恵みの雨~通し水~

 
e0317698_119514.jpg


 昨夜は、やっと雨が降りましたね。恵みの雨です。

 「畑作物に毎日朝、晩の水やりにへとへとだ。」との声があちこちから聞こえてきておりました。
 「わもほしぇねようにな。」と、声をかけていましたが、、、
 昨夜は何度か目が覚めましたが、雨の音が心地良かったです。

 さて、「通し水」、今頃の通し水はまれですよね。私たちの住む場所は上流部なので、水には困らないのでは、と思っている方が多いようですが、最上流の水路、亀田堰は各ゲートから水が出ていくいっぽうで、それで終わり。途中から排水の水が再び入ってくることがないのです。そのため、この亀田堰の下流地域(阿弥陀田、釜ノ川)は、水に難儀している地域です。上流部で水を使ったらこまめにゲートを閉めて、下流域に流してくれるといいのですが、なかなか難しく役員さん方には調整に難儀をおかけしております。
 梅雨入りを願っています。



 
e0317698_11352444.jpg


 やっと我が地域にも待望の「光通信」が入りました。 NTTさん、待ちましたよ! ありがとうございました。(こそっと)青山議員、難儀をおかけしました。

 市では合併直後から、NTTなどの民間の投資が見込めない地域に大容量の光ケーブル設置を公共事業で行いました。その後は公共事業ではなく、NTTにお願いして順次整備してもらうという方針でした。なんとも心もとない答弁の繰り返しで、「いつか?いつか?」と思っておりましたが、やっとです。
  「今でしょ!」がもっと早く流行語になっていればな~、、、

 これで、「普通の環境」が整います。

 「普通の環境を整える、ということ」 人口が少なく民間の投資が見込めないからこそ、公共投資を進めることなのではないかと思います。以前週刊誌に「熊しか走らない高速道路、、、」などと書かれたことがありましたが、「普通の環境を整える」ことが、民間投資を呼び込み、地域の活性化には不可欠と思うのですが。

 もちろん、一昔前の地元国会議員の名前がつくような、○○道路では困りますが、、、

 同時に「1票の格差」だけを論じていては、人口が少ない地域の声は届かなくなる。→公共投資が少なくなる。→「普通の環境の維持が困難になる。」では、もっと困ります。


by masahirogenki | 2013-06-15 12:29 | 思うこと
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line