯沢高校29期生、友人は33期生、今日の文化財のような蔵を改造した飲み屋さん(2階も立派な梁の作りですが、頭をぶつけることはない位の高さがあり、階段も緩やかでした。)の父さん(従業員さんたちはそう呼んでいました)は、22期生でした。

 いい友、いいお店、いい酒、いい肴、いい会話、、、で元気を頂きました。 ありがとうございます。

 あ~あ~あここに友ありしちひゃあ~く、、、

帰りの湯沢駅は無人駅でした。(これは知っていました。)  タクシーや代行はたくさん駅前に止まっていましたが、、、   湯沢駅なのに、、、    おがや〇め過ぎだんしべ? 




by masahirogenki | 2014-05-18 22:27 | 思うこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line