交通安全祈願祭~平鹿町5支部連絡協議会~

 今日は、毎年恒例の平鹿町5支部連絡協議会合同交通安全祈願祭が浅舞八幡神社で行われて、出席してきました。

 毎年今の時期で、ストーブをガンガン燃やしてもらっておりますが、冷凍庫の吹き出し口からと思うような冷気が容赦なく足先、ひざ下を襲い、毎回覚悟をしていますが、よいでないです。冷たさを通り越して痛いです。 しびれてもきます。 

  神様のご加護を役員さんともどもせつに願います。

 今年も大雪で道幅も狭くなっており、くれぐれも慎重に運転していただきたいです。 少しぐらい遅れても事故防止のためには、あきらめも必要です。評価が下がろうとしょうがない、あきらめて我慢しましょう。

 「事故は起こさない!」  普段の倍の時間がかかると、前もって準備するしかありません。

 また、雪よせ、雪下し後は、ひとり言でぼやいて、ぐちって、今日の疲れは忘れて、明日また雪に立ち向かうしかありません。

 もちろん行政などの手助けが必要な方々には、支援をしなければいけないし、体制を整えているはずです。

 皆さん一生懸命なんです。ただ自然が勝り、追いつかない状況です。道路の除排雪に従事されている人たちは自分の家の雪下ろしをできないでいるし、りんご畑などにも行けていません。  その前に休日がありません。過酷な状況です。

 毎日午前2時起きです。ダンプ屋さん達は深夜1時頃まで排雪をしています。

 難儀をおかけいたしております。本当にありがとうございます。

 みんな、雪対策のために、頑張って、そして疲れています。 お互いを思いやってこの大雪をなんとかのりきりましょう!!!

 雪下ろし等は、あったか灯油事業のように対象者の基準を合理的にして、建物倒壊などの災害発生前に、県などと連携して自衛隊の派遣要請を検討すべきではないかと思っています。明日以降今日の気温の緩みで雪がかなり重くなったのではないかと思います。

       今こそ皆さん、お互いを思いやりましょう!


by masahirogenki | 2014-01-18 20:04 | 活動報告
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line