議会最終日~議決~

 今日は6月定例会の最終日でした。今議会は、自治基本条例、国の押しつけによる職員の給与削減案、そして、議会案である定数条例改正案が大きな問題でした。→議員定数は次回(10月20日投票日)から26人の定数です。
e0317698_202346.jpg
e0317698_2022314.jpg


 上の2枚の写真、私の本会議場でのメモが書き込んであり、汚くてすみません。

 議会がスムーズに、ごく当たり前(起立採決)に進めば、午後3時頃には終わったことと思います。市長はじめ、部局長、参与の方々には、ご迷惑をおかけしたと思っています。

 上の2枚の写真は、議会の会議規則を物語っています。→最初の動議(無記名投票)が出されたため、対抗して次の動議(記名投票)を出しました。

 採決は議員の最終の仕事であり、責任であります。

 そして、この一番の晴れ舞台は、堂々と(当たり前のことですが)、市民の皆さんに公表、情報公開すべきことです。


 
 「起立採決」が最もわかりやすくて(議員の判断が一目瞭然ですからね、)基本的に、この採決の方法しかない、ことです。

 ところが、今回は、「無記名投票の動議」が出されました。「議会のルール」では、この動議が出されると、これが優先される仕組みになっています。

 誰がどんな意志決定をしたのかを明らかにするためには(情報公開)、「記名投票」を求める動議を出して、これを議員に諮る必要があります。

 ほとんどの良識ある議員は賛同してくれて、記名投票による採決となりました。→ほとんどの議員は、当たり前のこととして、最初から起立採決が当然である、と思っていたことです。(常識です。)

 見た目ではわかりませんが、議事録には残りますので、当然公表の対象です。ホームページ、議会だよりで市民の皆さんには明らかになることと思います。たぶんその前に他の議員のブログなどで、分かると思いますが、、、

 「最初から起立採決でやれよな!」です。

by masahirogenki | 2013-06-26 23:26 | 活動報告
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line