横手コンベンション協会設立総会

e0317698_20185852.jpg
 
    なかなか来賓席での写真って撮りづらいです。(私も33年生まれ、小心者です。)小野正伸議員と一緒。

 やっと少しは春かなと思うような天気になりましたね。

 今日は午前中田んぼの耕起作業をしてから、「横手コンベンション協会設立総会」に出席してきました。100人(100社)以上の出席があり、今後の市の活性化に寄与していただければ、と思います。
 「コンベンションって?」  いろいろ意味があるようですが、「人が集まる」が最もいいかなです。交流人口を増やす、にぎわい作り、点を線にする、有機的に様々に結合させて、魅力を増す。 顧客の要望、ニーズに応える。ことによって目的は、

     「お金にする。」
   「経済活動」です。


 市で、昨年の500歳?還暦?(記憶があやふやです。)野球の全国大会の開催での直接的な(宿泊(連泊になる)、飲食、タクシーなど)効果は1億2千万と伺いました。これにお土産、観光、の効果があります。

 さらに、もう一度来たい、今度は家族で、友人で、(口コミ)、となると、継続してどんどん拡大します。元々あった資源の見直し、活用を図り、魅力づくり、常にタイムリーな情報収集(顧客ニーズ、社会の空気、雰囲気など)、差別化された提案などが必須となります。

       自分のいい所(環境)は自分では(当たり前過ぎて)気づかない。

       気づきましょう、皆さん!      魅力をぼらまげましょう!!!


 総会後の講演の先生によると、アメリカでは、自動車産業の売り上げよりも、この「コンベンション」関連の売り上げが大きいそうです。日本はこれからで、大きなビジネスチャンスだとのことです。凄いことです。

 ものにするには、

   いかに(中身が)行政から、民間に移行できるかが、これからの試金石となるのでは。(これは他のこともそうかなー)

  もう一つ。 「役職が、名誉職」ではなく、「現場の人材、動ける人」を育て、(その人が)働きやすくなる、仕事が楽しい、というモチベーションを高め続けられる環境づくりをしていく。(これはいろいろな団体、全てですな。)
 
  バランスとタイミングがキーになるのでは、、、


   


  「努力の継続がゆくゆくは市民の関心につながっていくと信じて、、、」  今日の青山豊議員のブログにありました。また酒が進んでしまいます。  


by masahirogenki | 2013-05-09 21:29 | 活動報告
line

専業農家と横手市議会議員をやっている佐藤誠洋です。


by 佐藤誠洋
line