時津風親方歓迎会 力斗激励会・土俵納め会

e0317698_1028589.jpg
挨拶される時津風親方

e0317698_1029483.jpg
子供たちと談笑している時津風親方と力斗

 昨日は、平鹿町の生涯学習センターで、表記の会が開催されました。相撲関係者、平鹿中学校、平成高校の親の会のみなさん方の主催でした。

 元々旧平鹿町は相撲が盛んであって、平鹿中学校には立派な土俵があります。指導者にも恵まれ、常勝チームです。

 平成高校には土俵がないため、練習は平鹿中学校の土俵で、合同に行われているそうです。

 そのため、先輩後輩の仲が大変よく、写真のようにOBの力斗も子供たちと堅苦しくなく、溶け込んでおりました。 会の途中に、仕事を終えたOBたちが顔を出して、どんどん盛り上がっていました。

 稽古になると、一変して、厳しいものになるとのことでしたが、礼儀正しく、あいさつもしっかりしていて、人間形成の場としても、相撲は素晴らしいと感じてきました。

 学童相撲を盛んにして、底辺を拡大したいとの関係者の言葉は、印象強く残りました。

 スポーツ立市を宣言している横手市、時津風部屋の合宿を誘致できれば、相撲好きの市民が楽しめ、子供たちにも様々な影響を与え、交流人口が増え、話題ができるのではないでしょうか。

 昔は誰もが相撲を取って、遊んでいました。  日本の国技、「相撲道」という言葉が関係者からよく出されておりました。

 子供たちの礼儀正しさ、先輩後輩の思いやりを感じる人間関係、鍛えられた筋肉の塊の体、、、

 相撲、この地域で盛んにしていきたいものです。


by masahirogenki | 2013-12-28 11:12 | 活動報告
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line